『鬼滅の刃』小さな子供のいる家庭で、大半の親は見せない→園内で大人気なのに「誰も内容は知らない」現象が興味深い - Togetter

38コメント 2020-12-19 12:24 Togetter

まとめました。 更新日:12月19日13時38分

ツイッターのコメント(38)

概念と化しとる!
そういえば鬼滅って大人気なのに、実は中身あまり知らない子が幼稚園~小学校低学年には多いって話が去年togetterに上がってましたね。
実はこれ何にでも当てはまって、たとえばアンパンマンですら実際にテレビを毎週観てる子はそんなにいないんですよね。
大人でも鬼滅未見のまま「全集中!」って言ってる人いるし、キャラクター消費と本編視聴は必ずしもリンクしない。
まさかの口伝wwwwww
があんな末路を辿らず、まだ生きていれば、この一点においては、鬼滅に一人勝ちさせないパワーはあったんだろうけどな……
これ面白いw
どこかの出版社が『鬼滅のえほん』を出したらいいんじゃないかな。(集英社って絵本やってたっけ?)絵本は、妹思いの炭治郎が鬼退治に行くお話。お供は善逸と伊之助でどうでしょう?
興味深い話だけど「生まれる前に終わった戦争の話を見てきたかのように語る年寄り」を、ウンザリするくらい見たから、珍しい現象では無いと思う。
大人でもグロくて不快だと思いながら見た。子供は見るのしんどいよね。つか映画はどの年齢層が観てるん?
ゲーム買えないので、攻略本を買って話題についていく奴おったけどその類いか( ;´・ω・`)
歴史上でも、こういうことありそう。
 
PR
PR