TOP > ネタ・話題 > 今回の大学入試制度改革は、一般に言われているような選別や差別を目的としたものではなく「将来」への危機感 - Togetter

今回の大学入試制度改革は、一般に言われているような選別や差別を目的としたものではなく「将来」への危機感 - Togetter

22コメント 登録日時:2019-11-09 14:25 | Togetterキャッシュ

まとめました。 更新日:11月9日11時36分...

Twitterのコメント(22)

なんじゃこりゃ。今回の問題例みれば、あんなもん採点のしやすさ重視の記述式と呼べない質。まともな記述式は大学単位で2次試験なりでやればいい話。→
センター試験を止めて、各大学の(現在の)2次試験のみにして、記述や小論文を入れるに一票。センター試験は壮大な無駄。
教育制度改革について。
文章やデータを正確に扱える能力の必要性。

しかしまぁ、大臣自ら経済格差の影響は是正できないことを告白してしまう政策ではあるが。
ここで縷縷述べていることは理解するが、それで大学入試を変えなければならない理由がわからない。
変えることに慣れていくべきなのはある。変えることには賛成だが、基準が担保出来ない自由筆記とかはどうよ?
色々疑問だったところが書かれてて納得した
AI時代にやっていける人材の育成、、
皆さんには、こういった非論理的な文章に惑わされないようにしましょう。
AIと人の差別化に考える力が必要だというけれ考えるにはゴリゴリのインプットが必要だしセンターがどれだけよくできたテストだったか知ってほし
>では、現在の大学入試制度で、「考える」能力が養えますか?
NOです。圧倒的なNO。
だとしたら完全に振る方向間違えてるんだよなあ
打席にも立たず審判に向かってフルスイングしてる
.@mou_tamn さんの「今回の大学入試制度改革は、一般に言われているような選別や差別を目的としたものではなく「将来」への危機感」 をお気に入りにしました。
大学は「入ってから」学ぶための機関なので、入試は最低限の学力判定でいいと思います。よって新しい民間試験など必要ない派 >
センター試験じゃなくてハンター試験でとやるつもりなんか。あとお母さんにだけ呼びかけてんのなんでだこの人。
これはねー、危機感は正しいけれど、論理は正しくないんだよ
AIがいる未来に向けて、という考え方。
こういうのを読むと、多少コストがかかってもいいから子供の将来のために入試改革はすべきだわなぁ、と感じる
その言い分だと将来への危機があるから差別も許される、と言ってるのと同じだぞ。そちらのほうが何も考えてないじゃないか
そこからスタートしてるのはみんな分かってて、でもその手法では選別や差別になっていて良くないねという結論だから、話として一周遅れてる。
今回の大学入試制度改革は、一般に言われているような選別や差別を目的としたものではなく「将来」
入試制度をちょっと変えたくらいで何も変わらないと思うけど、どんな期待をしてるんだろうか。過去問対策が有効な学力試験である限り、あれこれ言っても意味はないように思う
試験の役割と、試験後の教育の役割をごっちゃにしてる。センター試験ぐらいがクリアできないと読解力、分析力、記述力も育たないよ。

@togetter_jp
一見とてもまともそうに見えて、全く現場を知らないであろう人の言うことだなあと思うよ。ボクも教育関係に10年いるけど。
「目的としていなくても差別構図があるならば否定される」って話に、差別を目的としていませんって言っても反論にはなっていない
止まったら負け
以上

記事本文: 今回の大学入試制度改革は、一般に言われているような選別や差別を目的としたものではなく「将来」への危機感 - Togetter

関連記事