TOP > ネタ・話題 > 宇崎ちゃん献血ポスターは環境型セクハラに該当せず。吉峯耕平弁護士の解説。 - Togetter

宇崎ちゃん献血ポスターは環境型セクハラに該当せず。吉峯耕平弁護士の解説。 - Togetter

34コメント 2019-10-16 11:33  Togetter

太田啓子弁護士の、宇崎ちゃん献血PRポスターは環境型セクハラという批判は、法律の定義から見ると間違いだそうです。

ツイッターのコメント(34)

このヒトの主張に対する同業者の見解の一例。
@hiroko_TB >いわゆる環境型セクハラ

「宇崎ちゃん」の献血ポスターについて,弁護士による「環境型セクハラになり得ない」旨の解説がありますね。
貴女の法解釈がそもそも間違っているのではありませんか。
@Kottiminna37 そもそも『環境型セクハラ』という言葉の定義を捻じ曲げて使っている と指摘されてる件
@lizmom0325 いいから太田弁護士に聞いてみな。あんたの素人考えなんか何の参考にもならない。
献血ポスターが環境型セクハラじゃないじゃんというのは弁護士の方がしっかりとまとめてた。環境型セクハラと認定するには、要件として以下の二つが必要とのことで納得。

・なんらかの支障が生じている
・環境に拘束されている
確かにいわゆるピンクチラシの捕まる罪状は勝手にばらまいたから、もしくは中身に違法性があるからで捕まるわけだし、官能映画の看板が違法とは聞いたことがないから法律は関係ないと思う。
やっぱ用法間違ってたのか。
どう考えても環境型セクハラって言葉に違和感があった。
安定のまとめ主だな😑
弁護士吉峯って感じ悪い山弁と同類だろ。
@chat_le_fou @LazyWorkz 権力関係とかは抽象度が高すぎると思うので、今回吉峯弁護士の連投での「被害者が環境に拘束されているというのが、大きな考慮要素になる」という言い方がすっきりしてるなと思いました。
@hidden_czar @makotodeth @nuxunu 確かによく考えたら秋葉限定のポスター発注とか効率悪過ぎますね。

あと、別の弁護士さんの解説ツイートありました。
まあ仕方ないな程度のもので、率先して貼りたいポスターかというとそうではない気もするけれど、個人の感想です。 / “ - Togetter”
環境型セクハラについて、分かりやすい解説 / “ - Togetter”
イチャモン付けてくるおフェミが環境型パワハラに噴いたwww
そもそもあの紅い弁護士は「環境型セクシュアルハラスメント」を知らない方々に、自分の拡大解釈を押し付けたにすぎないわけだ。
@naka___35 一応、環境型セクハラではないらしいですよ。てか献血行ってから意見してはどうでしょう?
血をくれた人の意見なら聞いてくれるんじゃないですかね。
表現の不自由展にこのポスターも加えてはどうだろう。
あったあった、説明してるまとめ
分かりやすかった
献血行きたい
あー。最初何を言っているのかわからなかったが、キャラの台詞が「献血しない人を弱虫扱いにしている!!」って感じる人もいるって事だったのか。何言ってんの? >
あの献血ポスター見てまず思ったのは、巨乳がどうのセクハラがどうのではなく『肌色の八重歯?がなんかキモイなー』だった。もっと可愛いイラスト無かったのかねぇ?
もっとも私、病気持ちだから献血できないんで文句つける資格ないんですスミマセン。
ここら辺ちゃんと弁護士のツイートまとまってたわ
きちんとカウンターが飛ぶのは、自浄作用とも言える。
ただしこれは職場におけるセクハラについての記述であることに注意。
なんか別の弁護士がその点を突いて環境型セクハラではないと主張してるっぽいので、ここは「該当しない」が正解だろうな。
ちゃんとした弁護士があの絵はセクハラでは無いと主張してくれてる
太田啓子弁護士みたいな人が弁護士してる事実が怖い
「環境型セクハラ」とか定義のあるものを持ち出さずに、直球で「私が嫌」と言えばいいのに。
アンチおっぱい星人なだけか〜
どうせこんなちゃんと定義しても今度は「日本はセクハラの敷居が緩い。セクハラの定義を変えろ」とか言って来るよ
舌の根もかわかねーうちにてめーらは表現の自由を侵害しだすんだな
本当クソだわ
自分達で法律作って自分達で弁護に当たろうとするんじゃないのかな?
.@tk_takamura さんの「宇崎ちゃん献血ポスターは環境型セクハラに該当せず。吉峯耕平弁護士の解説。」 をお気に入りにしました。
tk_takamura さんの「宇崎ちゃん献血ポスターは環境型セクハラに該当せず。吉峯耕平弁護士の解説。」 をお気に入りにしました。
当たり前じゃねえか
「宇崎ちゃん献血ポスターは環境型セクハラに該当せず。吉峯耕平弁護士の解説。」をトゥギャりました。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR