『兵庫県警が利用者に黙ってGoogle Analyticsを使ってJavaScriptで個人情報をGoogleに取得させている。不正なプログラムを仕込んでいる』とネットユーザが指摘→GAのコードが全ページから削除されるおもしろ展開に - Togetter

62コメント 2019-03-08 13:21 Togetter

まとめました。 更新日:3月8日15時50分

ツイッターのコメント(62)

神奈川県警のサイト見てないし見たくもないから詳しくは分からないけど、togetterで申し訳ないんやけど割と最近あったのこれ
@coinhiveuser では早速ですが兵庫県警を摘発して頂きましょうwww
『兵庫県警が利用者に黙ってGoogle Analyticsを使ってJavaScriptで個人情報をGoogleに取得。不正なプログラムを仕込』とネットユーザ指摘→GAのコードが全ページから削除!おもしろ展開に - @togetter_jp
んなことあったのか流石兵庫県警w
ギャグセンスあり過ぎるやろ
『兵庫県警が利用者に黙ってGoogle Analyticsを使ってJavaScriptで個人情報をGoogleに取得させている。不正なプログラムを仕込んでいる』とネットユーザが指摘→GAのコードが全ページから削除されるおもしろ展開に -
兵庫県警は無知なのではなく恣意的に法を運用していた可能性が出てきたな。
兵庫県警のブラクラ女子中学生補導事件、「お前もだろ」と兵庫県警のウェブサイトへのツッコミからはじまり、他の官公庁サイトまで飛び火してるのか。

で、東村山市のウェブサイトを確認してみたら案の定GoogleAnalyticsの規約違反してた。
流石に草

『兵庫県警が利用者に黙ってGoogle Analyticsを使ってJavaScriptで個人情報をGoogleに取得させている。不正なプログラムを仕込んでいる』とネットユーザが指摘→GAのコードが全ページから削除されるおもしろ展開に -
やっぱり県警のウェブサイトなんかも
使ってるんだね。

「兵庫県警が利用者に黙って Analyticsを使ってJavaScriptで個人情報をGoogleに取得させている」と-
警察から一本とったつもりなのかも知れんけど、実際には零細ウェブ屋が報告書と始末書を拵えながら、泣きながら修正したのかもしれんなあと思うと胸が痛くなる。 /
JavaScript使ってると逮捕されうる状況なのに、Google API経由でjQueryを入れさせてる兵庫県警は自己矛盾を抱えた問題ではなかろうか。
 
PR
PR