TOP > ネタ・話題 > 『異世界にメガネっ子が登場するなら、その世界の光学知識や加工技術の存在を前提に設定を構築しないとダメなようですよ?』(葛西伸哉先生)~関連して榊一郎先生の異世界トイレ談義とかも - Togetter

『異世界にメガネっ子が登場するなら、その世界の光学知識や加工技術の存在を前提に設定を構築しないとダメなようですよ?』(葛西伸哉先生)~関連して榊一郎先生の異世界トイレ談義とかも - Togetter

40コメント 2019-05-06 08:46  Togetter

タイトルまでラノベっぽくしてしまいました。/そもそもメガネかけてる作品ってあるのかなと思って検索したらありましたね(どんな設定かは不明)。にしても、難しいものですね…

ツイッターのコメント(40)

@azuma_masakadu 「眼鏡に使用するレンズが作れるなら、派生技術が大量に成立する」みたいな話題なんじゃないでしょうか。
メガネキラーン
メモ。
それでもメイドと宰相にはメガネが欲しい
設定って考えだすと際限ないんだねー
『異世界にメガネっ子が登場するなら、その世界の光学知識や加工技術の存在を前提に設定を構築しないとダメなようですよ?』(葛西伸哉先生)
眼鏡に限らずその世界は24時間制なのかとか昼夜があるなら自転してる惑星なのかとか色々考えちゃうから異世界物は描いたことない。
「ラグナロクオンライン」なんかガスマスクがあるぞ。 .@OOEDO4 さんの「『異世界にメガネっ子が登場するなら、その世界の光学知識や加工技術の存在を前提に設定を構築しないとダメなようですよ?』..」 をお気に入りにしました。
所謂ファンタジー世界が人類史の上に立脚しているべきかはともかくとして人類も紀元前750-710年にはレンズを作っているしメガネは遅くとも10世紀、望遠鏡は16世紀ということを調べて発言しているのかちょっと分からないなあ
滝沢馬琴も眼鏡を持っていたけど、あれどうやって検眼したのかね?
なるほどなぁ
酸素吸うことで生命を維持する世界とは、というとこから構築しない不思議 / - To…”
「その土地のレンズ豆は突然変異で、透明な豆が採れる」
でいいのでは。
十分に発達した科学技術(魔法)は、魔法(科学技術)と見分けがつかない /
話の主旨を考えるとこれは枝葉末節だけれど、レンズを使用してモノを拡大して見る技術自体は紀元前に存在している。眼鏡の発明と望遠鏡の発明も時代的にかなり離れている(13世紀と16世紀)。 / “『異世界にメガネっ子が登場するなら、その世界の光学知識や加工技術の…”
メガネの普及には「遠視・近視」が「障害」として日常で認識される必要があり、我々の歴史においてそれは活版印刷の普及(15世紀)以降とされているので、いわゆる異世界ファンタジーにメガネを持ち込むのに必要な舞台設定は「印刷技術がある程度普及している」で十分かと。
どれ位の精度のガラス技術があるかによるので世界設計の根幹にかかわるけど,一部のラノベとかなろう系とかはそういう基礎設計は程ほどにストーリーディングで面白く読める作品って勝手な思い込みある. / “『異世界にメガネっ子が登場するなら、その世界の光学知識や加工技…”
じゃがいもおいしいです。 /
『異世界にメガネっ子が登場するなら、その世界の光学知識や加工技術の存在を前提に設定を構築しないとダメなようですよ?』(葛西伸哉先生) -
「砂ぼうず」の世界も水が貴重なら製鉄や金属加工がほぼ出来ないのよね。どうしてんだろね。
眼鏡があるのに望遠鏡と一瞬思ったが、現実世界でもヘロンの蒸気機関から馬力という言葉が発明されるまでに17世紀ぐらいものズレがあった模様。 / “『異世界にメガネっ子が登場するなら、その世界の光学知識や加工技術の存在を前提に設定を構築しないとダメなようですよ?…”
こういうのと話の面白さって何の関係も無いよね。好きな人はいるけど /
異世界談義はそのまま歴史のお勉強になるから眼鏡でもメロンパンでもだしてくれてokよ/『異世界にメガネっ子が登場するなら、その世界の光学知識や加工技術の存在を前提に設定を構築しないとダメなようですよ?』(葛西伸哉先生)〜関連して榊一郎先生の異世界トイレ談義と
理屈上そうなのは分かるけど、それって設定厨にしか受けないし作品の面白さにはそんなに関係ないんだよねという / “『異世界にメガネっ子が登場するなら、その世界の光学知識や加工技術の存在を前提に設定を構築しないとダメなようですよ?』(葛西伸哉先生)〜関連して榊…”
ここまで来ると所知障というか、まあこういうジャンルがあってもいいとは思うけれどもファンタジー全体に敷衍できる話とはまったく思えない。 / “『異世界にメガネっ子が登場するなら、その世界の光学知識や加工技術の存在を前提に設定を構築しないとダメなようですよ?』…”
興味深くおもしろい話題。“世界観”そのものから丁寧に構築されるファンタジーは色んな面白みを生み出せますし、逆に無自覚な雑さで作られたそれは読者が引っかかってしまうことが多そう
核戦争後の荒廃した世界で瓦礫の中から眼鏡を探す草上仁のSFを思い出したけど、すでに書かれていた。あの話のラストは一応ハッピーエンドなのだけど、アレはメンテなしだと大変なことになるかもと思った。 / “『異世界にメガネっ子が登場するなら、その世界の光学知識や…”
メガネやレンズの歴史はそれこそ紀元前になるが、見ながら磨けばいいのでそれほど習得は難しくない。というか、結構紀元前の知識レベル高いんだよ。中世が暗黒時代と言われたのは、技術知識が失われた事にもある。 / “『異世界にメガネっ子が登場するなら、その世界の光学…”
メガネっ子を出すにあたってはTODが確りしてたように思う
異世界物の中世の設定がリアルすぎると、世知辛すぎてエンタメにならないとは…
こういうのが面倒くさいから、異世界が流行るし、その異世界の流行った後も「ゲーム風異世界」が流行るんやなって。

『異世界にメガネっ子が登場するなら、その世界の光学知識や加工技術の存在を前提に設定を構築しないとダメなようですよ?』
昔TRPGのシナリオ作成関連の本に、リアリティを追求しすぎると時代劇の既婚女性はお歯黒をすることになってしまうのでエンタメとして割り切ることも必要、みたいな記述があって妙に納得した覚えがある。とはいえ知らないのと知ってて取捨選択されたのとでは違いが出ると思う
想定する読者層なぁ。笑って済ませてくれる層に向けて作っても、バズると想定外に届く時代だから大変だなぁ/19世紀英国の宿屋の写真もおもしろい(ロープにもたれて寝るのだがいろいろ価格差がある) / “『異世界にメガネっ子が登場するなら、その世界の光学知識や加工技…”
神は、正しく誠実であろうとすればするほど苦労するという話(違う?
服のファスナーに怒ってた人もいたな

それにしても遮光器っ娘…
/ 『異世界にメガネっ子が登場するなら、その世界の光学知識や加工技術の存在を前提に設定を構築しないとダメなようですよ?』(葛西伸哉先生)〜榊一郎先生の異世界トイレ談義とかも
「異世界だが物理(だけじゃなく)法則は必ず我々の世界と完全に同一」という思い込みはなんとかならんのかね?
いやまあちゃんと突っ込まれててよかったですけど眼鏡の発明と望遠鏡の発明ってだいぶ離れてるだろ!???となった
発端が実作者なぶん厄介かも?
タイトルが長いので、感想は次に書く
tea_o_r さんのコメント「こういうのってラノベにしか言われない気がするなあ。ファンタジーのデジタルゲームに眼鏡キャラ出ててもこういう反応しないでしょ。」にいいね!しました。
これ。
「はたらくお姫さま」でメガネっ娘のスーを描くにあたって調べた範囲で、
「眼鏡作製における最も難易度の高い技術」は、「硬度の高いガラスの作製とその研磨」であったと理解してる。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR