TOP > ネタ・話題 > フランスのマクロン大統領、なんで人気なくなっちゃたのん?に関するあれこれ&次のフランス政体大予想 - Togetter

フランスのマクロン大統領、なんで人気なくなっちゃたのん?に関するあれこれ&次のフランス政体大予想 - Togetter

14コメント 2018-12-04 10:04 | Togetterキャッシュ

こちらの続編となります→【「パリは燃えているか」「いるよ」…『フランス黄巾の乱(第六共和政運動)』に関する情報、考察、風刺ツイート集 - Togetter 】...

ツイッターのコメント(14)

名前だけだと美味しそうなんだけどねって、それはマカロンで○○だったらもかろんだし、当たり前の事はもちろんで人気がないのがマクロンさんねw
次は極左か極右か。
ルペンていう極左のおばちゃんの対抗に担ぎ出したのが、マクロンだったんだな。
もともとマクロン大統領は富裕層出身ですし、超・姉さん女房のブリジット夫人は大ブルジョアの令嬢です。労働者階級の現実など知る気はハナからないでしょう。大統領がこんな有様ではもうマクロン政権は長くないでしょうね。
歴史が繰り返すなら、岩窟王とかレミゼラブルとかホーンブロワーとかもくるかしら
右派のルペンの大統領就任阻止のため選ばれただけで、無能だった様だ。あれか、都知事選で鳥越が嫌で小池氏を選んだノリ?(増田氏は飽きられた旧与党ポジ)
世界史の勉強って面白いよね/
Dursan さんのコメント「マクロン政権が生まれたのって「ルベンはヤバいっしょ」で固まった結果だよね?」にいいね!しました。
うんうんいいよいいよ、さすが先進国さんは違いますわ
こういうの、さらりとくそみたいなのが紛れ込むね。
ふと思いたってついったー検索で「毛糸」て入力したら「毛糸洗い」がサジェストされて「やはり」となった
くだらないギャグばっかりゆっていると人間としての格がさがっていき、ついには気がくるって氏んでしまうぞ
マクロんの対抗馬ってなんか田嶋yokoが金髪になったみたいな人じゃなかったっけ…
コレ見てると、「国民統合の象徴としての君主と議会制民主主義」の両建てって、意外に上手くできたシステムなんじゃないかって思える。
以上
 

いま話題のニュース

PR