TOP > ネタ・話題 > 手話を聴者が安易に扱うことは文化の盗用になるのか?→手話が抑圧されてきた歴史背景の解説 - Togetter

手話を聴者が安易に扱うことは文化の盗用になるのか?→手話が抑圧されてきた歴史背景の解説 - Togetter

75コメント 2020-08-01 17:12 | Togetterキャッシュ

ろう者の中にもいろいろな意見があるようです。手話を英語などの言語と同じに捉えると理解できない部分があったので勉強になりました。...

ツイッターのコメント(75)

これを読んでからだと例のツイート意味合いが変わります。

手話にも種類と文化があると。少数者言語かぁ
.@egmvd さんの「手話を聴者が安易に扱うことは文化の盗用?→手話が抑圧されてきた歴史背景の解説と日本手話について」 をお気に入りにしました。
凄く次元の低い感情論にしか思えません。
物理学は抑圧されて地動説が否定されたとか、
江戸時代には技術開発が禁止されてきたなんて言いません。
このまとめと、3ヶ国語を話せるけどどの言語も中途半端だから深い思考ができないと打ち明けてくれた子のツイート見て興味本位で面白いなと。
だとしてもいいじゃんか別にって感想しかない。
聞こえない人のためにある物だから、意図的な改変はNGだというのが前提かなぁとは感じる。
このまとめは興味深い。後でじっくり読もう。
言語はコミュツールだと散々ツイ主を批判した人たちが、相手の真意を汲み取るというコミュの本質をおろそかにしていたという痛烈な皮肉
これすごく興味深かった。最初で「?」ってなっても最後まで読むのがおすすめ。日本手話が話す日本語と文法から違うの全く知らなかったよ。
あしゅさんがまとめられてたのこれか
どういう人がどういう考え方をインプットしないとなぁ
この議論を見て自分なりに語りたくなってもうたのです。
極端な話ではと一見思ったけど、非ネイティブがネイティブに対して「その発音間違ってる」と指摘するみたいな奇妙な事態が歴史的にあったということなんだね。
手話ができない聴覚障害者(人工内耳がなかったら実質ろう者)としては、こういうのを見てもよく分からないとしかいいようがないなあ。
手指日本語と日本手話の違いなんて初めて知った。
文化の盗用云々言う前に
まずはそこなんじゃない?とも思った。
非常に勉強になった。
.@egmvd さんの「手話を聴者が安易に扱うことは文化の盗用?→手話が抑圧されてきた歴史背景の解説と日本手話について」 をお気に入りにしました。
文化の盗用って大げさだなと思って読んだんだけど、日本の手話≠日本語なんだ…知らなかった、、
手話って単に日本語に対応するジェスチャーをつけただけじゃなくて独自の文法とかもあるのか。知らなかった
自分も反省するべき感想を持った
「相手の立場や文化を正しく理解してない状態で思ったことは、相手を理解していない暴論」なのを思い出した
文化の盗用??
ってなってたけど「日本手話」と「手指日本語」があって…という背景から說明されてやっと言わんとすることが分かった感じ
手話は、日本語=話し言葉をろう者に使いやすく翻訳したものではない。
ろう者がろう者のために作った別の言語で、文法も全然違う、と。
正しい手話のルールを覚えてくれじゃなくこういう言い方で健常者を締め出すなら、助けが要る時はどうすんだという気になる
傲慢が過ぎんか
絶対に使いませんスタンス
文化の盗用という言葉が適切でない気が。少数派の文化を多数派が使うと乗っ取りのような事が起きてしまうので、文化の乗っ取りが正しいのでは>
なんか流行ってると思ったら亀井さんが発端か。こういうとき面白いのはtogetterにまとめられているような意見を知れることだ。
まとめを読んでも、「過剰反応」としか思わなかったなぁ。
過去抑圧され、誤解され、否定されているなら、なおの事子供たちに教える事は良しとして、気軽に使えるものとして広めた方が結果、抑圧からの解放に繋がるのでは?

当事者じゃないからこそ言える事もある。
このまとめがすごく分かりやすかった
手話が、喋ってる言語とは体系や文化からして違うことも、劣ってる言語(日本語の真似してる)とされて「ちゃんとした日本語に合わせろよ」みたいに言われてきた歴史も、考えたことなかったな。。
「文化の盗用」って言われてるの見たときは「?」だったけど、なるほど。。
半可通の手に渡り歪められ不利益を被る可能性がある少数文化だがそれを守るために文化盗用という唾棄すべき言葉で表されてもな
何かデジャブ感あると思ったら、着物文化で勃発してる「変な着方するな!」て言ってる人たちを思い出した。
egmvd さんの「手話を聴者が安易に扱うことは文化の盗用?→手話が抑圧されてきた歴史背景の解説と日本手話について」 をお気に入りにしました。
文化盗用(この概念に個人的には懐疑的)というか「ある言語をカタコトで話す話者の方がネイティブより数が多い状況」についての話だった。難しい。
さすがにこれを「文化の盗用」というのは思慮が浅すぎるといわざる得ない。普段から使っているからこそ咄嗟の時に使う事が出来る。
» - 初っ端から頭のおかしいツイートから始まっていてまあどうしようもないですな。
「音」が制限された状態で言葉を覚えるということは聴者とは勝手が違うのか。
手話が抑圧されていた歴史ははじめて知りました。
日本手話って言うのは、文法も語彙も日本語とは違う、全く別の言語らしい。

マジか!
そりゃ安易に手を出して簡単に覚えるもんじゃないわ💦
読んでて何か違和感あったんだけどアレだ、理由の一つは多分対抗案を出してくれてないからだ。
でも、この論法はびっくりかも。からかうわけではなく、言葉の一つとして覚えるのはダメなのか。>>
正直言ってウザイので身内でやってろ、て感じ。意思疎通の手段が言語なんだから他者に歩み寄るつもりが無いなら自分たちでどうにかしろ。
言いたいことはわかるがもはやそれは暗号では?この人たちがすべての代表ヅラしてるのもイラッとする……
議論の発端ツイートには未だハテナな感じだけど、途中で解説してくれた人のがわかりやすかった
思ったより深刻だった
うーんえらい難儀やな。純粋に言語現象として、もともとの人口が少ないところに一気に日本語話者が参入したら言語は混乱せざるを得ないし、だからといって
これは結構真面目に考えなきゃならない問題だと思った…
私も「正しい日本手話」を知りたいな…たぶん私が今まで見かけた手話はそうじゃなかったんだ
読むと手話が無理解にさらされてきた歴史があることはわかりました。
でも、発端のあれが文化盗用であるという主張と同関係するのかは、やっぱりわかりませんでした。
肝心の「抑圧されてきた」の部分の話が少ないな。「聞こえる人の手話の方が優れてる」って抑圧があった、と書かれてる。何にせよ文化の盗用とは関係ないと思うけどね
手話という概念に触れることすら稀な現状を打破する一手にはなると思うけど、難しいところ。
昔流派の違う手話同士で内戦やってたって話を聞いた記憶があるな。ただ、言語はどこまでいってもツールだと思うし独占は肯定でけん。
もっと見る (残り約25件)
 

いま話題のニュース

PR