TOP > ネタ・話題 > 『表紙に著者の顔写真が載っている本には手を出さない』これだけで驚くほどQOLが上がる…という意見に様々な感想「著者が腕組みしてる本も手を出さない」 - Togetter

『表紙に著者の顔写真が載っている本には手を出さない』これだけで驚くほどQOLが上がる…という意見に様々な感想「著者が腕組みしてる本も手を出さない」 - Togetter

79コメント 登録日時:2019-12-15 21:56 | Togetterキャッシュ

確かに表紙に著者の写真が載っている本には手を出した事がない…...

ツイッターのコメント(79)

自分も結果的に著者の顔が出てる本ほとんど買わないな
自分は自己啓発本、過激なタイトル、意外性を煽る本を買わないことにしてるがこういう本ほど顔載せてるしな
『表紙に著者の顔写真が載っている本には手を出さない』これだけで驚くほどQOLが上がる @togetter_jp
表紙デザインを安く済ます≒内容にも金をかけていない可能性。
この中に面白い本たくさんあるのだけれど・・。
まあ、読みもしないで何をって感じですが。)

『表紙に著者の顔写真が載っている本には手を出さない』これだけで驚くほどQOLが上がる…という意見に様々な感想 -
……自己啓発系がジャンルごとこの人に必要ないだけでは……?
ろくろ回しも追加で。
内容の善し悪しではなくて、自分向けの本ではないという判断基準としていい。
.@bbawithggi さんの「『表紙に著者の顔写真が載っている本には手を出さない』これだけで驚くほどQOLが上がる…という意見に様々な感想「著者が..」 をお気に入りにしました。
比較するためにも様々な本を読むのが吉。どう吸収するかは当人次第。
はてなブロガーの書籍には手を出さない。これだけでQOL上がると思うよ。/
誰に向けた本かというあらわれだと思う
文字で勝負しなくちゃなのにビジュアルで勝負してるって時点でおかしいんだよな
AIで生成した存在しない人物の顔写真使わなきゃ。
このネタに全然そうじゃない例(既に文筆で著名な作家の本やファンブックなどなど)を挙げてるの見事に「日本語読めるのに読めない」系の話よね
すげぇよくわかる。パンフ類でも人物入ったカットばかりのは読まないし。
最近読んだ2冊の本にこれは全く当てはまらないな……
主に自己啓発の本がこれに該当するのかしらん
最初に浮かんだのがNorton Utilitiesのノートンさんだったけど、コメントに「腕組みしてるのも信頼するな」と書かれてて笑った。
そういう本って、買ったことないかも
メッセの本は買って読んだ
佐藤優の著書も思い浮かべた。まぁ、顔が出てない本を読めば充分な人ではあるけれど。
わかる・・・以前反射的に買ってしまって大後悔した。
筒井康隆書影にグッときた。 »
「羽生の頭脳」
論破です
コンビニにある啓発本はだいたいこれに該当する。
.@bbawithggi さんの「『表紙に著者の顔写真が載っている本には手を出さない』これだけで驚くほどQOLが上がる…という意見に様々な感想「著者が..」 をお気に入りにしました。
「いかがでしたか」でブログ記事をフィルタリングするのと似たバッドノウハウ、書籍にもあったんだ...
江添本をdisるのはやめろ
これはわかる。中身パラパラして無意味に載っててもやめる
いい気付き
私のKindle半分ぐらい腕組みしたDaiGoなんやけどQOL爆下げでワロタwwwwwwwww
表紙に著者の顔で思い出したが、Jim Blinn's Cornerの日本語版がプレミアついていて困っている。  »
腕組みラーメン新書は言い得て妙w→
顔出し本はターゲットが明確で、その顔にピンとこない場合はnot for meだというだけの話では
たとえば釣りに興味がないひとが釣竿が表紙の本をよんで、「つまんなかった」て思っても「そりゃそうやろ」てなる
わかるわー。
キリスト教界隈で、著者が表紙に出ている本ってあったっけ?
とてもいい話し合いをしてる気がする。
特に意識した事も無いレベルで避けてるらしく、こういう本買ったことない
日本中世史クラスタのみなさーん!
言われてみればいいフィルターかもですね
著者近影とか見つけたら憤死するのかな?w
うーんこれはたしかにそうな気がする。全部がダメではないにせよ、ひとつのシグナルにはなっているんでは。
★いろいろと、わかりみが深い
これによって全滅する作家いるよね。
ホリエモンとかホリエモンとか。
これはまじでわかるw -
小説や芸術系、あと歴史的な書物はその限りではないけどホントコレ
出版社の人的に、こういう話題をどう思ってるのか気になる|
編集者の気持ちもわかるけど読者の気持ちもわかる
ネットの記事でも人の顔は出した方がいろいろ数字いいからね(もちろんケースバイケースだけど)。タイトルが気になるじゃなくて、人が気になるのほうが強いということで。

