TOP > ネタ・話題 > 親日のポーランド,日本語専攻の若者ですら "日本企業には就職したくない" 「日本人だけど日本企業は…」「トップ層は考えたほうが良くないか?」 - Togetter

親日のポーランド,日本語専攻の若者ですら "日本企業には就職したくない" 「日本人だけど日本企業は…」「トップ層は考えたほうが良くないか?」 - Togetter

28コメント 登録日時:2019-07-03 07:10 | Togetterキャッシュ

まとめました。 更新日:7月2日21時12分...

Twitterのコメント(28)

@sakuya_sil @YuzukiMuroi そのとおり。日本のドケチ企業が海外に逃げたところで、これまで日本国民に対してやってきたセコいやり方は通用しない。
日本企業の労働環境の劣悪さはすでに海外でも知れ渡っており、海外進出したところで働きたがる人はいないでしょう。
もう遅いんだよなあ
うん、それが正解だと思う…
令和おじさんが「そういったことは全く当たらない」って言えばチョロくも解決。したことになるシステム。 /
そりゃ消費者側で快適なら提供する側はキツいでしょ。いいとこ取りしたいって言ってるだけじゃないの? /
外資でも「日本人は無茶苦茶な条件で働かせてもストライキも労働争議も起こさず労基も放ったらかし」と知った所は嬉々として搾取に来る / 「日本人だけど日本企業は…」「トップ層は考えたほうが…”
クールジャパンとか言っていた自民党や経団連の皆さん、見てるー? 今の日本の企業への見方はこの通りですよ。まあコンプライアンス(法令遵守)を謳いながら労基法違反当たり前の日本企業ですから。 / "日本企業には就職したく…”
申し訳ねえけど日本人でも日本企業の9割5分には就職したくないです。
良いんじゃないかな。どんどん水素水を公なおもてなしで飲んでいただいて、過労で意識障害を起こさせて、鎖国してまたキモノで暮らせばいいんじゃないかな。しらんけど。 / 「日本人だけど日本企…”
日本では「分かってた」だけで改善が進むかというと、見せかけだけか、あるいは、あまりにも遅すぎるか、だけだ。
外資をもっと東京に誘致すればいいんじゃないか。日本好きの優秀な外国人が日本に住みながら働ける環境が増えてとても良いと思う。
日本人にとっても、就職先の選択肢が増えるし。
1年試しに中国で働いてみるか、から7年。もはや日本に戻る気も失せ中国生活も8年目に突入。たまの日本出張はとにかく憂鬱。 / 「日本人だけど日本企業は…」「トップ層は考えたほうが良くないか?…”
日本語堪能ポーランドさん「日本で就職したいのですが日本企業ではなく外資系に就職したい」…ジャップワイもそれがええと思うで。 / 「日本人だけど日本企業は…」「トップ層は考えたほうが良く…”
賢明な判断だな、と思う。今の会社はいいけど離脱はしたい。そもそも働きたくない
これって、例えばなんだけど
日本にある外資系企業って働きかたどんな感じなんだろう?
外資の方が良い。
香港で日本企業に勤めてる人が、先日のデモでも日本企業は休みにしないからって辞表出したみたいです。 /
辛いなぁ…って思ったけど、よく考えたら、「その国の語学を専攻」=「その国の企業に就職したい」って前提がおかしくない?じゃあ日本の大学で中国語を専攻する生徒はみんな中国企業に就職したいのかと。 / "日本企業には就職…”
長時間労働で一人当たりの仕事量が異常に多く、外国より給料も安い上に働き方改革で残業代もなくなり、終身雇用もなくなって45歳でリストラされる上に海外との競争で負け続ける日本企業に日本人だって就職したくない / "日本企…”
もっと世界的に日本企業の労働環境は劣悪ということを広めていかないとね。 /
日本は上級国民と奴隷の国だから奴隷にはなりたくないよな。でも奴隷達が声もあげずに粛々と安倍自民党に投票している所を見れば日本人は搾取される事が大好きなのだろう。M気質の日本人は何考えてるのかよく分から / "日本企業…”
日本で生活はするけど、日本的な仕事の仕方は嫌だというのは、フリーライダーなのではないか?日本の快適な生活環境はブラックな仕事に支えられている訳だし。とかなんとか言ってみる。
めっちゃおもしろいな
英語ペラペラなら俺も外資系がええわー。、 /
魅力的な日本企業がない事実。
なんという番組なのだろ。パッとみたかぎり分からなかったので後でもう一度。/
「日本人だけど日本企業は…」「トップ層は考えたほうが良くないか?」|Togetterまとめ
> 名だたる大企業が普通に労基法を守らない
以上

記事本文: 親日のポーランド,日本語専攻の若者ですら "日本企業には就職したくない" 「日本人だけど日本企業は…」「トップ層は考えたほうが良くないか?」 - Togetter

関連記事