TOP > ネタ・話題 > 「答えが1995にまつわる数字になったら不正解」1995年の中学入試で出題された算数の計算問題が数学科の学生をも唸らせる出来だった - Togetter

「答えが1995にまつわる数字になったら不正解」1995年の中学入試で出題された算数の計算問題が数学科の学生をも唸らせる出来だった - Togetter

13コメント 登録日時:2019-10-21 20:49 | Togetterキャッシュ

まとめました。 更新日:10月21日18時49分...

Twitterのコメント(13)

さすがに19の倍数はさっと出てこんな
中受算数で約分は基本のきだから、この試験を受ける子の大半は解ける(解ける子しか受けない)のでは?と思いました。
今なら暗算でやれんこともないけど当時なら計算用紙と時間を浪費するやろなぁ
やられた
やられた!
これは良問だわ…
途中計算に伏線いれるなんて
分数の掛け算のルールすら忘れていた事に衝撃を受けた。
おかしいな。算数で90点以下とった事無かったのにな。
最後で23/95と19/95で足し算するから19/95の方が良いのでは<まじこれ。不正解にする基準の頭を疑う / “ - Togetter”
焦って解いたら間違えるやつや…
.@Ma__anal さんの「「答えが1995にまつわる数字になったら不正解」1995年の中学入試で出題された算数の計算問題が数学科の学生をも唸ら..」 をお気に入りにしました。
まんまと引っかかりました。
おれも、19/95 で安心してしまった…
以上

記事本文: 「答えが1995にまつわる数字になったら不正解」1995年の中学入試で出題された算数の計算問題が数学科の学生をも唸らせる出来だった - Togetter

関連記事