TOP > ネタ・話題 > 海外で笑われる日本人ファッション、外国でもやってるよ。という話 - Togetter

海外で笑われる日本人ファッション、外国でもやってるよ。という話 - Togetter

81コメント 登録日時:2019-02-17 10:03 | Togetterキャッシュ

こうしてまた新たな出羽守が生まれた…(トリビアの種感)...

Twitterのコメント(81)

作業服は技術者の誇り。って、本田宗一郎なら言うのかもしれない。笑うなら笑え。コックの帽子だって料理人じゃないと滑稽に見えるのかもしれないのだ。
出羽の守案件だった。。。
.@the_no_plan さんの「海外で笑われる日本人ファッション、外国でもやってるよ。という話」 をお気に入りにしました。
自身の掟にのみ従う。
それがハードボイルドってモンよ。
(有野)課長スタイル…でもあるな。伝統的な工場労働者の服装。
ネクタイin作業服
エロコスチューム枠だったごめん
脳内友人ですか。病気かな。
「中国に居たから」と最後に言い訳してるけど人民服はノーネクタイ。あと習近平が視察する時もネクタイをしない(または見せない)。
作業着にネクタイは本当に意味不明。
ネクタイ文化はそもそも外国からだから、外国でもやっているのは不思議では無いのかも。。。
>
ドヤ顔の出羽守あぶり出されてるの草
.@the_no_plan さんの「海外で笑われる日本人ファッション、外国でもやってるよ。という話」 をお気に入りにしました。
作業服にネクタイだとまだ関係者感があるけど、スーツネクタイに腕章だけだと、赤軍の政治委員にでもなった気分がする。
元海外企業エンジニアとしては「え、これって日本の専売特許じゃないよね…?」と思ってましたw
これ、実際に(自国を)笑ってる外国人見た事あるし、「日本が」じゃなければ笑われるのもある程度真なのにね。
新手の謎マナーかな。
森羅万象知ることができないのに、海外ではと言い張る方出羽守や反日めいた方がいますよね。:
見てる:あ、あれは他でもやってるのか。:
いるよなー、こういうやつ→
乃公、ワイシャツネクタイに作業服を着るスタイルがかなり好きなので、この最初のツイの人、実は乃公と同じ趣味で、嘘をツイートすることで反証として出される萌える写真をたくさん集めようとしていたのではないかと疑っている。
海外帰りの知人は「他人のファッションをどうこういうのは下品だとされている」っていってました♪
.@the_no_plan さんの「海外で笑われる日本人ファッション、外国でもやってるよ。という話」 をお気に入りにしました。
映画「アポロ13」見てる。NASAの作業員がツナギの下にネクタイ締めてた。
いわゆる「世間というのは結局君のことぢゃないか」というやつかも。
このまとめについてる、「イマジナリー海外」というタグがウィットに富んでて好き。
いつも思うんだけど海外は○○なのに日本は□□だからおかしいとか違和感しかない。
人も文化も違うんだから同じなわけなくない?
海外思考高いの?
こいつ、何かよほどいやな目にあったか何かか。基本このスタイル萌えるので、何言ってるか意味がわからない。
北大路魯山人かー
ハンダ作業:長袖、メガネ。
機械作業:長袖NG。巻き込まれるのでネクタイもだめ。
って感じだわ>
マウント取りたいんやろうな…
☆引き合いに出されたご友人も含めお見事な出羽守ぶり。実在するか友人かどうかしらんけどw
確かに着合わせが悪い気がするけど…
小さい頃から見てきた父の姿だから
変なんて思えない。

