TOP > ネタ・話題 > こんまりのYoutubeの戦略性、サムネからメイクまで、海外向けと日本向けで全然違っていて本当にすごい - Togetter

こんまりのYoutubeの戦略性、サムネからメイクまで、海外向けと日本向けで全然違っていて本当にすごい - Togetter

39コメント 2020-10-21 17:50  Togetter

まとめました。 更新日:10月21日16時22分

ツイッターのコメント(39)

これは制作スタッフが違うんですよね?それとも同じメンバーで全く違うムードに仕立てのか?芯がしっかりしたコンテンツなのでブレはないですね。/
視聴者層に合わせたサムネって大事(たぶん
国によって好みのテイストが違う。
だから海外で流行っているテイストを真似たところで売れるとは限らない。

無駄な背伸びはやるだけ損のクリエイター自己満足。
海外向けのデザインの方がセンスが良くて好きだな。映画ポスターと同じく文化の違いかなぁ。
今日のヒトネタ。

ターゲットに合わせる、という戦略。すごい…
これ見ると、日本の「ユーチューバー」像とかイメージって、日本だけなのかもとおもった
こんまりさん二重人格なのかな
アメリカと日本のYouTuberはこんなにテイストが違うのか!というのがわかりやすい。日本はテロップ多めなのは民放の番組の作り方の影響なのかな?…
これ見ると「日本人はごちゃごちゃしたのが好き」って考えがちだし、そういう面もあるかもだけど、「海外ではそういう売れ方したから」じゃないかなぁ?ちょっとスピリチュアルなイメージ持たれてるんですよね、たしか。日本版のサムネみたいな海外YouTubeだって結構あるし。
さすがやな
コンマリさんのYoutubeがすごくて、日本向けと米国向けでテイストが全然違う。これ見てると米国かぶれして洗練されたD2Cブランドのデザインを求めるのってやっぱり違うんだよなあ、と思う。AllbirdsとかGlossierとかから日本のD2Cブランドが学ぶことなんてほとんどない


私のアプリも何とかしたいけど、USでどう戦略を立てれば良いのか手がかり無いんだよねー。DMくる業者とか怪しいしねぇ、、。
たしかにすごい。

ところで日本のチラシとか映画ポスターもあれですが、日本ってハイコンテキストとか余白が…とかいってても「商売」ってなると急にローコンですよね。。そしてほぼ一緒になる

あといまだに日本だと女性は「かわいさ」の方がウケるんだろうなあ…
おお!こんまりさんがYouTubeを始めていたんですね。モチベーション上げの楽しみが増えた。
こんまりのYouTubeチャンネルが日本と英語圏向けで全然違うの凄い。本当に「ローカライズ」「マーケティング」だ……。しかし日本人相手のサムネイル見てると、楽天のUIとか叩かれようが変わるわけ無いなって……。
すごいな、ちゃんと国の文化に合わせて作ってるんだ。てか日本人が楽天好きな理由がわかった。
日本のサムネは全体的に散らかってるよなー(´д`)
これはすごく勉強になる。
宣教もローカライズ大事。海外の宣教ツールそのまま和訳してドーンするのやめてほしい。
宣教もローカライズ大事だと思います。海外の宣教ツールそのまま和訳してドーンするのやめてほしいな。
スッキリしたUIって求められてないのでは
:どっちにしろ日本人バカにしてるよな。
日本語youtuberってほんとこんなんばっかだよなぁ。。。でもこれが受けるんだろうな。俺は大嫌い。:
日本向けは食傷気味
わ〜……やっぱり売れる人は分析してるんやな。凄い!
これすごいな。ゲーム業界はここまで出来てるかというと。。。
ビジネスだから当然の努力とはいえ、これ無茶大変だろな^ ^;
とことんターゲットを知り、ターゲットにあわせる。
これがマーケティングなんだろうなぁ。
日本人て平均的にセンス悪いんかな…。
おもろ(*´Д`)

「海外向けと日本向けで色が全然違う」
Konmari knows how to localize her contents on YouTube 👏
さすがのローカリゼーション事例!
日本の方はZenの精神を全く感じないサムネイルだな。
徹底しててスゴいな /
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR