TOP > ネタ・話題 > 機械の立体図をフリーハンドでとんでもなく上手に描く人が製図のテクニックを解説「恐ろしいレベル」「弊社に欲しい」 - Togetter

機械の立体図をフリーハンドでとんでもなく上手に描く人が製図のテクニックを解説「恐ろしいレベル」「弊社に欲しい」 - Togetter

146コメント 2019-10-17 21:23 | Togetterキャッシュ

スレッド読んだだけで上手くなりそう…...

ツイッターのコメント(146)

私に必要なのはこれかもしれない
羨ましいです。
.@KRG03845 さんの「機械の立体図をフリーハンドでとんでもなく上手に描く人が製図のテクニックを解説「恐ろしいレベル」「弊社に欲しい」」 をお気に入りにしました。
うおー解説きてたのか
パースの取れた絵を描くまでの解説・練習手順がものすごく丁寧に説明されてる…
金取れるレベルのセミナーだぞコレ
これはいい解説講座
この視点が無いとデッサンもクロッキーも上達し難いんだよな
KRG03845 さんの「機械の立体図をフリーハンドでとんでもなく上手に描く人が製図のテクニックを解説「恐ろしいレベル」「弊社に欲しい」」 をお気に入りにしました。
なんか結局よくわからないけどすごいのだけはわかった。
尊敬する!!
えっすごい立体図自体の上手さもあるけどご本人の解説がわかりやすい
Reading:
背景描けない私のためのtogetterでは??
すごい…たまらない、ずっと見ていたい…キュンキュンする…
参考はこれ

面白いからみんなやってみてほしい…
ただただ凄い /学生時代に製図の授業で挫折したけど、手書きの製図だけじゃなくて3D CADは興味ある。主婦から仕事復帰する場合に需要なさそうなんだよね… / “機械の立体図をフリーハンドでとんでもなく上手に描く人が製図のテクニックを解説「恐ろしいレベル」「弊社に欲…”
@bampei_kun 図面の書き方で凄く良い説明があったよー。
コレ、掲載されている図を実際に一通り描いてみたら相当な練習になると思う。
そういや最近あんまり現場行かないからスケッチもやる機会減ったなあ。まあたいていの場合書くのは3面図ですが|
宮崎駿氏もフリーハンドだったような・・・
平行視点でモノかくの、Blender民できそう
えっ
アイソメ習ってたらこの手のスケッチさらっと描くの基本だべさ?
二次元図面を脳内でうまく立体にできなくなって悩んだらとりあえず透視図
@togetter_jp
ドリルの立体図が描けるのが地味にすごいな…。|
「歩く三次元CAD」のパワーワード感
これ勉強になります、すごすぎ
ちなみにさっきてきとうに練習するにあたって参考にしたのはこちらです。そもそも資格試験とかあるガチの技術らしいから、ここからふんわりアタリだけ学ぶつもり……
//自分は何となくで描いちゃう図の描き方がロジカルに解説されててすごい。
懐かしいなあ。苦手だったけど_:(´ཀ`」 ∠):
すご 👉
脳内で図を完成させてから書いてるって感じがするのがすごい
トゥゲッターでもまとめ
自分も書ける(機械製作趣味だから出来ないとまずい)けど、この説明の仕方は上手いなと思う。
わかりやすい。だがわからん。
漫画(絵)を描く人にはおなじみな、構造の理解からの描画法。説明がうまい!
こうやって説明されると理論はわかるが、実際にできるかというと…いやはや、すごいモンだ。
芸専でやり方習ったけど、わけわからんくて身に付かなかったな。すげえな
.@KRG03845 さんの「機械の立体図をフリーハンドでとんでもなく上手に描く人が製図のテクニックを解説「恐ろしいレベル」「弊社に欲しい」」 をお気に入りにしました。
うますぎて意味わかんない……すごすぎ……
加工組立寄りの機械屋さんなら普通のことだと思うんだが、描けない人っているからなぁ…
歩く三次元CADすごい…解説もすごい…
製図界のタスクマスター
.@KRG03845 さんの「機械の立体図をフリーハンドでとんでもなく上手に描く人が製図のテクニックを解説「恐ろしいレベル」「弊社に欲しい」」 をお気に入りにしました。
こういうのテクニカルイラストレーションって言うらしい。資格もある/
こう言う能力、大事!→
togetter_jpより
illustratorにものすごく助けてもらってすら わかりやすい立体図が描けない身としては感心するしかない…
これがデッサン力(但しモチーフは目の前にない)。
歩く3DCAD感動してしまった、説明も実にロジカルでわかりやすい〜
この微妙な歪みの方向は、左利きだ!!(当たった) / “ - Togetter”
これ、昔花子ちゃんで描いてた簡略図の描き方思い出した……
すごいー!!!\(^o^)/
見てて気持ちいい!!!
もっと見る (残り約96件)
 

いま話題のニュース

PR