TOP > ネタ・話題 > インドの正式国名「バーラト」の語源が分かった 実はケルト語「ベレティ」と全く同じ意味で、5000年以上前まで遡ると発音まで同じだった - Togetter

インドの正式国名「バーラト」の語源が分かった 実はケルト語「ベレティ」と全く同じ意味で、5000年以上前まで遡ると発音まで同じだった - Togetter

28コメント 2020-08-01 23:29 | Togetterキャッシュ

そっか、インドの正式国名「バーラト」Bhāratは、ヨーロッパのケルト語beretiと同系語になるから、ケルト語がインドヨーロッパ祖語から分岐した年代の紀元前3350年頃(比較言語学の分岐年代)に.....

ツイッターのコメント(28)

これはTLのインドクラスタさん向けかな?ほむほむφ(..)
自称がバーラト。なるほどインドは日本でいうジパング、ジャパンか。
歴史・民族の文脈がわかりやすい
インドの正式国名が別にあるとは知らなかった。
みてる:
そもそも、正式国名バーラトって言うんだ?
とても面白いまとめです(^^)
これは面白い。言語はかなり広範囲にわたって変化しながら共有されてるのが良く分かる =>
「ケルト語がインドヨーロッパ祖語から分岐した年代の紀元前3350年頃(比較言語学の分岐年代)に、黒海の北岸の大草原(ウクライナ)で話されてた言葉が……」
棘もこういうまとめはいいよね。レスバ系、特にフェミと表現の自由系はほんとゴミだけど。
読みながら、胎界主のことを考えていた。(だって、「運ぶ」って言うから……)
おっ印欧語族?と思って開いたら印欧語族だった(嬉)
今更の今更知った。
首都星ハイネセンはバーラト星系
自由惑星同盟のモチーフ、実はインドだったのか。
日本の長期目標に英語名称をNipponに変えるというのがあると思ってますがどうですかね
これは面白い
@togetter_jp
:メモ 興味深く
バーラトの和約が最初に思いついてしまった。
後で読む
そして米欄でまたしても銀英伝ネタが!
インドの正式国名が「バーラト」、てだけで私にとっては充分すぎるびっくり情報でした
.@fushunia さんの「 実はケルト語「ベレティ」と全く同じ意味で、5000年以上前まで遡ると発..」 をお気に入りにしました。
面白い考察。後でまた読む。
やばい、こういう話大好き
他言語の同一起源とかそういうやつ
バラードと聞くとハイネセンと繋がり、インド銀英伝が頭の中で踊り出した。
.@fushunia さんの「 実はケルト語「ベレティ」と全く同じ意味で、5000年以上前まで遡ると発..」 をお気に入りにしました。
面白い。Japanが日本みたいなもんか?大和の方が近いか?
ドラクエ3のバハラタはここからきてんのかね。位置的にもインドだった気がするし。
かっこいい!
学問って色んな切り口からこうやって切り拓かれていくんだなあと面白く読みふけってしまった…
まとめを更新しました。「 実はケルト語「ベレティ」と全く同じ意味で、5000年以上前まで遡ると発音まで同じだった」
以上
 

いま話題のニュース

PR