子供が言語でのコミュニケーションが苦手な子と仲が良く、非言語で高度に意思疎通をしていたので観察してみた話 - Togetter

15コメント 2021-11-26 12:17 Togetter

ツイッターのコメント(15)

.
あー言語だけで生きてる人もいるよね…(それも一つの発達障害では味田稲野を思っている
自分は結構こういう、言語に限らないコミュニケーションと、相手の思考の機序(傾向みたいなもの?)がなんとなく理解できる(というより理解しようとする段階を挟む)ので、割とこういうことあるんだけど、どうしたらそういう力がつくのかはまだ俺もよくわかっていない
軽く読み始めたら、ぐいぐい全部読んでしまった。効率・規則という大人の自分勝手な強い言い分で子供を拘束してないか気をつけたい(子供いなry

.
/ 喋れることとコミュニケーションが取れることはイコールではない、という話かな。2号を息子に脳内置換して読まないと内容が全然入ってこない。
無意識の偏見を持ったヤツが教師やってるのがチャンチャラおかしいんだけど。
これは教師じゃなくて狂師ですよ。
.
言葉が出ないだけで分からないわけではないわ。言っても理解できないなんて勝手に決めつけないで、伝えるべき情報は伝えること。
.
先生側にあまりにも理解がなさすぎて怖い
子供に世話を任せっきりなのはどうかと・・・
凄い子だ。

.
.

これ読んだら単純に感動している。子供って凄いよな……
実際やるとなると難しい。
すごい。
「子供が言語でのコミュニケーションが苦手な子と仲が良く、非言語で高度に意思疎通をしていたので観察してみた話」 をお気に入りにしました。
「子供が言語でのコミュニケーションが苦手な子と仲が良く、非言語で高度に意思疎通をしていたので観察してみた話」 をお気に入りにしました。
以上
 
PR
PR