TOP > ネタ・話題 > 2018年のイグノーベル経済学賞『イヤな上司を呪いの人形で呪うことは会社の業績向上に効果的』世界各地の呪い文化の話・丑の刻参りが流行る? - Togetter

2018年のイグノーベル経済学賞『イヤな上司を呪いの人形で呪うことは会社の業績向上に効果的』世界各地の呪い文化の話・丑の刻参りが流行る? - Togetter

12コメント 登録日時:2018-09-15 20:33 | Togetterキャッシュ

業績アップのために藁人形を配備できるかどうか...

Twitterのコメント(12)

@Omuko_biroko そんなオム子にイグノーベル経済学賞の記事をあげる。
「Japanese traditional curse-maiking」として藁人形を輸出するビジネスとかで商機あるかしら?
meaculpa108 さんの「2018年のイグノーベル経済学賞『イヤな上司を呪いの人形で呪うことは会社の業績向上に効果的』世界各地の呪い文化の話・..」 をお気に入りにしました。
W_L_G 「研究を行なったカナダのウィルフリッド・ローリエ大学のリンディー・H・リャン博士(心理学) のコメント付きの記事がこちら:上司を「ブードゥ人形」で呪うと職場のモラルが超向上することが実験で判明! 呪い方も..」にいいね!しました。
社内の改善提案で出してみるかw
受賞スピーチで「この人が私の上司です。(ニヤリ)」と紹介してたのが最高に面白かった。
2018年のイグノーベル経済学賞『イヤな上司を呪いの人形で呪うことは会社の業績向上に効果的』
/すでに辞めてる人がやっても効果ありますかね?(マテ)
成程。残念なことに私には呪う上司がいないな。自営業だから。
この結果を蔵に送ると、きっとハロウィン籤に実装されるぞ>蔵クラスタへ
効率が上がるのか。
殺伐ともしそうだが。
以上

記事本文: 2018年のイグノーベル経済学賞『イヤな上司を呪いの人形で呪うことは会社の業績向上に効果的』世界各地の呪い文化の話・丑の刻参りが流行る? - Togetter

関連記事