友人「えっ、出版社に推しとかあるの笑」”好きな出版社”という概念は誰もが持ち得るものではないと知った話→皆さんの押し出版情報が続々と - Togetter

48コメント 2020-08-30 20:26 Togetter

まとめました。 更新日:8月30日19時11分

ツイッターのコメント(48)

吉川弘文館と平凡社には、ほぼ無条件の信頼感がある。
ありな書房なし!
まとめられた。
有斐閣という教授とズブズブ出版社:
まさにブランドですわね
たしかに「推し出版社」なる概念は一般的とは言い難いような(笑)。でも、わかる人にはものすごくわかるんですよねえ。
よく新刊で深呼吸する私の好きな出版社は新潮文庫
ふーん。推し出版社ねえ。強いて挙げるなら早川書房ぐらいかな。
河出、筑摩、光文、平凡が個人的四天王。
学生時代は世界思想にだいたい浸かっていた。
面白そうと手に取るとみすゞ書房という時期があったなあ
 
PR
PR