TOP > ネタ・話題 > 構造最適化技術が進んで工業製品の形が悪の宇宙船みたいになっている「生命にカクカクな物が存在しないのは合理性を追求した結果」 - Togetter

構造最適化技術が進んで工業製品の形が悪の宇宙船みたいになっている「生命にカクカクな物が存在しないのは合理性を追求した結果」 - Togetter

43コメント 2018-06-04 16:34 | Togetterキャッシュ

学問や研究が活かされていると感じます。...

ツイッターのコメント(43)

@CWL04717248 @basshaerai 計算能力が上がった結果、同じ強度で軽く出来るだけでなく、このようにギーガーっぽいデザインが可能になったりしています。
そういった意味でデザインの自由度は上がっています。
@vG2AZlCr4F3hx6Y 現在のシミュレーションで改めて計算すると骨組みは意外とスカスカで平気だったんだ、みたいな研究あるけど、さすがに表面の形状は重心とか考えると経験則から大きく外れない気がするんだが、、、
@hound_of_spring 最近はシュミレーションと?3Dプリンタの発達でそれっぽい造形がなされる分野もあるみたいで、これからに期待。
お話を書くきっかけになった一番最初に描いた絵は2枚目の絵です。
今月は何を描こうか考えていた時

↑このまとめと(続く)
有機的デザインは進化の歴史の中で最適化されたものを模倣してるもんね。
これは生物模倣だけど、トポロジー最適化も結果的に似たような雰囲気出てくるよね。   そのうち、身の回りのものにも応用されてくるんだろうか
これこれ。
@Hiro1977_ 去年のこの記事を思い出しました。
身の回りのものがどんどんSFぽくなってくかもしれませんね。
というかちょっと前の構造最適化技術が進んで工業製品の形が悪の宇宙船みたいになったって話もそうだけど、人の想像力と21世紀の科学技術最高だな。
@togetter_jp
トポロジー最適化で工業部品が生物っぽい見た目に。> :
へぇ〜、面白い
隙間の掃除はどうするんだろう?
こういうのが流行ってるんですよ
生命の神秘…!かっこよすぎるな。
面白いなあ(´ω`) /
@Hiro1977_ 面白い記事のご紹介いつもありがとうございます。
3Dプリンターの普及でいろいろな分野で面白いことになってますね。
助けてウルトラセブン!
背筋が寒くなるやつだ。自然淘汰を経た生命の構造に近づいてるってなるほどね… なんか神秘だわ。
3Dプリンターで量産できるようになると、職人の経験と汗と勘とかより位相幾何学などのアカデミックな知識が重要になってくるんだろうなぁ。 >

構造最適化技術が進んで工業製品の形が悪の宇宙船みたいになっている -
検図、検査ができねーよ。 /
これは面白い/
将来のメカは永野護ワールドになるのか・・
最適化すると生物に近づく、って興味深いな。 /
たとえば肋骨とかは、こんな感じのデザインよね。 /
人の直感理解を置いてきぼりで世の中がデザインされるようになると 人間全体が上司に「わかんないだろうが悪いこと言わんからこうしとけ」言われ続ける新入社員状態になるのかも
あとは自己修復だけやな… /
最近の自転車の形は変だと思っていたがここら辺の影響か?やがては低価格自転車ほど変な形になってきて近所の爺さんがやってる自転車屋に持ち込むとこんなの自転車じゃねえって言われて整備を拒否されるんだろうな / “構造最適化技術が進んで…”
生物の構造が合理的に作られているのがなんとなく分かってくる /
ぐにゃんとしてるのに強度があるって不思議
まさかのシド・ミードがオワコンになる可能性? /
ギーガーのデザインとしか思えない /
アントニオ・ガウディはこういうことがやりたかったんではないか? /
モビルスーツよりオーラバトラーのほうが合理的ってこと? /
生き物に近づいて行く…のを通り越した先が見たい
ぐねぐねー
.@nekome006 さんの「構造最適化技術が進んで工業製品の形が悪の宇宙船みたいになっている「生命にカクカクな物が存在しないのは合理性を追求した..」 をお気に入りにしました。
生物に近付いてるから後は自己再生と自己進化と自己増殖…あっ
生体工学的であり数学的。最適化にはそこから引き出す
「構造最適化技術が進んで工業製品の形が悪の宇宙船みたいになっている「生命にカクカクな物が存在しないのは合理性を追求した結果」」をトゥギャりました。
以上
 

いま話題のニュース

PR