TOP > ネタ・話題 > 高校まで学費は激安で保育園待ちなし出産で170万円貰えるのに日本より出生率が低いシンガポールの話、行政の支援は出生率向上につながるのか - Togetter

高校まで学費は激安で保育園待ちなし出産で170万円貰えるのに日本より出生率が低いシンガポールの話、行政の支援は出生率向上につながるのか - Togetter

82コメント 2019-05-31 01:13  Togetter

少子高齢化対策、難しすぎる…

ツイッターのコメント(82)

フィンランドに続いてシンガポールもこれか。少子化を改善するには国が貧乏になるしかないのでは?

-
日本がシンガポールみたいな国になるのは無理な気がする。都市部だけ切り出したようなシンガポールだけでなく、マレーシアとセットにすると近くなる気も。
産んで!後は俺ら(国)に任せろ!って言って貰えたら産みたいよ。もっと優遇してとかじゃないけど、本当に物理的に無理なんだよ…
ななな、なんだって!!!
シンガポールすごい、と思いつつ物価と比べたら170万ってちっぽけなのでは。あと年収高くても一人っ子だらけなんだろうな
小学校くらいから海外で子育てしたいと思っていたので、参考になる↓。シンガポールなぁ
国内の生産に応じて貨幣供給を増やすべきところ、日銀がバカばかりで貨幣供給量が少なすぎて円高に。子供を産んだ世帯には一律で100万円を支給しても良いの。それが少子化の対策に有効な数字を出せなかったら、支給額を増やして行けば良い。 -
貧乏人の子沢山。経済がマイナスで人口が増える?そりゃ嘘だが、豊かさが要因の一つだろう。
コメント欄 / ・經濟
シンガポールは独立前から強力な人口抑制政策を取っていて、80年代に人口が減りすぎてから政策転換したが手遅れ。
コレは面白い
あとでよも〜っと
日本では「公的支援が乏しいから子供生めない」的な主張をよく見る気がするが…
出生率が上がらないのは趣味や仕事の方が、家庭や子育てよりも楽しいとみんなが思っているから。子育ての喜びをもっと共有していく、地道な活動が必要。もちろん金銭面の支援も必要だけど。
じぶんようめも。行政支援が「マイナスの補填」に過ぎないから説。昔、子供は世帯の労働力だったが、消費財化してるっていうのはよく聞く話。
シンガポールのように日本が目指してる方向の国でむしろ少子化が深刻なのにきちんと要因の分析ができてない
日本の夫婦が欧米と比べて子作りを忌避している傾向は強くなくアジアでは合計特殊出生率は上位、少子化は主に晩婚化/非婚化が原因、と私は認識してる。「結婚は就職前にしておくのが当たり前」みたいな風潮にならないと少子化解消は難しいかもしれない。 @togetter_jp
ふむ。要はどちらの国も、政策としては障壁の排除しかしていないということかな。
それで人が動くとしたら、それは障壁さえなければ行動するモチベーションがある前提なんだよな。
興味深い。
生殖行為とかの本能と社会性や経済合理性って両立すると思うんだけどな、、 /
正直お金もらえても学費が安くても子供沢山産むかは別の話だよねー。自分たちのためにお金使いたいし。→
お金だけでは十分ではないんだろうというのは、まぁ確かにそうなんだろうな。 /
少子化の話は原因も対策も各論ありすぎて毎回まったくまとまらない。そんな中、「出生率が高い国や地域は住みたくないところばかりだ」というコメントは示唆に富む。個の選択と群の維持の間には明らかに何かのトレードがある。
じっと手を見ながら興味深く読んだ。人口減少社会は問答無用で来る前提で考えるべきなのだろう。
教育に対する援助が薄い国の場合、夫婦は子供を減らし一人に集中投資したほうが良い
以前「子供にかける時間が少ないぶん経済成長する」って話を聞いて、なるほどなあと思ったことがあるなあ。 /
シンガポールって大金持ちの華僑以外は全員仮住まいってイメージある /
シンガポール人て全てにおいて効率主義(悪く言えば怠惰)なので、「子どもを持つのが煩わしい」という事だと思う。 美男・美女は本当に少ないけど、それでも結婚してる人はいるから、顔面至上主義云々は関係ない。 / “高校まで学費は激安で保育園待ちなし出産で170万円貰…”
戦後の日本がそうだったように、子供をつくろうと思う最大の心理的要因は貧困である。子供手当てをバラ撒こうと、学費を無償化しようと、この問題は解決しない。その証拠に、先進国は例外なく少子化に直面している。 / “高校まで学費は激安で保育園待ちなし出産で170万円貰…”
行政支援が支援しても出生率が増えないかも説
世界大戦から帰還したことで世界全体が一種の狂乱状態だった第1次ベビーブーム自体が大戦以上の異常事態だったのに、誰もそれに気づかなかったのがなあ。/ベトナムやイラクの戦争後の出生率はどうだったのだろう? / “高校まで学費は激安で保育園待ちなし出産で170万円貰え…”
労働時間とかワークライフバランスとかも重要だと思うけど、そのあたりはどうなんだろ?
教育費を無償化しろ子育て支援を手厚くしろって主張は、金持ちがコストを削減したいがためのポジトークにしか聞こえませんね。
この170万が現地の価値観で日本円のいくらに相当するかで話かわってくるだろ。
社会として支援が足りないから出生率が上がらない、という論調が世論のメインのような風潮の中、以下にまとめられていた「シンガポールは所得も高く出産育児への支援も手厚い中、出生率はむしろ低下している」という話、とても興味深い。
個人的には、20代〜30代の給与の低さ、安定しない職、転勤リスク、多忙な中でのPTAや自治会、親の介護、などが少しずつ積み重なっての結果だと思う。
なのでこれが、少子化の原因というのは分からないと言うか人によると思う。
シンガポールは小学校の成績で人生が決まる仕組みになってるから、小学生にかかる教育費がバカ高くなるんだよね。だから一人目が小学校卒業するまでは二人目を作りづらくなっている。 / “高校まで学費は激安で保育園待ちなし出産で170万円貰えるのに日本より出生率が低いシ…”
マイナスの補填は必要だとは思うけど、一定の所得があるなら、お金よりも時間的余裕が必要なのかなぁ。
「子育ては趣味になってしまったから、できる範囲でしか子どもを産まない」って意見があってなるほどなぁと思った。

行政の支援は出生率向上につながるのか -
シンガポールの出生率事情。学費を下げても、保育園を作っても、出産祝い金を出しても出生率が上がらないとのこと。足りないものは見えやすいけど、本当のところで何がボトルネックなのかという視点は大事ですね / “高校まで学費は激安で保育園待ちなし出産で170万円貰える…”
相続税が無いので金持ちが大量移住する国
>
「子育ての趣味化」って単語見てなるほど・・・と思った /
子育てそれ自体を楽しめる気持ちがある人以外は手を出しにくい、という意味では趣味に聞こえてしまう。
シンガポールは出生率低いらしいが人口は増えている。
調べてみたら、
外国籍の人が増えているようだ。
先進国以外の外国人の待遇が悪いらしい。
とのこと。
それぞれの国の実情にあった政策が必要なのでは。
書籍「FACTFULNESS」に生活水準が向上すれば出生率は下がるって書いてあったなそういえば。 /
シンガポールの話のまとめがあった。
もっと見る (残り約32件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR