TOP > ネタ・話題 > 「日本語は変わる」約50年前の駅のお知らせに使われたフレーズが世代によって受け取り方が変わってくる - Togetter

「日本語は変わる」約50年前の駅のお知らせに使われたフレーズが世代によって受け取り方が変わってくる - Togetter

47コメント 登録日時:2020-02-14 20:10 | Togetterキャッシュ

まとめました。 更新日:2月14日17時58分...

ツイッターのコメント(47)

オリエンタル中村 Σ(゚д゚)
「せいぜい」、最近はあまり使わない言い回し、というくらいで違和感はないかな。
-「日本語は変わる」約50年前の駅のお知らせに使われたフレーズが世代によって受け取り方が変わってくる-
35年位前の英語の音声教材で、キツネが豚を追いかける状況があって、キツネ役が「せいぜい頑張って走って見な」って言ってたな
「せいぜい」も慇懃無礼的なニュアンスで多用され悪印象を持つ言葉に変化した、とか。
あ、この言い回し、原作サザエさんで見たかも。なんか変だなと感じた記憶が。そういうことかー。
「貴様」とかもそうだけど、経緯とか丁寧さの入った言葉が嫌味として使われることで、逆のニュアンスに転じてしまうケースは結構あるような気がする |
この「せいぜい」の言葉遣いが30前のパソ通某所でも物議を醸したことを思い出した…
昨日飲み会で、時代が変わるとアクセントも変わるという話をしていたが、言葉の意味も変わり、世代により不快に思う人が現れるというケース。結構これは怖いなあと思う。
「せいぜい(精々)」
現代では最大でもとか皮肉めいた意味合いがあるよね。
「せいぜい頑張ったところで」

「せいぜい頑張って」

って流れではないだろうか。
これは勘違いしていた。反省(´・_・`)>
言葉って面白いね😆
福田首相(当時)が「懸命に」「心から」の意味で使ったら炎上したことで本義を知りました→
◇似たパターンで、貴様もいくないイメージの使われ方になっちゃったよね。
栄一郎ぼったまが多用してたよなw
これで叩かれたの福田総理だっけ。
;
「全然」と同じで、時代、文脈、使う人によって、ニュアンスは変わりますよね…

言葉は生き物
私も「せいぜい」頑張ります!
今度職場やメールで使ってみようかな(笑)
自分の記憶のある範囲(半世紀くらい)では既に「せいぜい」は斜に構えたニュアンスになってたように思う。

>
2の意味もしっくりくる私は昭和世代だからかな。
.@Ma__anal さんの「「日本語は変わる」約50年前の駅のお知らせに使われたフレーズが世代によって受け取り方が変わってくる」 をお気に入りにしました。
イントネーションで区別している感あるけど、字だとそうかな
「全然~ない」が流行りだしたときは、国語の授業で習ったことと違っててすごく違和感があったけど、なんかなれたな。そう言うの、多いんやろな。
【 - Togetter】
「せいぜい」が話題になってますが、バスに乗っているときにおじいちゃん運転手の方が回数カードについてアナウンスして「せいぜいご利用ください」と言っていて、自分の語感になかったので不思議に思ったことがありましたね。
興味深い…。ここで正しい日本語では~みたいなクソ講師が出てくるまでがお決まりだと思ってたけど、最近はあまり見かけないような…
»
これ!!やっぱり文字通りのポジティブな意味もあったんだ。旅先で言われて混乱したことがあるけど、何か失礼をした訳じゃなくてよかった…
おれの世代だと「微妙」がこの過程を辿った例かな( ΦωΦ) 
十歳下の世代だと「ヤバい」がこれとは逆にいい意味が強くなってきている
宮沢賢治作品に出てきた表現だこれ
せいぜい頑張れって小学生のとき使ったら絞首台にかけられたの今でも覚えています
「せいぜいご利用ください」か
知ってた(?)
個人的にはお葬式で故人、遺族に言う「ご愁傷様です」が、遺族向けじゃない用例のせいでお葬式で使いづらい。
正しい日本語を使っていても誤解されることは多々ある。書面にする場合は万人に通じる表現を考慮すべきなのだろうな。
昔は知らんけど今はネガティブなイメージしかないから使うべきではないね
日国「せいぜい」は「1(中略)力の及ぶかぎり。できるだけ。つとめて。一心に努力して」の用例が1872-1927、「2十分多く見積もっても。たかだか。やっと」が1905-50。

『日本語は変わる』約50年前の駅のお知らせに使われたフレーズが世代によって受け取り方が変わってくる」
そりゃ言葉の意味なんて変わるでしょう.@Ma__anal さんの「「日本語は変わる」約50年前の駅のお知らせに使われたフレーズが世代によって受け取り方が変わってくる」 をお気に入りにしました。
ほんと、意味は変わってないのだけど、嫌味で使われるようになったのいつからなんだろ
.@Ma__anal さんの「「日本語は変わる」約50年前の駅のお知らせに使われたフレーズが世代によって受け取り方が変わってくる」 をお気に入りにしました。
オッサンなので、これなにが問題なんだと思ったよ。

【 - Togetter】
これと逆パターンなのが「こだわる」。本来はネガティブな意味だったのよね。
最近は「せいぜい」を肯定的なニュアンスではつかわないのか

逆に、「こだわる」は昔はわるい意味だったけど最近はよいニュアンスのほうが優勢な気がする
(「拘泥する」だとそうでもないけど)
タイトル見て、せいぜいかな、と思ったらせいぜいだった。前はたまに見かけたなぁ。
へぇ、しらんかった
地下鉄4号線 金山ー新瑞間てのが
.@Ma__anal さんの「「日本語は変わる」約50年前の駅のお知らせに使われたフレーズが世代によって受け取り方が変わってくる」 をお気に入りにしました。
私もあまりイメージない用法だったわ。勉強になる~→
今の今まですっかり忘れていたけど私の祖母くらいの年齢の人は「せいぜい頑張りなさい」みたいな言い方したてたなあ!→
以上

記事本文: 「日本語は変わる」約50年前の駅のお知らせに使われたフレーズが世代によって受け取り方が変わってくる - Togetter

いま話題の記事