TOP > ネタ・話題 > 猫嫌いにより中野の飲み屋街に毒エサが撒かれ、地域猫が激減した結果・・・「猫のアイデンティティなんだな」中世ヨーロッパでも同じ事例があった様子 - Togetter

猫嫌いにより中野の飲み屋街に毒エサが撒かれ、地域猫が激減した結果・・・「猫のアイデンティティなんだな」中世ヨーロッパでも同じ事例があった様子 - Togetter

12コメント 2018-10-11 08:45  Togetter

まとめました。 更新日:10月11日00時53分

ツイッターのコメント(12)

@arsenicinthat @necomusu47 @kando3000000bai 私も人から教えてもらったのですが一概にそうとも言い切れないみたいで…生態系のバランスって難しいですね…
これってホント?
胡散臭い話が多くて興味深い。そもそもの件、中野では有名な話なのだろうか。 / “ - T…”
どこの繁華街も様々な奴がいて様々な出来事があり沢山のデマと僅かの真実が飛び交う。でも中野は特に,,,/猫嫌いにより中野の飲み屋街に毒エサが撒かれ、地域猫が激減した結果・・・「猫のアイデンティティなんだな」中世ヨーロッパでも同じ事例が
そうえばロシアのエルミタージュ美術館も、ネズミ駆除のために猫を飼っていましたね/
ハクビシンって猫よりでかいし、猫を襲うよ。(確か / “ - Togetter”
ハクビシンとネコはどちらも侵略的外来種なので、本来どちらも野生でウロウロしては困るのではないか。(在来種のネズミならよいというわけでもないが) / “猫嫌いにより中野の飲み屋街に毒エサが撒かれ、地域猫が激減した結果・・・「猫のア…”
ネズミを取る取らない以前に寄ってこなくなるんだな
酒飲んで生ゴミを出す人間様はそんなに偉いのか‥
昔ながら共存って人間下手くそなので考え方が悪いんだよねえ
否定されている記事についてこちら
猫様を虐めるからそうなる
.@KRG03845 さんの「猫嫌いにより中野の飲み屋街に毒エサが撒かれ、地域猫が激減した結果・・・「猫のアイデンティティなんだな」中世ヨーロッパ..」 をお気に入りにしました。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR