日本で当たり前に食べられている『サザエ』、実は学者の思い込みや勘違いの連続で、学名すら付けられてない新種だった - Togetter

209コメント 2022-08-13 14:46|Togetter

サザエさんのアイデンティティ・クライシス ...

ツイッターのコメント(209)

この一連のツイート、実にストーリー性があって好きなんだよな
「たまたまテレビで「日本の一番長い日」が放映されていた。映画の中で東條英機と天皇が、サザエの話で大激論」
新種に気づいた経緯、長いけどすごいので読んでほしい。
トゥギャッターに出ててたのが目に入って、読んだら仰け反ったw
経緯としてまとまってるの始めて読んだけれども、本当にドラマティックよね。何が波紋を呼ぶ小石になるか分からんという事も含めて。
これめっちゃ面白かった
たまたま見かけて読んだTogetter面白かった
で、決まった学名が“Turbo sazae fukuda 2017”
昨日のダーウィンが来た!でちょうどこの博士の話が出てきて凄く面白かった
奇跡みたいな理由で未記載だったのを奇跡みたいな理由で気付いた。そして名前はニアミス…というおもしろ話。/
せっかくなら「Fukuda」ではなく「Isono」とかにして欲しかった。
たまーにあるよね、この『めっちゃ身近なのに学術的にちゃんとしてなかった』系の話
めちゃめちゃ面白かった
そういえば「日本のいちばん長い日(2015)」でも昭和天皇と東條がサザエバトルしてたな…と思ったら、まさかのそのシーンが発端だったとは…!!w
「ダーウィンが来た!」で“新種のサザエ”の話が出たけど、「サザエについて調べ直す」前段となる部分が欠落していて萎えた。
NHKでこれ紹介されてる
今ダーウィンが来たでやってる

.
そんなことあるん?www
ええー!おもしろい。
こういうのよく聞くよね。当たり前のものすぎて誰も興味を持たなくてこれまで実は大した研究がされてなかったりずっと誤解されてたって話
おもしろい!
中身もさることながら、調べるに至った経緯、東条と昭和天皇のやり取りから始まるくだりも興味深い。
びっくらたまげた門左衛門!
面白すぎた。。。
もしかしてターボチャージャーのturboってここから来てる?
「日本で当たり前に食べられている『サザエ』、実は学者の思い込みや勘違いの連続で、学名すら付けられてない新種だった」 をお気に入りにしました。
知らなかった!
めちゃくちゃ面白い
ターボ・サザエでもう面白いのに苗字間違えてて草
ふおおおおもろすぎる
新種である点も驚きましたが、新たに付けられた学名もこれまた…!
久しぶりに再読の福田先生のサザエさん物語。
やはり心がワクワクぴょんぴょんするなぁ♪
頭の中には、サザエに連なるヒミツナメクジやドロアワモチの姿が、もぞもぞ浮かんでくる。
先生は、やはり極上のストーリーテラーでいらっしゃる。
まとめられてようやく理解が追いついた
面白いまとめだった(・∀・)トゥルボ
みんなの反応
命名されたのは数年前のことだが、その内事情が胸熱だった。
[togetter]
日本で当たり前に食べられている『サザエ』、実は学者の思い込みや勘違いの連続で、学名すら付けられてない新種だった…
すごく面白い。『新種のサザエが発見された』のかと思ったらかなり違う話。
なんで今頃、と思った見つかった経緯が衝撃
「日本で当たり前に食べられている『サザエ』、実は学者の思い込みや勘違いの連続で、学名すら付けられてない新種だった」 をお気に入りにしました。
なん、だ、と・・・
サザエ、、、お前、、、そんなに長い間、、、
朝からワクワクしながら読んだった
こんなことってあるんやな…🐚
何年か前にも見た覚えがある
なぜそこでフグタに出来ない。
サムネイル😰
面白かった
おもれ〜〜〜
 
PR
PR