相撲の昇進などに持ち上げられる巨大なタイ、これを手に入れるには裏方の壮絶な戦いがあった - Togetter

54コメント 2022-09-30 02:03|Togetter

更新日:9月29日23時51分 ...

ツイッターのコメント(54)

絵面として当然のように思っていたけど、週末に天然物のデカい鯛を調達するって、大変よね。
そうなると、最終日優勝決定戦までもつれるような状況だったら、複数のタニマチ勢が調達に大汗搔いているのだろうねぇ。
華やかな出来事の後ろでこれだけの動きがある
後で読む。
てかTLが猪木まみれでビックリだ。
みんな好きなんだなぁ。
こんな裏話すごい面白い
---
こんな苦労が…

.
これ、築地魚河岸三代目で見たことあるな。最初大きな鯛を用意出来無かったけど、機転を利かして長崎に飛んで用意するって話。

.
でかい鯛って不味いんだなぁって
お客のお父さんが素人なのに小さいボートで台風の中サバ釣りに行く将太の寿司思い出した
.

興味深いお話でした
このまとめとても面白かった🥰

.
真鯛自体は寿命が比較的長く(30~40年くらい生きるそうだ)、比較的丈夫で長く生きれば生きた分だけ大きくなる魚ではあるが。
毎回毎回アレよく用意してるなぁって思って見てたけど、想像以上に大変だったんだな……
この鯛の入手方法、ずっと気になっていた。やはり10日目あたりの見切り発注だったのか。優勝決定戦は鯛をかけた戦いでもあるのだな→
面白いなぁ。狙って注文しないとならないし天然でしかあの大きさにならないんだ「うちの関取が優勝するぞ! と信じて、10日目あたりから手配をかけているわけです」
部屋じゃなくて後援会が用意するのか。あんまりおいしくないってのは聞いたことある。
面白いお話でした。いろんなところに、いろんな人のプライドやご苦労が。
面白かった
おもしろいお話
タニマチ様様なのね

.
いつぞやの でキッセが言ってたやつや!
あの鯛そんな…そんなに…!
.
確かにこれオスモウでしか見かけんわね!
伝統に対しての意地ってすごいものがある。これから鯛の持ち上げを見て、大変だったんだなぁと思うんだろうな。
読んでたら鯛の刺身食いたくなってきた…
をお気に入りにしました。
面白かった。相撲協会が手配するのでなく、優勝が期待される力士が所属する各部屋で各々手配するらしい。
なるほどー
気合の入った推し活なんやな。
をお気に入りにしました。
お約束のように掲げられるタイにも、それぞれに物語があるんだ……!

「推しの晴れ舞台にめっちゃ凝ったフラスタを用意するオタクじゃん!」って一瞬よぎっちゃった。
めちゃくちゃおもろい。昇進会見でのタイ(真鯛・天然物)の裏側での争奪戦。伊丹十三で映画化してもらいたかったなこれ。
. アレってそんな裏話があったんだ
後援会の人たちの熱量はすごいですよね。
まあ見た目だね
.

こう言う話ほんと面白いよね
これは面白い話だなあ
こういうの昔ならカジュアルなドキュメンタリー番組あたりでやっても良さそうだな。あと、元のツイートをしている方の話の運びがいい。興味深く読めました→
このタイの刺身食べたい(・ω・;)
まずは後援会に入らねばw
をお気に入りにしました。
.
 
へえええー!
相撲の昇進などに持ち上げられる巨大なタイ、これを手
に入れるには裏方の壮絶な戦いがあった

こういうの聴きたいんよ
考えてみたらあの巨大なタイが、ぽんと簡単に入手できるわけないよね。こういう裏方の人たちしか知らない話って面白いなぁ。
80オーバーの真鯛は狙って釣れるものじゃないからな
でかいタイの話面白かった
最後に嘘って書いてなくてよかったw
知らない事が一杯で面白かった
をお気に入りにしました。
自分もたまにお祝い用の鯛釣りに行く事あるのでよくわかる
2.3kgならともかく10kgともなると顔すら見れない…
必要なタイミングで欲しい魚がある事に、市場関係者の方々に感謝よね
こういう裏方話は大変興味深い(・∀・)
あれ見るたびに、美味しく無いのにと思ってた。でも面白い話ですね。
をお気に入りにしました。
すごいな。
普通は気づかない裏方の苦労だな。

.
こういう裏の話面白いなぁ
をお気に入りにしました。
タニマチがいなくなったらどうなるんだろう?


.
以上
 
PR
PR