水木しげるが亡くなった時のつげ義春の返事が漫画にとって大切なことなのではないか - Togetter

24コメント 2022-12-04 10:45|Togetter

更新日:12月4日12時17分 ...

ツイッターのコメント(24)

>音楽にはカバーという方法があるけど漫画はそれを読むしかないですもんね
そもそも水木先生が、現代風キャラでアニメリメイクされるの大歓迎してるし。あれを「読み継ぐ」に含めるなら鬼太郎は永遠に読み継がれる漫画でしょう、含めないなら現時点でもオワコン。/
つげさんは水木サンの忙しい時から仕事が減った時まで鬼太郎人気の聚落も見てたから出た発言でしょうね
水木プロ絶頂期が、つげさんにとっても絶頂期で、名作は皆この時代に描かれているし
「コマ割り」が昭和末期~平成期のマンガにおいて重要だったというのは同感だけど、最近では「同人CG」みたいなコマ割りの存在しない商品も出回っていて、読者に「コマ割りリテラシー」を要求しない作品の方が今後むしろ主流になったりせんだろか
これはよくわかるんだよな。
昔からマンガに慣れ親しんで一定数の文庫版を所持している自分ですら、水木しげるも手塚治虫も90年代時点で読みづらさは感じていたからなあ。
ましてや現代の若い読者にとっては。
読み継がれない、どころかすでに若くない世代で鬼太郎が好きな人でも、水木おお先生のコミックを読んだことがない人ってかなり多いんじゃないだろうか?
彼の遺したコンテンツ自体は受け継がれていくとは思うけれども。
「水木しげるの単行本が本屋に並んでるのを見たことがない」みたいなコメントが幾つか見受けられるけれど、コミックスの復刻、文庫、大全集とか出てるので、知らないだけではないかと。
読みつがれるかはともかく忘れられることはない(そもそも水木しげる作品ちゃんと読んだことない気がする初老)
なるほど
ブルハもそうなるのかな

.
わたくし水木しげるの漫画をひとつも読んだことがないし、ゲゲゲの鬼太郎のアニメも一度も見たことがない。わたくしの世代でもガキの頃に水木しげるの話はなかった。
マジマジ
実際俺もいいおっさんだけど水木漫画全部は読んだ事ないし、ギリギリ手塚治虫作品くらいかなぁ
若い世代に読み継がれる以前に、それより上の世代でさえ読み継がれてないし。キン肉マンやドラゴンボールを全巻揃えたとか言ってたような世代の何パーセントが水木のコミックを買ったのか

>
音楽と同じ。
漫画はすぐ古くなるが、丁寧なアニメリメイクで寿命が伸びる。
キャラや物語構造(音楽なら詞と曲)は時代を越える普遍性を持つが、絵柄や演出(サウンドやリズム)は時代の流行そのものだ。

水木しげるが亡くなった時のつげ義春の返事が漫画にとって大切なこと
たとえば原作デビルマンの絵柄は今の若い子には厳しいかもしれないけれど、彼らが浴びるように楽しんでいる日本のアニメ・マンガ・ゲームの大多数がどこかでデビルマンの影響を受けてるようなもんで、鬼太郎もそういう存在だと思いますね
過去は過去でしかないからな。芸術であれ何であれ。それ以上でも以下でもなくらそれをどう捉えるのかは現在の問題。

.
水木しげる氏の同業者が「水木氏の作品が若い人に読みつがれることはない」と発言していたが、水木氏への嫉妬なのだろうかと考えてしまう。

水木しげるが亡くなった時の同業者の返事が漫画にとって大切なことなのではないか - .
TBSラジオのsession22だ。「背景作画時に生原稿を見て感動しましたか」という趣旨の質問に「いや別に」みたいに答えてておもしろかったな。
まあそうよね。作者が死んで半世紀とか100年経てば、いかに当時流行ったとはいえ、一般の読者層がなくなるのは不可避だと思う。私もいま70年代・80年代の漫画読むのちょいきついし。
漫画(劇画)は残る者のサポートもあるが、新進作家の中に生き続けていけばいいのでは。一枚絵の妖怪が大事なのは自分もそこのみで入ったから。絵の技術論の話になったらインタビュー終了>
殆どのコンテンツって時代性と言うかリアルタイム性が強いから、歴史掘りするような本質的なヲタクとか学者以外はリーチすることすら無くなるわな
の作品は読みつがれない。しかし、鬼太郎を始め、彼の生み出したキャラクターは永遠だ。
「水木しげるが亡くなった時のつげ義春の返事が漫画にとって大切なことなのではないか」 をお気に入りにしました。
はだしのゲンは学校図書館に置いてなかったら手に取らなかったと思うので図書館大事
手塚作品も市立図書館にあったから読んだ(家で漫画を集める習慣がなかった)
とにかく接する機会があれば読むと思う
水木しげるや藤子不二雄はアニメ介していつまでも残るだろうけど、手塚治虫はそれが無いので深夜アニメとかで三つ目が通るリメイクして欲しいよ。
.
以上
 
PR
PR