TOP > ネタ・話題 > 推理小説の密室殺人のトリックがとんでもなくてすごい「ノックスの十戒に真正面からぶちかますスタイル」 - Togetter

推理小説の密室殺人のトリックがとんでもなくてすごい「ノックスの十戒に真正面からぶちかますスタイル」 - Togetter

11コメント 2018-05-16 17:02 | Togetterキャッシュ

ノックスの十戒をわざと破るタイプの作品も驚きがあって好きです。富士見ヤングミステリー大賞を受賞した作品だそうです。...

ツイッターのコメント(11)

欧州古典ミステリに登場する中華風は何でもありに近いかな。気功とかカンフーとか雑技団とかのノリでトリックなき犯罪がありだと推理できない的な。ノックスとかヴァン•ダインとか、もはや古いばかりではありますし、ノックス十戒に挑戦するかのような作品もあるけれど。
このトリックは本投げ捨てるな…私も。なんでもアリじゃねーか!!w
.@nekome006 さんの「推理小説の密室殺人のトリックがとんでもなくてすごい「ノックスの十戒に真正面からぶちかますスタイル」」 をお気に入りにしました。
推理小説の密室殺人のトリックがとんでもなくてすごい「ノックスの十戒に真正面からぶちかますスタイル」
ノックスもヴァン・ダインもあの当時の話で、今この手のお約束をどうこう言われてもなあ。
超能力者が念力で殺しました、みたいなのもあったよね
ノックスの十戒がどうとか今時言う方が珍しいのでは
『ゆるゆり』の脚本の人じゃねーか!
以前からノックスの十戒の「中国人を登場させてはならない」という意味を知りたかったのだが、こういうことだったのか!
中国人と双子がでてきたら。。。!
また読む本が増えていく
犯人は聖徳太子、で投げ捨てる本もある
「推理小説の密室殺人のトリックがとんでもなくてすごい「ノックスの十戒に真正面からぶちかますスタイル」」をトゥギャりました。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR