TOP > ネタ・話題 > 寝たきりにならないようにと毎日ジョギングを行い、マラソン大会にも出ていたおじいさんが認知症になってしまった結果「想像するだけで地獄だぞ」 - Togetter

寝たきりにならないようにと毎日ジョギングを行い、マラソン大会にも出ていたおじいさんが認知症になってしまった結果「想像するだけで地獄だぞ」 - Togetter

21コメント 2019-05-21 09:20  Togetter

大叔父が足腰丈夫なまま認知症になってしまって、これに近い状態になっていました

ツイッターのコメント(21)

まじかよ リミッター外れてるしそのままウルトラコースいくしかないな。ゴールしたらしばらくは大人しいはず多分 / “ - Toge…”
私もほぼ毎日ウォーキングで、しかも1万歩は軽く歩いているので、足腰はそれなりに強くなっている。認知症にならないように気を付けなければ。
有酸素運動は認知症予防に効果があるんだけどな(笑)。
ウッドペッカー的な何か。苦笑
寝たきりにならないようにと毎日ジョギングを行い、マラソン大会にも出ていたおじいさんが認知症になってしまった結果  祖父は亡くなる前の年に急に徘徊が始まったんだが、若干引きずる足で2キロぐらい先まで行っちゃうこと数回。その全て無傷で戻るという、ある意味強い。
身体(脳)を動かしても、ボケ予防にはならないんだな。
人によるか。
母親が徘徊するようになった時、捜さずにほっておこうかと思った事が一度ならずある。
わたしがボケたときには、
一日中オクタロックをやっつけているか、一日中ケルビをやっつけているか、一日中スライムベスをやっつけているか、そういう人生の終わりでありたい。
他人事だから笑えるwwwwww
体だけ元気な認知症の人、自転車で買い物に出かけたまま行方不明になって、翌日隣の隣の市で保護されたりするんだよ。おっかないよ / “寝たきりにならないようにと毎日ジョギングを行い、マラソン大会にも出ていたおじいさんが認知症になってしまった結果「想像するだけで…”
徘徊するのは過去へ向かおうとしているに違いない
.@bbawithggi さんの「寝たきりにならないようにと毎日ジョギングを行い、マラソン大会にも出ていたおじいさんが認知症になってしまった結果「想像..」 をお気に入りにしました。
若年性認知症で身体は元気で30年近く生きてた方居たよ。
施設に入れても自分で出てきちゃうから動き回る人は世話が本当に大変。
認知症とか病気は食生活や環境もあるだろうけど生まれ持った体質も大きいんだろうと思う。
兄弟は認知症なってないし。
えーちょっと待って。
某熟女ジムでは「筋トレは認知症の予防にもなる」って言ってるんですけど……

(そりゃ個人差ってものがあるんだとは思いますが)
亡父も頑健だったので、自転車投げてきたり、病院脱走したりで大変だったよ。
旦那がボケたら、3県先ぐらいまで、捜索願い出さなきゃいけないと思っている。
一般的に運動は認知症予防に効果があることは実証されているといっていいらしいが・・・。あくまで一般的には、だからなあ・・・ / “寝たきりにならないようにと毎日ジョギングを行い、マラソン大会にも出ていたおじいさんが認知症になってしまった結果「想像するだけで地…”
体力のついたボケ老人。
やばい!うちの親父もそんな感じになりかねない
走らせるので有名な養護学校からやってきた利用者さん、学校みたいな建物を見ると近づくまいと走り出し誰も追いつけない。
「寝たきりにならないようにと毎日ジョギングを行い、マラソン大会にも出ていたおじいさんが認知症になってしまった結果「想像するだけで地獄だぞ」」
筋トレして体重増やしたら介護の人大変かな?
スポーツ・格闘技選手の犯罪や問題行動はこのライン上にある

毎日ジョギングを行い、マラソン大会にも出ていたおじいさんが認知症になって
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR