TOP > ネタ・話題 > イグノーベル賞の授賞式で女の子が邪魔に入るのは「8歳の女の子に罵られると一番心に来る」という研究があるから「いちいち隙のない賞イベント」 - Togetter

イグノーベル賞の授賞式で女の子が邪魔に入るのは「8歳の女の子に罵られると一番心に来る」という研究があるから「いちいち隙のない賞イベント」 - Togetter

14コメント 登録日時:2018-09-15 12:59 | Togetterキャッシュ

ならばチコちゃんは8歳にならないと...

Twitterのコメント(14)

ituneカードなら買収できるだろ!!(ダメな大人の見本)
ははは/
この気持ち悪い教。使う側は意識高い正義感からかもしれないが、すでに世界的な研究がある→
これはおもしろい! / “ - Togetter”
>>あの子は式の進行役でスピーチの持ち時間を過ぎると「退屈だからやめて」と出てくる。理由は「8歳の女の子に罵られると一番心にくる」という研究があるから

保守派の講演会における質疑応答時間にも、ご出演お願いできるのかしら( ゚д゚)
これを賄賂を渡して回避するのが醍醐味(^◇^;)
なお、失敗もある模様。
ろりこんイベント
今年も強烈なのが色々と(; ̄ー ̄A
制限時間が過ぎたのを知らせるベルが鳴っても喋り続ける先生も多いので、日本の学会でも採用すべきだと思うのだ。
買収は知らなかった。
つまりチコちゃんは8歳になるともっと心に来るということか
.@RascalTaku さんの「イグノーベル賞の授賞式で女の子が邪魔に入るのは「8歳の女の子に罵られると一番心に来る」という研究があるから「いちいち..」 をお気に入りにしました。
チコちゃんはまだ5歳なので、 賄賂で買収されない。

割と知られてない?
「イグノーベル賞の授賞式で女の子が邪魔に入るのは「8歳の女の子に罵られると一番心に来る」という研究があるから」をトゥギャりました。
以上

記事本文: イグノーベル賞の授賞式で女の子が邪魔に入るのは「8歳の女の子に罵られると一番心に来る」という研究があるから「いちいち隙のない賞イベント」 - Togetter

関連記事