TOP > ネタ・話題 > 加藤一二三先生が50年前に人間が指す将棋とAIのあり方について語った文章が美しい「人間が生きる意味の本質かも」「"効率"では測れない価値観」 - Togetter

加藤一二三先生が50年前に人間が指す将棋とAIのあり方について語った文章が美しい「人間が生きる意味の本質かも」「"効率"では測れない価値観」 - Togetter

14コメント 2020-06-30 13:56 | Togetterキャッシュ

この時代だからこそ大事にしたいことかも...

ツイッターのコメント(14)

やはり、加藤先生は凄いな~
ひぶみんが人間と機械との関係性で、なかなかイイことを言っている。こういう姿勢が AI 時代を生きる人間には必要かも。
人間は暇だから素晴らしいと言った寄生獣のミギーにも拍手したい
さすがだ。/
加藤一二三先生が50年前に人間が指す将棋とAIのあり方について語った文章が美しい


「月にロケットが到達して、ウサギがいないことを証明してみせても、子供達は童話の世界で遊ぶことをやめないでしょう。

俳人は、澄んだ目で月を眺めて、新しい句を詠むでしょう」

さすが。
… こちらの出典として。
#加藤一二三 先生が50年前に人間が指す将棋とAIのあり方について語った文章が美しい「人間が生きる意味の本質かも」「"効率"では測れない価値観」 -
未来における人間の立ち位置。
月にロケットが到達して~の件が本当に素敵だと思う。
カッコイイ
.@chiikama_06 さんの「加藤一二三先生が50年前に人間が指す将棋とAIのあり方について語った文章が美しい「人間が生きる意味の本質かも」「"効..」 をお気に入りにしました。
以上
 

いま話題のニュース

PR