TOP > ネタ・話題 > 大阪大学の猿倉信彦教授、任命拒否された6人を学術評価ツール”スコーパス”での数値が低いことを理由に「彼らは学者ではない」と批判するも、スコーパスには日本の人文系論文が入っておらず人文系学者の評価ツールとしては不適格だった - Togetter

大阪大学の猿倉信彦教授、任命拒否された6人を学術評価ツール”スコーパス”での数値が低いことを理由に「彼らは学者ではない」と批判するも、スコーパスには日本の人文系論文が入っておらず人文系学者の評価ツールとしては不適格だった - Togetter

12コメント 2020-10-10 10:25  Togetter

まとめました。 更新日:10月10日11時15分

ツイッターのコメント(12)

人社系の論文は学術「雑誌」ではなく「図書」(単著共著問わず)の形式で発表されることも多い。この場合CiNiiやJstageなど日本語文献を拾うデータベースでも計量的測定は不可能。
自分の物差しだけで世界を計れると思い込んでいる人の存在が明らかとなったことで、逆説的に人文科学の必要性が証明された事案。

大阪大学の猿倉信彦教授、任命拒否された6人を学術評価ツール”スコーパス”での数値が低いことを理由に「彼らは学者ではない」と批判 -
「阪大のお猿さん」って何のことかと思ったら、これか。
(´・ω・`)…大阪大学の教授だったのですね
.@kidAmous さんの「大阪大学の猿倉信彦教授、任命拒否された6人を学術評価ツール”スコーパス”での数値が低いことを理由に「彼らは学者ではな..」 をお気に入りにしました。
@tos
数日前に、日本学術会議で任命されなかった方たちのh-indexが低いって流してた「理系猿」ってアカウント、阪大の教授なのかw学術的な成果をあげるより、匿名で他人の足を引っ張るのに一生懸命とは。
「現代を生きるのに必要度の低い教養である古典を高校生に教えるのは即刻やめるべき」←絵に描いたようなお理工さん。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR