TOP > ネタ・話題 > 車が欲しくて、夫と車を買いに行ったらセールスマンが夫にばかり説明を始めて、名刺すら渡されなかった話 - Togetter

車が欲しくて、夫と車を買いに行ったらセールスマンが夫にばかり説明を始めて、名刺すら渡されなかった話 - Togetter

90コメント 登録日時:2019-06-17 12:32 | Togetterキャッシュ

まとめました。 更新日:6月17日17時23分...

Twitterのコメント(90)

@guo_same どっかで見た話だと思ったら、この話とそっくりなんだけど、パクリ?
それとも「世の中こういうことに溢れてるんだー」という騒ぎにしたんですかね
「購入するのは私」って、財布別々なんですね……。 /
派遣販売員をしてたとき、「家族で使う」カメラを買いに来た夫婦には、乗り気なのが夫だろうと妻だろうと「2人で同意」させるとその後の展開が楽になるので、両方にヒアリングしながら話すのが当然かと…
@gossamu2 よかったら 見てみてね。
根深い問題やで。
ほんとこういう営業いるよねー。女性が買うものは売れるという法則はナシなのかね。
ちゃんと態度を改めたセールスマンさんも、ちゃんと反省(?)を受けとった奥様も偉い。
大盛りがデブの前に出されるのとの違いは
ん??話が見えない。「察して気づいてほしかった」のか?「最初から、主人じゃなくて自分がお金だして自分の予算で買う」って伝えた後の話?前者ならダメだよ。/
結局その人から買うのか。つい主、大人だなぁ。自分だったら、同じメーカーの別のディーラーに行っちゃうところだ。|
「ゴリラと人間だったら、いかに駄目な営業氏でも人間に説明しそうなもんだけどなぁ…」って感想だったんだけど、通して眺めるとゴリラが悪いだけじゃん┐(´д`)┌
私の短い営業マン人生でわりと奥様から定評があった部分はここ。夫婦で車を買いに来るお客さまは奥様との商談と考えて挑むべし。
めんどくさい女だな
いろいろ人から挨拶される場面でも、大抵の人は俺でなく同行してる編集の方と話してるな。そりゃ作家よりは、一般人の編集の方が話しやすいもんな<夫と車を買いに行ったらセールスマンが夫にばかり説明を始めて、名刺すら渡されなかった話 -
まさにキレる客の典型ですね。売り手も買い手も対等です。この方は始めの挨拶のタイミングで入り損ねて、途中もはっきりと意思表示をせずただイライラを募らせている。私が店員だったら、こういう自己中心的で、勝手に怒る客は困るなぁ…
配偶者グダを考慮しない営業なんて、相当無能じゃないのかね・・・男尊女卑が日本でも強い地方で営業として働いていたのかね。 /
結果的に良い取引になってよかったけど、苦い話だなあ
.@Ma__anal さんの「車が欲しくて、夫と車を買いに行ったらセールスマンが夫にばかり説明を始めて、名刺すら渡されなかった話」 をお気に入りにしました。
両方というか息子さもちゃんと挨拶したな。そりゃ数年後には客になるかもしれないし今ある車だって、乗る可能性あるし。
正直なところ、この担当者がアレだったんだろうと思うよ…
だって買うのが旦那でも妻の意見が反映することはよくあることだから。
異性の友人と買い物に行くと 特に30代を超えると夫婦に見られる事が多いのは同意。きっぱりハッキリ言うけど。
僕もこのセールスマンのことを笑えないですね。こんなセールスマンは若い人に違いないと先入観持ってリンクを開きましたから。
売り手が先入観にとらわれすぎてたんだね。でもセールスマネージャーならもうちょっと視野を広くもちたいものだ。
.@Ma__anal さんの「車が欲しくて、夫と車を買いに行ったらセールスマンが夫にばかり説明を始めて、名刺すら渡されなかった話」 をお気に入りにしました。
@togetter_jp
欲しい人気車種を見に行ったが、どうせ買うんでしょな態度をされて違うディーラーの別の新車を買ったことある。
舐められてるのは分かるもの。
会社にかかってくるマンション投資とかの迷惑電話、出たら「え、男性じゃないんですか?じゃぁいいです」と切られる。助かるけど、機会損失してると思う。
>
あるよな、先入観・・俺も単車の免許取って400CCのバイク買いに行ったとき(両親と行った)似たようなことがあったのを思い出したわ。
余もマンソン巡りで台所の説明を求めても、シカトされて、ヨッメにばっかり説明されたわ。まぁ、世の中まだまだそうなんだろう。
これが外国人同士だったら、こんなことにはならなそう。日本ならではの「察しろ文化」という気もする。
車のスペックと金額などの条件しか見ないので、誰が誰に説明してたかとか名刺貰ってないとかぶっちゃけ気にならないおじさん。 /
こういう話をしばしば目にするけど、家を買うときも車を買うときも営業の人は夫よりも私に話をして来たけどなぁ。家は特に私がいる時間が多いみたいだけど、車に関しては「よく走ってエアコンきけば充分です」つった / “車が欲しくて、夫と車を買いに行ったらセールスマン…”
夫婦や家族で買い物に来てる場合まず女性を口説き落とすのはセールスの基本のキなんだがなぁ
ブクマのコメントを見てると、自己主張する女性に対しては、誤解・曲解をしてでも理由を見つけて叩く、という人が一定数いることが分かる。下手すると無自覚。自分もこうならないように気をつけないと。 /
ここで単にセールスマンを叩いて溜飲を下げるか、自らに置き換えて気づきとして落とし込むか。元鈴木さんが言いたいのは恐らく後者の方だろう。 /
僕も先日車を買い替えたけど「乗るのは嫁なので嫁と話してください」って最初にちゃんと伝えたので、こんなことなかったな。コミュ力不足では……
ゴリラを人と見間違える営業もどうかと思うけど、先入観はいけませんね😅 財布は奥様が握ってる家も多いとも思うけど😘 →
(あまりまとめサイトは使いたくないが…
前に冷蔵庫買いに行ったら私ばっかり説明されたな…。色々聞いてるのはパートナーなのに、説明は私に言われたな…/
旦那は何で黙ってたのかな?という疑問。 /
ゴリラと人間が車を買いにきたら、選ぶのはゴリラだと思うだろ。でなければ、なぜゴリラを連れてきたのだ。 /
自分は男だからこのケースに当たったことはないけど、相手が良かれと思って隣国の悪口を話題に絡めてきてスウッと気持ちが冷えたことはある。怒って「あげる」のすら面倒になり、能面のような顔で聞いていた / “車が欲しくて、夫と車を買いに行ったらセールスマンが夫にだ…”
一人で買いに逝かないから、旦那を連れていく時点で男性に依存してるんじゃない、ツマンナイ嫌味しか言えない下らない女だな /
買うのがファミリーカーなら、大抵は夫婦で行くなら金出すのは夫でも決定権は奥さんにあることが多いから、ディーラー側がおかしいな。男の子が好きそうな車だったんなら知らんが。 / “車が欲しくて、夫と車を買いに行ったらセールスマンが夫にだけしか説明や名刺を渡され…”
これ年配女性がよくやる。男性としか話さないのは良い方で、無視したあげく女性には一言厭味を言ったりする。年配男性より年配女性の方が「女は男に従っとけ」圧が強い。若い人はそういう偏りが少ないね /
こういう慣習なんだろうけど怖いです。「反省した後は割引した上運転しやすく仕様も彼持ちで変更すると約束」みてるかも: -
経過はしこたま辛いけど結果はいい話で良かった(*ノωノ)ビッグな御方だぜ…! そして最後のサムネ用ツイートでずっこけた(ツイート貼らんでもええがなー!) /
逆に、夫婦に均等に接していたら夫から「君は誰が金を払うと思っているんだ?」みたいに俺を立てろとキレられた事例はあるのかな。そういう輩が世の中にいそうなことは想像できるけど。いずれにせよそういう風に接しておいた方が営業技術的にもリカバーが容易な気もする。
ヤマダ電機に65Vのテレビを買いに行ったら、テレビ売り場に入った瞬間一言も発していないのに「32Vはあちらです」といきなり言われた事を思い出した。以来、ヤマダ電機では物を買っていない。
あー、うちも車買う時似たような事あったな。そこまで露骨じゃ無かったし、夫婦の反応から察したセールスマンが、途中からは二人に対してちゃんと話すようになったけれど。 / “車が欲しくて、夫と車を買いに行ったらセールスマンが夫にだけしか説明や名刺を渡されなかった…”
ブラが欲しくて、妻とブラを買いに行ったら店員が妻にばかり説明を始めて、名刺すら渡されなかった話ないですか
“イライラする前に、購入するのは私って明確に言っていればよかった”みたいなリプやブコメあるけど、勝手な先入観によって被ったイライラを訂正するコストまで払わなきゃいけないんだって二重にイラつくよね。 / “車が欲しくて、夫と車を買いに行ったらセールスマンが夫に…”
非礼を詫びたあとは互いにきちんとビジネスできている、という話。
キレてそれで終わるだけじゃないよね
なんつーか、わざわざリスクしょってクルマ運転しようするヤツは変な自意識があるので近づかない方がいいとしか読めないぞ。免許返納は高齢者に限らないのでは? /
トレンドに上がって今見てた話題まとまってた。これに噛み付いてる人らのクソリプっぷりが凄い酷いなと眺めてた
コンピューターやオーディオ機器なんかでもありそうな先入観w
一度ブチ切れた人の態度を最終的に変えた「セールスマネジャー」のおじさんすごいと思った。先入観とかやらかすことは誰でもあると思う。それを指摘された時に謙虚に改められる自分でありたい。 / “車が欲しくて、夫と車を買いに行ったらセールスマンが夫にだけしか説明や…”
現状では、買うのは妻だという前情報なしでは、夫に話しかけてしまうと思う。
売る側も、話しながら主導権がどちらにあるか読みとっていくわけで。
コレ、買おうとしたクルマが何だったかで話が変わってくる気もするな。 -
こういうシーンうちの夫婦でも多分あるけど、自分ならどうするかなーも思ったけどたぶん名刺出された時点で「あ、妻に」と言うかな /
車のセールスマン大体そうだったな
わかりみ
男女でカフェに行って片方がパフェ頼んで片方がコーヒー頼んだらパフェは女性側に置かれる可能性が高いけど、男が頼んでたとしてもそれを怒らないよね /
ゴリラが主人ということはメスゴリラかな? /
人は失敗しながら成長していくのだ。ツイ主さんは過去の失敗から学んでいるし対応に不満を表明された営業マンも失敗に気付いて謝罪し訂正した。良い話なのに謎のツイ主叩きはなんなのだw
車が欲しくて、夫と車を買いに行ったら をお気に入りにしました。
カメラを始め電化製品売り場で何も知らない初心者扱いされたり、保険の営業で「ちゃんと理解できます?ご主人いるときの方がいいのでは?」的なこと言われたことある。話も聞かずにわからないだろって決めつけ腹立つ / “車が欲しくて、夫と車を買いに行ったらセールスマン…”
これ営業さんが家庭内でどっちが主導権取ってるかを見誤っちゃったんだろな。
うちはお金出すの旦那でも主導権握ってるの私っていうパターンあるから。
平和だなぁ

車が欲しくて、夫と車を買いに行ったらセールスマンが夫にばかり説明を始めて、名刺すら渡されなかった話|Togetterまとめ
マイクロアグレッション。1つ1つは取るに足りないちょっとした差別。でも当事者は日々、その小さな被害を受け続けている。だから被害の告発を1つ受けた者は、相手はその万倍、傷ついていると理解しよう。 /
夫らしき人物を「ゴリラ」と表記してた時点で閉じた。/
“『私は』こういう理由で車が欲しくてって言った” →『私が』と言えば良かった /
我が家の鉄板ネタで高い買い物の営業に「ご主人様」て言われるとすかさずワイフ「いや私ですが」間髪いれず答えて、わて「…わかりますよね?」というのがある。そうすると「ああ!そうですよねえw」なんて言ってどっちにも丁寧に説明始めるのてギャグで乗り切ら平和
おー、影響力の武器を読んでいないセールスマンじゃないですかw 「コミットメントと一貫性」ね。 /
そのセールスマンがそういうご家庭で育ったのかもね…
イタリア車だとしたら知らないし壊れやすそうだしで女性はまず買わないので
意思決定者にいかに訴求するかという基本ができないダメ営業の話。 /
以前単にセレナ見るだけに数年ぶりくらいにニッサン行ったら、何故か以前一度応対してもらっただけの人に覚えられてた上、当時とは違って新車のアテンザ乗ってったのに「遂に結婚ですか!」とか言われた話する?
アクセサリ買いに行くと、全く逆の光景が見られるよ。それで? /
自分の車を買う時は一人で行ったけど、ダンナと2人だったら違ってたかな。→
夫も間抜けだな。ぼくなんか面倒なのは全部妻をダシに使って断る。んで後から「あたしに決めさせんな」って怒られるところまでがパターンだけど。 /
なんでこんなキレるの?
うちも嫁が運転して、自分はペーパーなので、車、買いにいってまず僕は運転しない、「嫁」が運転するので説明は「嫁」にと宣言
決裁権者を見誤った一例。
新人営業マンがやりがちな話だけど、MGレベルで見抜けないというのがなんとも。

これ逆転する場所がスーパーで塊肉を所望する夫の話を半分聞きつつ「奥さん本当にいいの?」って顔と詳細の確認を私にしてくるので目をそらす
こういう話のとき大体パートナーが空気でそのことを何とも言わないの何でなんだろうね /
先入観に流されず、状況を冷静に判断するのって大切だよね
車が欲しくて、夫と車を買いに行ったらセールスマンが夫にだけしか説明や名刺を渡されなかった話|Togetterまとめ
クソポリスメンなんか男同伴じゃないと被害届も出せないって聞くからこの世はクソ☺️
社会における性別に基づく偏見が自分にあったことを認めてますが、自分が受けて初めて実感したのかもです。結果オーライですけどね。
ハウスメーカーでも嫁に名刺渡されなかったり年賀状に嫁の名前がなかったり感じ悪い事結構多かった
地域によるのかも知れないけど、車購入の決定権なんか大概嫁さんの方が持ってるもんだと思ってたんだけどなぁ…。
CM見ればどちらの立場もあるからね。/
先日奥さんから「ママ友に某車ディーラーの大人女子()だけ参加可のセールスイベントに誘われたんだけど、その日はパパが子供は面倒見ててもらう必要あるが行っていいか?」と言われたけど、車屋がもはや旦那をターゲットから除外しててw時代はここまで来たかと思たが。。
以上

記事本文: 車が欲しくて、夫と車を買いに行ったらセールスマンが夫にばかり説明を始めて、名刺すら渡されなかった話 - Togetter

関連記事