日本のアニメ業界は近未来SFをAKIRA・攻殻機動隊の延長で作らなくなるの?→「あの作品の影響が強い」「電脳コイル・銀魂は?」 - Togetter

40コメント 2019-12-03 03:02 Togetter

シド・ミード半端ないなって

ツイッターのコメント(40)

「探して見るとそうでない未来ものが結構あるけど、そういう特徴の作品以外を近未来SFとして認知できなくなっている」説、割と腑に落ちるかも。
サイバーパンク路線では『ブレードランナー』の、ポストアポカリプス路線では『マッドマックス』の轍を踏んでしまう……。
ガンダムなどと同じで、一定以上の支持層がいるとその世界観は固定概念となる。
そこを軸に延ばしていく、太らせていくのが楽だし、受け入れられやすい。
退廃的な世界観ならスチームパンクもやめて欲しい。
誰か!この方にプロメア見せてあげて!/
ブレードランナーの《呪い》の半端なさよ。

そもそも近未来の定義とは、というのはさておき。取り敢えず設定を未来に置いてはいるが、描きたいのはハードウェア的部分じゃないという作品の場合、未来社会をイメージする「記号」としてブレラン的ビジュアルが引用されるのか。
サイバーパンクでない近未来SFなんてたくさんあるだろう。観測範囲が狭いか、認識出来てないだけ。
電脳コイルというか、まずは脱ディストピアだよなー
.@a_menb0 さんの「日本のアニメ業界は近未来SFをAKIRA・攻殻機動隊の延長で作りがち?」 をお気に入りにしました。
 
PR