TOP > ネタ・話題 > いじめの被害者とそうでない人とでは、いじめに遭った後の人生ルートの認識にこれだけ違いがあるのでは、という話 - Togetter

いじめの被害者とそうでない人とでは、いじめに遭った後の人生ルートの認識にこれだけ違いがあるのでは、という話 - Togetter

21コメント 登録日時:2018-08-31 10:43 | Togetterキャッシュ

まとめました。 更新日:8月31日10時43分...

Twitterのコメント(21)

_φ(・_・
.@enusakucm さんの「いじめの被害者とそうでない人とでは、いじめに遭った後の人生ルートの認識にこれだけ違いがあるのでは、という話」 をお気に入りにしました。
そらそうよ。毎日毎日全身を切り刻まれた上に全方位から核ミサイルぶち込まれるようなもんだからな
.@enusakucm さんの「いじめの被害者とそうでない人とでは、いじめに遭った後の人生ルートの認識にこれだけ違いがあるのでは、という話」 をお気に入りにしました。
コレは個人の資質にもよるし、周りの環境(教師やクラス)にも…元に戻れるのは幸運だったとしか…
.@enusakucm さんの「いじめの被害者とそうでない人とでは、いじめに遭った後の人生ルートの認識にこれだけ違いがあるのでは、という話」 をお気に入りにしました。
人によるから一概には言えないけど、私は上のルートに近いところに戻ったかな。→
過去にイジメをやったことがある人間は、復讐される可能性が多大にあるだろうな。→
いじめられた事で何かが折れた人とウマが合わない時のはそう言う事か。
.@enusakucm さんの「いじめの被害者とそうでない人とでは、いじめに遭った後の人生ルートの認識にこれだけ違いがあるのでは、という話」 をお気に入りにしました。
“ - Togetter” ・經濟
人見知りと、人に頼れないことと、どうせ一定数には嫌われるという諦めと開き直りと……弊害は多い。
.@enusakucm さんの「いじめの被害者とそうでない人とでは、いじめに遭った後の人生ルートの認識にこれだけ違いがあるのでは、という話」 をお気に入りにしました。
上に戻れているという人との断絶感がすごい |
生まれたときから二つのルートがあるような気もするが、これはこれで正しいようにも思う。 / “ - Togetter”
性犯罪の被害者も全く同じではないけどこれに近い、自己肯定感が持てず絶望的観測しかできなくなる。不可逆なんです。
小6がつらすぎて中学進学時に環境を強制的に変えた。そういう道もあるよ、というおばちゃんの戯言。
共感能力が欠けた人が増えすぎると社会は壊れるよね。今は壊れすぎた社会をリビルドしてる途中かな?:
堀北真希と結婚できる人生とそうでない人生もある。
こういう人生の不平等は、ただひたすら嘆くしかない。
やはりタイムマシンを開発するしかない(真顔)。といっても今は起こってしまったことを変えようがないので人の苦痛を否定するなが落としどころかと:
着ぐるみおじさん9割方学生時代にいじめられてそうだからなんか納得する
僕自身いじめられて不登校もしたことがあるけど「いじめられた側は普通の人生とは違う悲惨な方向へ」という見方・考え方が嫌だ。そりゃ嫌なものは嫌だしつらい経験は人生に影響すると思うけど、僕は逆に同調しなくていいんだと自我を意識するきっかけになった。
まあ、これは受けてみないと分からないですから、受けた事が無い人にどうこういっても仕方がない(加害、被害者並感)
ほんとこれ。小・中学のときちょいちょいそういうのあったし、成人式のとき小中の同窓会誘われたけど無理子すぎて行かなかったしな
「いじめの被害者とそうでない人とでは、いじめに遭った後の人生ルートの認識にこれだけ違いがあるのでは、という話」をトゥギャりました。
以上

記事本文: いじめの被害者とそうでない人とでは、いじめに遭った後の人生ルートの認識にこれだけ違いがあるのでは、という話 - Togetter

関連記事