TOP > ネタ・話題 > 日本における北欧神話のルーツを探る - Togetter

日本における北欧神話のルーツを探る - Togetter

38コメント 2020-02-14 15:31 | Togetterキャッシュ

「ヴァルキリープロファイル」は果たして日本における北欧神話の知名度を引き上げた作品なのか、それとも成立するくらいまで土壌が整っていたのか、推論していきます。...

ツイッターのコメント(38)

前に日本で北欧神話が広まるきっかけの話があったけど、アーサー王伝説はどのあたりからなんだろう
ちょっと出遅れたけど、ようやく思い出したのでメモメモ。
私の初めて、PCゲームのMaster of Monstersだわ。 その後スノリのエッダに手を出したりワーグナーを聴き出したりして厨2病に目覚めるのだが。
単語としてはああ女神様 オーフェンやらで履修済みだったが
北欧神話のストーリー的なのはVPと魔探偵はこうけんしたんじゃないかな?
以前より神の名前等の固有名詞や逸話はちょぼちょぼ耳にしていましたが、がっつり知ったのは「君はノルン」という漫画ですな。すくらっぷ・ブックや星のローカスと同じ作者さんなんですが、お風呂シーンが多いんだコレが(何)
「クリスタル☆ドラゴン」が1981年からじゃった…完結…しておらぬ…
.@utakuochi さんの「日本における北欧神話のルーツを探る」 をお気に入りにしました。
山室静に決まっているのだわ。
小山田いくの「きみはノルン」が出ていない。やり直し(笑)
そういえば魔探偵ロキのほうがヴァルキリープロファイルよりちょっと前だったっけ。ルーツはもっと前なんだろうけど、わたしが北欧神話を知ったのはこの頃だな。
やっぱりサイボーグ009でしょう。アニメ化されてテレビでやってたんだから、一気に認知度を高めたんじゃないか。
いくらなんでもそんな2000年なんて最近の話なわけがない(´・ω・`) /
やはり80年代に☆矢が日本にギリシャ神話を、映画版とアニオリで北欧神話をもたらした影響は大きいよねえ。
VPは無いだろーあれは結構後だと思いつつ自分がなんで履修したか必死に思い返したら小学生時分に普通に北欧神話とか読んでた。 やはりオタク的にはFFなんじゃなかろか。
こういうの見るたびに歳とったな…と。
80年代にはあった気がする。
「クー・フーリン」か「ク・ホリン」と入るルーツが違うのもあったなー。
ワーグナーで履修するのでは???(特殊な家庭)
全てはメガテンに通ずる(信者の妄言)
いやー、ワーグナーなんじゃないのー。ちょっと調べたら慶応のワグネル・ソサエティは創立1901年だよ(早っ)。ワーグナーでプロパガンダしたナチスドイツのWWIIの戦史とか。それモチーフの銀河英雄伝説とか。

@togetter_jp
聖闘士星矢アスガルド編みたくなるまとめ
銀河英雄伝説の名前がコメント欄にしか出てこないのがある意味興味深い
「燃える!お兄さん」でケンイチがムジョルニア・ソーを持ってた事が。
.@utakuochi さんの「日本における北欧神話のルーツを探る」 をお気に入りにしました。
自分にとっては「サイボーグ009」、「きみはノルン」、「ラグナロック・ガイ」「ああっ女神さまっ」辺りかな。
>>>ヴァルキリープロファイルは内容濃かった。それ以前は北欧神話をかじった設定程度の作品が出てたけど下地になってると思う。女神転生は言わずもがなワルキューレの冒険も当時結構人気あったよ。
009のエッダ編世代だなー
要素のみは徐々に出てきてたけどそれそのものな作品はヴァルキリープロファイルから、は納得。私個人ならメガテンからかな。
北欧神話に興味を持って調べまくったのは1990年にBlack SabbathがTYRをリリースしたのがきっかけだったな。
うちのTLの人はみんなこういう話好きでしょ?(偏見)
勉強になる。
ヴァルキリープロファイルってなんぞ?
聖闘士星矢も名前しか知らないし、女神様も名前しか知らないぞ
俺個人的には厨房の時にハマった故小山田いくの一連の作品なんだよなー。
009、聖闘士星矢、ワルキューレの冒険、女神転生説をおす
英雄伝説サーガかな
ヴァルキリープロファイル以前のものとしてやっぱ009エッダ編は強すぎるなとかああっ女神さまとかなーとか思いつつ、FSS出てこなくてびっくりした

も勿論だけど
自分が小学生の頃
母親が『北欧神話』やら『ギルガメッシュ』やらの本を読んでたので
それで嵌まった思い出( ☆∀☆)
日本における北欧神話のルーツを探る(Togetter) 何度も言ってるが個人的なルーツは『北欧神話と伝説』だ。しかしワカモノの人達と話すのに北欧神話ネタを気楽に使えるようになったのは『ああっ女神さま』のお陰だ
「日本における北欧神話のルーツを探る」をトゥギャりました。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR