TOP > ネタ・話題 > ファンからは忌み嫌われる『実写化』しかし、原作者視点だと連載では絶対に得られない恩恵があるという話 『かぐや様』作者、赤坂アカ氏が語る - Togetter

ファンからは忌み嫌われる『実写化』しかし、原作者視点だと連載では絶対に得られない恩恵があるという話 『かぐや様』作者、赤坂アカ氏が語る - Togetter

56コメント 登録日時:2019-05-21 16:07 | Togetterキャッシュ

原作→実写→アニメならあまり荒れないだろうし難しいよなーと思う...

Twitterのコメント(56)

普段漫画を読まない層が実写版観て原作読んでみよ〜ってなるんか
実写化されなかったら漫画もテレビからも遠ざかってる自分がゴクドルズを知ることはなかったので感謝してる(◜ᴗ◝ )
東映が無茶した結果、変身ロボットが登場した日本版スパイダーマン(実写)は、今マーベルから見直され、レオパルドン(変身ロボ)が博物館に展示されている。
評価は常に変るんだな
実写化が示す社会的メッセージは「メインカルチャーは女性のもの」なんだよね。メインカルチャーの条件はマスコミに推されていること。マスコミはアニメよりも実写化を推す。実写化は女性に向けて行われる。 / “ファンからは忌み嫌われる『実写化』しかし、原作者視点だと…”
アニメ化ですら仕上がりが微妙過ぎて、原作の人気を落とすこともあったので安易にしない方がいい。
>
正直、実写化のこの手の話に関しては、作り手側は少しずつだが確実にアップデートされてってはいるのに、アンチ実写化側の意識は数年前…いや下手したら10年前で滞ったままで、観てる人と観てない人でどんどん認識がズレてってる印象があるんだよな。
つまりCMの一環って事ね。
《 》
※実写セラムンが何故か成功例として挙げられている状態
イヤ駄作ではないけど
東映造成場爆発が良い
絶対オタクしか見ないところから読者を広げてくれるという視点
違う層へのアプローチとしては良い方法よね→
実写は実写でいいと思えるのが増えたけど実写化するくらいファンのいる作品は何かと難しいよなあ。:
ほんとこれ。
原作へのリスペクトゼロで設定もストーリーもめちゃくちゃにされるケースがあまりにも多かったから嫌われているのであり、ちゃんとリスペクトしてもらった漫画家がこれを言うのは説得力に欠けるように思う。 / “ファンからは忌み嫌われる『実写化』しかし、原作者視点だと…”
原作者はファンじゃないもの。
概ねハズレ引かずに済んでるけど映画面白く作ってくれたら敢えてこんなん言わせんでもいいの
漫画の実写化の忌み嫌われる理由は
原作者の意図をぶち壊すから。
そこを上手く表現できたら問題無し
「コアファンを大事にしない」ってのと同義になる場合があるけど、それでもやるべきなんか?
なるほどなーーー。そういう話だと学園ものラブコメ…みたいな奴は、比較的WinWinになりやすそーな感はある。 /
小説とかこういう感じで買うので実写化は基本良いことだと思っている //
パトレイバーの押井守みたいに、アニメの監督がそのまま実写の監督やればファンも納得なのでは(無茶ぶり /
っていうか実写化そのものが叩かれてるんじゃなくて、漫画なら自然に見えるけど、現実だと違和感しかない表現をそのままやる違和感ありまくりになるのが悪いんじゃねーの? 漫画ファンから忌み嫌われる『実写化』しかし、原作者視点だと連載で絶対に得... -
元のファンは実写ものに期待しなければWin-Winだと思う。まあ、制作サイドは原作者も含めて儲かってるわけだし、目くじら立てなくてもいいわな。 / 『かぐや様』作…”
これって既に国民的に届いてる原作が実写化された時のダメージ説明にもなってるよね。デビルマ(略 /
ファングッズとしてのマンガ。そもそもそんな原作に力のあるマンガではないし、いかにも学園モノなので、実写化への親和性は高いと思う。 / 『かぐや様』作者、赤坂…”
ようは金だぞ☆⌒(*^∇゜)v
実写化おめでとうございます。届ける層を広げられるのは確かだけど、新規に届けるために既存ファンを蔑ろにするのは肯定しないよ。蔑ろにしない実写化ができるの分かってきたからそろそろ毛嫌いしないけど、未だ警戒はする>
かぐや様は原作中で「なんで漫画が少し売れたら実写化するんですかね!」ネタを実写化とほぼ同時にやってくれたので好き。 / -…”
ステ役者×特撮勢絶賛脚本家ぶちこんだとうらぶ映画はやっぱ神配置だよなぁ……(;´д`)
マンガ原作実写映画って個々の作品を見れば40~60点の出来だけど、時折100点を超す傑作が登場する感じ。でも、それに加えて-500万点レベルの駄作が混じってしまうので平均点が大幅に下がるイメージがある。 / “ファンからは忌み嫌われる『実写化』しかし、原作者視点だと連…”
『かぐや様』作者、赤坂アカ氏が語る|Togetterまとめ
さんから 何でも良いけど進撃みたいなビッグタイトルでやられると日本の作品として恥ずかしいので止めてっていう
それより原作の展開をなんとかして欲しい。本当になんとかして欲しい ⇒
見た目を寄せがちだけど、物語の中でキーとなる見た目以外は寄せる必要ないと思ってます
原作者が納得してるならいいんですよ。
だからこそ、原作の雰囲気を維持する必要があると思うんだ。
当時はボロクソに言われた実写版黒執事も、「19世紀末のロンドンのセットを用意する予算」「シエル君12歳を演じられる子役」どちらも無い物ねだりな以上、舞台を21世紀にして中性的な女優を配役した選択は割り切るべきところを割り切った適切な選択だったと思うヨ
向き不向き+雑か否か、という問題があるので(このへん、2.5次元界隈はうまくやってると思う
なるほど?
「漫画の連載を100年やっても読まないだろうなっていう遠い層」に向けて作るからこその、あのキャスティングんなんだよね。
最近はアニメ映画のキャスティングも同様。
UZIRO さんのコメント「作者の喜びが=読者の喜びとは限らない好例」にいいね!しました。
かぐや様は原作で実写化ネタ使ってるし、作者がありがたいって思ってるならいいんじゃね? ただ、このタイプの実写映画で原作は買われないとは思いますが… / 『か…”
多くの人に知ってもらうという点においては、これ以上の策がないといってもいいのか……
大抵は間違った届き方をしている。かぐや様と言うか北の飛翔体みたいな受け止められ方みたいな。
宣伝になればって思うよねえ。でも進撃の巨人みたいな事をやらかすと逆宣伝だしな。 /
私はストーリー重視なのでキャラのビジュアルにはこだわらないし、同じ物語を何度も読んだり観たりするのも抵抗ないし、メディアによる演出の違いを楽しむことが大好きなので、メディアミックス大歓迎派。 / “ファンからは忌み嫌われる『実写化』しかし、原作者視点だと連…”
~天才たちの恋愛頭脳戦
本当にアニメは視界に収まっても一切認知しない層がいるから実写化は重要な意味を持つ。特にF1と呼ばれる連中に対して強いので、配役もそれに準じたモノになってしまう。そして我々はキレる。 / “ファンからは忌み嫌われる『実写化』しかし、原作者視点だと連載では絶対に…”
実写化の目的はオタクじゃなくて、一般人を広くオタク化することなのか。理解した。
現代の人間しか出てこない作品ならいいんでない?CG前提の作品の実写化のメリットは皆無
実写化の最高傑作はミナミの帝王だと思ってるw(;^ω^)
「原作ファンからは忌み嫌われる『実写化』 しかし、漫画家視点だと連載では絶対に得られない恩恵があるという話」をトゥギャりました。
以上

記事本文: ファンからは忌み嫌われる『実写化』しかし、原作者視点だと連載では絶対に得られない恩恵があるという話 『かぐや様』作者、赤坂アカ氏が語る - Togetter

関連記事