TOP > ネタ・話題 > 汐街コナ氏(イラストレーター)の「ラノベの表紙エロすぎ問題について」が問題ありすぎな件について - Togetter

汐街コナ氏(イラストレーター)の「ラノベの表紙エロすぎ問題について」が問題ありすぎな件について - Togetter

33コメント 2018-09-15 04:50 | Togetterキャッシュ

『生兵法は大怪我のもと』という諺がありましてね・・・・・・。...

ツイッターのコメント(33)

あまり個人攻撃はしたくないですけど、汐街さんも、すねに傷があるんじゃないですか?
汐街さんは過去、ラノベ本の表紙イラストについて批判をしておられた。しかし、その中に明らかな法律知識の誤りがあって、炎上を招いてしまった。↓
いい反面教師と、何がダメなのかの指摘色々。
「公共の福祉に反する」という人は何を持って公共の福祉に反するかをきちんと論証しなければいけない,という意味において本件で持ち出すべきではない. →
公共の福祉に反しない限り……これを出すのは良いと仮定しよう。
次に必要なのは、「表紙が公共の福祉に反しているというエビデンス」。
@mizpi 不快感という「気持ち」に明確な基準は作りがたく、そうしたものを隠せばファンを「人が不快な物が好きな奴」としてしまい、結果的に規制派に「私たちの感覚は社会的正義である」という認識を与えると思います。
参考に件の投稿への反論のまとめをリンクいたします。
あやういなあと思ってたらまとめ出来てた【 】
これ。元noteはそこまで突っ込んで追ってない私でも間違いだらけだとわかるものです
この件について、反証のやつ基本的に攻撃的なのばっかりなんだよなあ…。
法の解釈的にはかなり間違いでしたよ。というのはわかりました。
当該記事読んだとき、なーんか違和感あるなぁと思ったのだけど、やっぱり法的にもおかしかったのね…
MxIxTxBx さんの「汐街コナ氏(イラストレーター)の「ラノベの表紙エロすぎ問題について」が問題ありすぎな件について」 をお気に入りにしました。
tk_takamura さんのコメント「.@sodium デマの吹聴は超迷惑行為です。表現の自由を公共の福祉で規制するには、”明白かつ現在の危険”という条件が必須なんですよ。名誉毀損罪とかそういうレベル。小説”石に泳ぐ魚”裁判の判例ぐらい読んだらどうで..」にいいね!しました。
好きなことをやる権利は、迷惑なことを避ける権利には勝てない。
規制は、エロの基準が明確にできないから杓子定規ならざるを得ない。
つまり、これが理解できないなら、オタクは争って死滅の道を選ぶということ。
この人の描いてるイラストと「エロすぎて子供に見せられない」と話題になってるラノベのイラストの違い、たぶん表情とか描写の仕方が全然違うと言う人もいるだろうと思うけど、私は、似たような不必要に露出の高い服を着て女性の体を強調したアニメっぽい絵と思ってしまうな。
「ラノベの表紙エロすぎ問題について」が問題ありすぎな件について

反証も過激な言葉が多くて、これは割と穏当だけどやっぱり時々きつい。でも間違ってる点は多いけど特別な考えとは思わなくて「普通の人」ならまずああいう意見にたどり着くから、じっくり説明するしかない
こういうとんでも発言を見ると、勉強って大事だと思う。
せめてうちのフォロワーさんには突っ込みどころをお知らせしたく。そして読む本が増える。/
この人、自分が問題視される立場になった時、どうする気かしら?
.@MxIxTxBx さんの「汐街コナ氏(イラストレーター)の「ラノベの表紙エロすぎ問題について」が問題ありすぎな件について」 をお気に入りにしました。
こういうのを「無能な働き者」っていうのかなぁ…言葉の使い方あってるかわからんけど。
流石にまとまってた。
表現規制というのは他人の財産である絵やマンガ、アニメを奪う行為だから、それ相当な合理的説明が無いと泥棒になるんだよ。
ついでにこれもって感じだけど
これ見る限りだと言葉遣い悪い人多すぎて正しいんだろうけど読む気が薄くなるね😢
一応、「細かいツッコミ」ってのはこれね。
「ラノベの表紙エロすぎ問題について」が問題ありすぎな件について -
ほんと。何で苦情ぐらいでゾーニングやねん/
どーでもいいけど裸の絵が子供にとって有害なんだとしたら、子供と一緒に風呂に入る親も有害なのではなかろうか?
汐街コナ氏(イラストレーター)の「ラノベの表紙エロすぎ問題について」が問題ありすぎな件
ああ、もうマトメられてンだ(棒)。
汐街コナ氏(イラストレーター)の「ラノベの表紙エロすぎ問題について」が問題ありすぎな件
▼汐街コナ氏@sodium(イラストレーター)の「ラノベの表紙エロすぎ問題について」が問題ありすぎな件

『生兵法は大怪我のもと』という諺がありましてね・・・。
以上
 

いま話題のニュース

PR