区役所で働いてたとき、「スーツだと親しみにくい」のようなクレームを些細に感じたけど捉え方が変わった話 - Togetter

19コメント 2021-09-15 12:09 Togetter

「ぼくのことどう思いますか」なるほど

ツイッターのコメント(19)

「たくさんの熱意を乗せて、空中分解しそうになりながら、船は進む。」…素敵な表現。好きなこと言って生きていける世界は素晴らしいし子どもたちもそんな世界で過ごして欲しいと思う。
「自分の話を聞いてほしい」人が多すぎる問題、町内会役員とかやってみるとわかるぞ
いろんな見方ができる奥深い連投。自分と違う相手の意見にも「なぜその意見を選択したのか」との背景があり、それも踏まえて許容するのが本当の多様性だと思う。/
スーツ着るかビジネスカジュアルにするかぐらいなら本来は何人たりとも他者に干渉すべきじゃないと思う。相手が役人だろうと銀行員だろうと、他者が勝手に服装を決めて着替えさせられるはずがない。スーツは着たい人が着ればいいような古風なファッション。
「昔のぼくは若くて浅はかだった、間違っていた」みたいなこと言ってるの、役所のクソ仕事に毒されすぎてて笑った
職員の服装に長々クレーム入れるヤツなんか役所のみならず地域住民にとっても負債ですよ、物事を正しく見ろ
-
いい話だ。
これめちゃ良い話ですね。そうやってぶつかるのが大事で、同時に意思決定を行政が抱えないのも大事だと思っています。「こんな対立する意見が出てきたので是非皆さんで話し合いましょう」が出来てくるともっと行政は面白くなると思うんですよねぇ。
なんかつまらんこと言うなくらいにしか思えんな。/
僕なら絶対に愛想笑いしながらスルーしちゃう。大変な仕事ですな。
まぁ自分にできるかというとしんどいんだけど、全体の中庸を捜さなきゃならないからな役所って。
イヤな理由をキチンと言語化してくれるクレームは、
ありがたいね🤔

なんとなく嫌い…は、ただの中傷だが😅
この方の視点すきだなあ~
おもしろい。デザイン批評とかも、だいたいの批評もそうだよね。
なるほどなあ。
Q1BQ5NmejlKpfgl さんの「区役所で働いてたとき、「スーツだと親しみにくい」のようなクレームを些細に感じたけど捉え方が変わった話」 をお気に入りにしました。
実に愚かで馬鹿馬鹿しい
”そうなんだけど、しっかり聞かないといけないんですよ”
具体案にできなきゃ意味がないわけではない
それはそれとして、全部真っ向から受け止めると病む原因になるので受け止めつつ流すスキルも大事
”そして、実にみんな好き勝手なことをいう”から

区役所で働いてたとき…
「区役所で働いてたとき、「スーツだと親しみにくい」のようなクレームを些細に感じたけど捉え方が変わった話」 ベテランがえらかった。何度も言うけどクレームじたいの全否定は間違ってる。どんな難癖のクレームもあっていい。それを受け入れるかどうかが別問題なだけだ。
以上
 
PR
PR