TOP > ネタ・話題 > デザイナーになって最初にぶち当たる「自分の好きなデザインができない」という壁に悩んでいる人に送りたい言葉が話題に「壁が崩れ去る音がした」 - Togetter

デザイナーになって最初にぶち当たる「自分の好きなデザインができない」という壁に悩んでいる人に送りたい言葉が話題に「壁が崩れ去る音がした」 - Togetter

31コメント 2019-02-06 12:30  Togetter

他にも通ずるものがある

ツイッターのコメント(31)

気づきって奴。
・自分の好きなものを表現するのがアート
・相手の好きなものを表現するのがデザイン

誰のためにするのか?が大切ですね。

デザイナーになって最初にぶち当たる「自分の好きなデザインができない」という壁に悩んでいる人に送りたい言葉
どんな仕事でも自分のやりたい物とクライアントの望むもの切り分けないといけないね。 /
“つかうのおまえじゃないから” →
「つかうのおまえじゃないから」「相手の好きなものも表現できて、じぶんのすきなものも表現出来る人になりたい」 / “デザイナーになって最初にぶち当たる「自分の好きなデザインができない」という壁に悩んでいる人に送りたい言葉が話題に「壁が崩れ去る音がした」”
コメント欄の通り、物を作る仕事全般に言えますよね。
相手が欲しいものがわかってればいいけど、何が欲しいか分からないから良きに計らえってのがソフトウェアの世界w
しかし、そこに登場する「自分がどういう成果物が欲しいのか、わかっていない客」という存在。
複雑なものをこういう分断することでなんかそれっぽいこと言ったみたいなのやめてくれ。
そもそもデザインの日本語訳は「設計」だという事をどれだけの日本人が理解しているだろうか
「自分の好きなものを表現するのがアートで、相手の好きなものを表現するのがデザイン」
「使うのお前じゃないから」って確かにそのとおりだな……。プログラマも自分で使うものを作ってるもんがなんたっていいものだったりはするんだけどな。 / “デザイナーになって最初にぶち当たる「自分の好きなデザインができない」という壁に悩んでいる人に送りたい言葉が…”
そこそこの確率で美大出てるデザイナでも「 アート=自己表現」っていう扱いがあるんだね。アインシュタインを評して、相対論を「発表」したと言うようなもので、「探求」という本筋を無視している。って某氏に怒られそう。自己表現にしては、参考文献が多すぎて解りにくいし
自分の好きなものを表現するのがアートで、相手の好きなものを表現するのがデザイン
アートとデザインの違いですか…
すごく分かる。
.@philosophyszk さんの「デザイナーになって最初にぶち当たる「自分の好きなデザインができない」という壁に悩んでいる人に送りたい言葉が話題に「壁..」 をお気に入りにしました。
お、おぅ。。。
「自分の好きなものを表現するのがアートで、相手の好きなものを表現するのがデザイン」
うーん、本業が顧客に合わせたデザイン、趣味が自分の理想のデザインかな。別にアートではない。
なぜ他人の予算で自己表現しようとするのか。お金貰って代理でクリエイティブ作るのが仕事。個人出すな。

@togetter_jp
全ての人が納得する考え方なんてあるわけないのだから、ツイ主の言うのにそぐわない人はただそうだというだけの話。
ディレクターって立場はさらに「いい感じにして」という客の壁にぶち当たるんですのよ。
おお、壁が崩れ去った!なるほど!
これ、デザイナー志してる人なら耳にタコができるほどよく聞く話じゃないの?なんでデザイナーになれたん?
「周り(企画)がダメというのに、お前(無名)の話を聞く価値があるのか?」と言われたときはショックだったが、確かに根拠なき個人の意見なんて無価値と気が付いたわ。デザインには論理と根拠と納得感が必要。 / “デザイナーになって最初にぶち当たる「自分の好きなデザ…”
1000人中1人でも気に入ってくれれば良いのが芸術(アート)で、少なくとも7〜800人に良いと思って貰わなきゃいけないのが商業(デザイン)よね。

デザイナーになって最初にぶち当たる「自分の好きなデザインができない」という壁に悩んでいる人に送りたい言葉が話題に
なんだかな~。そもそも「design→設計」「art→芸術」と日本語にしたほうがわかりやすくない? ―
デザイナーの種類にもよるけど、商業デザインやるとなったらまずコレを言われない…?
(一部の)(有名)建築家はデザイナーじゃなくてアーティストなのかもしれない。
これの文脈では
他人がお金を出しても欲しいと思えるものを作るのは難しいし、それが出来る人は凄い人だと思う
なんとあのさとうかしわもデザイナーやけどな!!
そういう壁はなかったな… >
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR