TOP > ネタ・話題 > 「本当に困ってるところには届きづらい」子ども食堂をやってみたが、想定していた層が全く来なくてやめてしまった話 - Togetter

「本当に困ってるところには届きづらい」子ども食堂をやってみたが、想定していた層が全く来なくてやめてしまった話 - Togetter

32コメント 登録日時:2020-01-29 08:52 | Togetterキャッシュ

まとめました。 更新日:1月29日09時27分...

ツイッターのコメント(32)

情報って本当に届いてほしい人にはなかなか届かないのよね。特に今日の生活に困ってるような人には尚更…
支援を届けたい家庭が子ども食堂に来ない…という事例は全国で。

こども宅食はそんなご家庭にも支援を届けるためスタートし、全国に広まりつつあります
塾に行く前に、気兼ねせず近所の子たちと夕飯食べられるだけでも子どもにとっては居場所として機能してるように思うけど。難しいね。
kurodashinobu11 さんのコメント「「親に飯食わせてもらえないかわいそうな子供」用の施設にしちゃったら当の子供からしたら辛いよなあ、難しいなあ」にいいね!しました。
@Ma__anal すみません、あなたの作ったまとめ   に「続きのツイートが収録されてない」というコメントがきています。編集可能に切り替えてもらえないでしょうか。
なんとなく、身近な話
子ども食堂については私も検討したことあるけど、自助・互助・共助ではなく本来であれば公助でするべきだと思った。/
子ども食堂だけじゃなく、公的補助の類も同じ。申請ベースだから、制度を知らない・勉強してる余裕がない人に届かない。/
叔母が学校のPTA役員をしていた頃、給食費の未払い分で卒業までとうとう徴収できなかった家庭の分を、PTA予算の中から負担していたそうだけど(だから役員には誰が…って分かる)「そういう家庭ほど旅行や外食にしょっちゅう行ってる」って言ってたなぁ…
これ、ウチの中島牧師やプロジェクトの面々に読ませたいな。
「本当に困ってる人に支援が行き届いていない」というお話しはよく聞くのだけど、社会課題への関わり方によって答えは人それぞれで唯一の答えはないと思うんだよね。ただ、ギリギリで踏ん張っている人の後ろを押すような発言に言及することはあるけど。
「貧乏」って「お金がない」ことではない、って気がしてきたぞ…(´д`)
.@Ma__anal さんの「「本当に困ってるところには届きづらい」子ども食堂をやってみたが、想定していた層が全く来なくてやめてしまった話」 をお気に入りにしました。
目的が可愛そうな(と自分が思う)子供だけを救いたいことに対して子ども食堂は合ってない。勝手に線引しているんだよねぇ。
そういう支援が必要な人はその情報にアクセスする手段と、知っていても連れて行く手立てがないしんだろうな
要は、本来想定している人ではなく、単なる客が来て、しかも客のくせに無料で食うから不快というか戸惑っているということなんだろうし、まあわからんでもない。文句を垂れるならPRしろ、と。
マーケティングの違いと寛容の問題?
この辺の問題は地域全体で子育てをするって流れ以外に解決方法はないだろなぁ。
成功してる所はやっぱ互助精神が高い地域な気がするし。
そもそも子ども食堂の目的とはなにかというのを再確認したいなと思った。/
※かわいそう、だけでは解決できない問題なんだなぁ、難しい。
子ども食堂の説明で、

「あそこに行く子は困っている子ども」とレッテルはられるのが怖さに、来れなくなってしまう。誰でも気軽に来て、来るのは普通なんだ、というのを周知してほしい

と云われたことがあります。
困っている子どものため、を全面に出すのは…
まあそうでしょうな。
貧困層を救いたくてやってるなら、子ども食堂は情報弱者へのアプローチとしては受動の極みやろ。まず来ませんわ
これ、近くの片親の子とか不登校の子がくるボランティア団体と繋げたら良いと思う
食堂やってるから来るは間違い
『片親の子、貧困層、不登校気味の子などは来ず、塾の前に食事をしてこいと送り込まれる富裕層の子とか口うるさいけど手伝わない母子とか…』
情報格差か。
手伝わせるとか、条件設けるとかした方がいいのかも。
「 - Togetter」
来て欲しい人にだけこさせるなら、招待制にするしかないかなぁ…。
お金あっても自分が食事を用意しようと考えない親を持つ子どもも残念な環境だと思うので、短期間でも良い食事ができたのでは。
「貧困層だけをターゲットにするのではなく包括的にやれ」と批判されているけれども、包括的にやって貧困層まで行き渡る施策なんてぶっちゃけ現実的ではない。現代社会においては「経済的優位≒情報感度が高い」であり、包括的な仕組みは必ず経済強者にハックされてしまう。
まとめのコメントでも言われてるが、多少タダ乗りされるようなシステムじゃないと困ってる人も救えないと言うのは色んなものでそうなんだろうなあ。
横柄な家庭があったもんだ、と思ってまとめの後半とコメ欄見に行ったら考えさせられた。
Ma__anal さんの「「本当に困ってるところには届きづらい」子ども食堂をやってみたが、想定していた層が全く来なくてやめてしまった話」 をお気に入りにしました。
以上

記事本文: 「本当に困ってるところには届きづらい」子ども食堂をやってみたが、想定していた層が全く来なくてやめてしまった話 - Togetter

いま話題の記事