だからこそ書籍のタイトルは誰もが気になる言葉じゃないとなんでしょうな。
なるほど!
「斜め前からの自撮り写真アイコンはフォローしない」
松下幸之助、本田宗一郎、リー・アイアコッカ、ナイジェル・マンセルなどの読書が無駄だったとは思わんなぁ
コメント欄に
「なぜベストを尽くさないのか」
あって笑ってしまった笑
すげえ~~わかるw どういうわけか帯レベルで顔出ししてても大抵がハズレ(^_^;)
『表紙に著者の顔写真が載っている本には手を出さない』
これだけで驚くほどQOLが上がる…という意見に様々な感想

「著者が腕組みしてる本も手を出さない」


表紙は作品の顔であり、一部で、作品をイメージさせる大事な表現なのに、自分のドヤにその場を使う作品はそうかも
なるほど。「何を売りたいかが透けて見える」ってことか… → 表紙に著者の顔写真が載っている本には手を出さない』これだけで驚くほどQOLが上がる…という意見に様々な感想「著者が腕組みしてる本も手を出さない」 -
なるほど!面白い。
ホーキング...
コレは、あるあるだわ🤔
立ち読みして、閉じるパターンが多かった
江添亮さん...w
無意識のうちに手に取ってないな。あと大衆ウケしそうなタイトルとか「しなさい」タイトルとか。
Matzさんの 言語のしくみ はいい本
まあ人ってのはマーケティングに使いやすいからそもそも数が多い気はする。特に新書だと。つまり悪いものに当たる可能性も高い
医学・健康系の本で「するな」「これだけすればいい」もダメ。そんな単純なら医療はいらん
かなり正しいと思う
.@bbawithggi さんの「『表紙に著者の顔写真が載っている本には手を出さない』これだけで驚くほどQOLが上がる…という意見に様々な感想「著者が..」 をお気に入りにしました。
私の場合、動画でも当てはまるな( ゚д゚)サムネが顔写真入り
なるほど、割と良さそう
そのフィルタだと、あっちの方が残ってしまう。
私流の避けるべき本の条件、
・ベストセラー洋書の翻訳
・著者がジャーナリスト
この2条件を同時に満たす本は、とにかく分厚く、無駄な描写が多い。
相対的に内容が薄くなり、事実上、中身がなくなる。
専門家の書いた本を読むのが良いよ。
わかる。
「新書を表紙で判断してる時点で...」みたいな感覚が正直ある。/
確かにそうですね.@bbawithggi さんの「『表紙に著者の顔写真が載っている本には手を出さない』これだけで驚くほどQOLが上がる…という意見に様々な感想「著者が腕組みしてる本も手を出さない」」 をお気に入りにしました。
表紙に著者の顔写真が載っている同人誌を出している俺、即死
以上

記事本文: 『表紙に著者の顔写真が載っている本には手を出さない』これだけで驚くほどQOLが上がる…という意見に様々な感想「著者が腕組みしてる本も手を出さない」 - Togetter

いま話題の記事