最近の小説読者はやたらに「伏線とその回収」を重視する傾向があるが、その「伏線」というのは実は「フラグ」なのではないか?という考察 - Togetter

17コメント 2022-08-05 18:17|Togetter

なるほど… ...

ツイッターのコメント(17)

あら、私もまとめられてる
「〇〇はもしかして××の伏線なのかなあ!」(いやそれ隠されてないふつうにメインのストーリーやで……)っていうことが増えてました。それだとフラグでもないのか。謎文化になってるようなのはそうなのね。
おおむねフラグの日本語訳だと思って使ってたな伏線……今後はフラグって言います>
考察サイトを作る人間の心理みたいなもので「謎を解いた俺すげー」って満足感を得たい読者が多いのかね?
「最近の小説読者はやたらに「伏線とその回収」を重視する傾向があるが、その「伏線」というのは実は「フラグ」なのではないか..」 をお気に入りにしました。
うーむ
でも実際に大ぶろしき広げまくって随所に色々匂わせておいて、回収されない明らかに“伏線”というべきものが存在している小説なんかも存在するしなあ
(ミステリというかサスペンス的なストーリーで)
.

予想を裏切る方が面白いんじゃないかと思うんだけど、時代は変わったのねぇ。
.
違いが分かっても、実際には気付いてないと口にはできないので、その時点で「フラグ」化してる気もする。どっちでもいいが
小説はわからんが進撃の巨人は良く出来てるな~と思いました!
フラグというよりは布石とかフリとかな気が。
「最近の小説読者はやたらに「伏線とその回収」を重視する傾向があるが、その「伏線」というのは実は「フラグ」なのではないか?という考察」 をお気に入りにしました。
ものすごく腑に落ちた…!
「伏線は回収されるから伏線になるんだよ」的な言葉を読んだのはどこでだったっけ。
余計な記述はとてもわざとらしくてそれとバレる。案の定終盤で回収される。
そんな傾向あるのか。映画とかアニメとかなら聞くけど。
「最近の小説読者はやたらに「伏線とその回収」を重視する傾向があるが、その「伏線」というのは実は「フラグ」なのではないか..」 をお気に入りにしました。
伏線と暗喩とフラグをごっちゃにしないでくんろ〜
以上
 
PR
PR