TOP > ネタ・話題 > パリ・ノートルダム大聖堂の火災で、約800年前のステンドグラスが一部損失…悲しみに暮れる声もある中、詳細な被害状況が判明 - Togetter

パリ・ノートルダム大聖堂の火災で、約800年前のステンドグラスが一部損失…悲しみに暮れる声もある中、詳細な被害状況が判明 - Togetter

10コメント 登録日時:2019-04-16 11:34 | Togetterキャッシュ

まとめました。 更新日:4月17日12時03分...

ツイッターのコメント(10)

ケルン大聖堂のリヒターのステンドグラスみたいな展開になるに1000点。
ガラスなので高温で溶けてしまうんですよね…><
聖遺物や美術品は火災の折に運び出されており無事との事ですが、ステンドグラスは焼失してしまった様子。残念でなりません。
@konbanya81 同じようなこと思った人がけっこういたようで

パリ・ノートルダム大聖堂の火災で、バラ窓に代表されるステンドグラスが損失…悲しみに暮れる声と、美しさを振り返る人たち -
パリ・ノートルダム大聖堂の火災で、バラ窓に代表されるステンドグラスが損失…悲しみに暮れる声と、美しさを振り返る人たち -
→ あまりの喪失感に呆然
仮に現代の技術や数十年後の技術で復元できたとしても、それは現代技術の結晶でしかない。

「あの時代の技術とリソースでコレを作れたのかよ……」と唸らせてくれるオリジナルとは、ちょっと意味が違う。
パリ・ノートルダム大聖堂の火災で、バラ窓に代表されるステンドグラスが損失…悲しみに暮れる声と、美しさを振り返る人たち -

いつか見に行きたかった・・・
「パリ・ノートルダム大聖堂の火災で、バラ窓に代表されるステンドグラスが損失…悲しみに暮れる声と、美しさを振り返る人たち」をトゥギャりました。
以上

記事本文: パリ・ノートルダム大聖堂の火災で、約800年前のステンドグラスが一部損失…悲しみに暮れる声もある中、詳細な被害状況が判明 - Togetter

関連記事