これが現場や営業してるい会社員の真の姿!!
.@the_no_plan さんの「海外で笑われる日本人ファッション、外国でもやってるよ。という話」 をお気に入りにしました。
いつもきちんとスーツで来る業者さん、たまに出先から急いで来ました!みたいなとき作業着ネクタイなのでグッとくる…… / (357 users)
無知相手に無知でマウンティングしたいだけ
今日も銭湯でおっさんが他国を馬鹿にして東京の方が不動産は高いと無知な事言っていたその人の中でそうならそれでいいと思う
taka4tsuki さんのコメント「単に工場で必要ないのにネクタイしてるのおかしくね?って疑問を呈する程度ならまだマシなんだけど、論拠が「海外で笑われる!これだから日本は!」だとダメだよなあ。もうそういう同調圧力が効く時流じゃないし「俺..」にいいね!しました。
他人の外見やファッションをあざ笑う行為の方がよっぽどダサい気がするけどね。ついでに、「海外の人は笑ってるよ」っていう「自分の意見じゃない」的な、うっすら保険かけた言い方。これもかなりダサい。 / “海外で笑われる日本人ファッション、外国でもやってるよ。とい…”
欧米とか海外とか言っちゃう人の世界観は大概狭すぎなことが多い印象>
別に笑われることはないと思うけれど、ワシントンDCではストッキングをはいている女性をほとんど目にしない。ニューヨークでは時々見かけるけど、それでも少ない。 /
最近出羽守も飽きられてきた感ある
私も信頼していた知人に変な嘘吹き込まれて恥かいた事あるから、この人のこと笑えない……って書こうとしたらデマ垢だったか。私の同情心を返せw /
任天堂の制服が作業服ジャンパーなので、まさにこれ。ハード系社員としてカッコイイつもりで着こなしてた。良いと思うけどな。
国問わず、だいたいおっさんのファッションは笑われがちだよね!っていうだけの話かな。 /
コスプレ再現あたりでもザワつくので写真大事だよねって話。
なるほど、つまりマクロン仏大統領もキャメロン英首相も実は日本人だったということだな? /
日本発じゃないよねと思ったらやっぱりそうだった>もともとはドイツ系アメリカ移民の技能職のスタイルだとか
ネクタイ、なんといっても暖かい。 /
ファッションじゃないでしょ。工場勤務だけども俺は現業とは違うよ、というその人のホワイトカラーアピールや着替える際の段取りやら邪魔くささが混ざり合った帰結よ。 /
海外出羽守の嘘がすぐバレるのはいいこと。海外でデマを流してる は論外として。あいつ玉ねぎデマは訂正も謝罪もしてない。
作業着にネクタイ、明和電機だ!:
赤っ恥で、“海外帰りの知人”がいたのかも怪しまれるレベル /
米国在住歴6年ちょっとありますが、思い込みで出羽守すると恥をかくので事実を確認したり最新の情勢を一通りぐぐってからやっぱり出羽守は控えることが多いです /
笑われるとかじゃなくてネクタイすると暑いのでネクタイを根絶してほしい /
イマジナリー海外というタグ
というか、色々企業入ったことあるけど、ジャンパー(作業着)+ネクタイは珍しくないけどね。流石に工場機器扱うところは作業着で(ネクタイ無し)、という感じだけど。巻き込みが怖いから。 /
ラヂウム玉子Tシャツは最高にロック。
結局マナーとかと同じなんだよ。
亀仙流Tシャーツ着てオフィス内彷徨いてるウチの会社の高度外国人材様にこういうメンメンはなんていうんだろうね,ダサいからやめろってメンと向かって言えるのだろうか…/
ネット社会では「出羽守」がすぐバレるよ、という典型例ですね.@the_no_plan さんの「海外で笑われる日本人ファッション、外国でもやってるよ。という話」 をお気に入りにしました。
馬鹿じゃね
安全のための服装に「ファッション」なんて持ち出してドヤ顔されてもセンス無い人の意見としか。
計算機室への入室時にこの格好が求められる場所もあったなぁ、くらいの印象。 /
自国民をバカにされてよろこぶのは日本人だけだ、ってトラルファマドール人の友人がゆってた
めっちゃ論破されててワロタ。知りたい事があるときは出羽守を装って日本Disりながら聞くと良い /
むしろ"機能性を考え"た結果の組み合わせ /
そいうこと
海外で笑われるからなんなんだ、わたしはこのファッションもフェチなんだ。
ふつうにあるよね。-
作業服にネクタイってむしろかっこよくない? /
本当に海外で笑われてるのか知らんけど、それなりに理由があってやってるんだからほっといてくれ。
この手の海外では…っての、嘘ばっかやな
海外では~~とかいう奴、99%は海外を知らない説
関係ないけど、サムネがゲームセンターCXの有野課長のように見えた /
おや、工場現場あるあるファッションというだけだったのか。確かに現場知らないと奇妙に見えるかもなあとは思うんだけれども。 /
内容の是非はさておき、IT企業であるはずの某弊社にもこういう格好の人がいる。/
勝手に海外の視点に転嫁して究極にダサいパターン
the_no_plan さんの「海外で笑われる日本人ファッション、外国でもやってるよ。という話」 をお気に入りにしました。
弊社、作業着を新デザインにしたけど、汚れる作業するときは旧デザインを使いなさいっていう、なんのための作業着…っていう決まりがある。アホか。 >
作業服の下にワイシャツとネクタイ、デスクワークの時によくやる。
出羽守のいう夢の世界「海外」にブルーカラーは含まれないし見ていないという証明であるな
ネクタイはフォーマル、というイメージがあるが、もともと寒さや埃を防ぐ首巻きで、WW2以前のイギリスでは山登りの時もネクタイをしてた。マロリーの写真を見てもわかる。
てかさぁ、これって普段現場常勤じゃない人らが、作業着必須の現場に短時間入る為にとりあえず着るってパターンが殆どなんじゃないのかな。ホワイトカラーの事務方とか。
「海外で笑われる日本人ファッション、外国でもやってるよ。という話」をトゥギャりました。
以上

記事本文: 海外で笑われる日本人ファッション、外国でもやってるよ。という話 - Togetter

関連記事