TOP > ネタ・話題 > 野球選手の嫁を誹謗中傷したネットユーザーが訴訟されたのをみて「匿名の悪口はノーリスクではない」風潮が広がりつつある件について - Togetter

野球選手の嫁を誹謗中傷したネットユーザーが訴訟されたのをみて「匿名の悪口はノーリスクではない」風潮が広がりつつある件について - Togetter

25コメント 2018-01-29 00:31  Togetter

アタリマエのことなんだけどね

ツイッターのコメント(25)

ちなみにこうゆう案件もあります
そうそうこれこれ
@YujiMagician
嫌がらせや悪口でも十分開示請求理由にはなりますよ。
まぁここで貴方と話し合っても意味ないのでもうこれで終わりで。
どっちがズブズブなのか楽しみですね。
匿名性を利用して一方的に他者を批判/攻撃する人は早くいなくなって欲しいね
@ontheroadx なるほど、当初の報道記事だとブス発言一発で情報開示されたかに読めるので、いくらなんでもそれはないだろと驚いてたんだけど..「野球選手の嫁を誹謗中傷したネットユーザーが訴訟されたのをみて「匿名の悪口はノ..」
これ中々色々つかえそう
「王様の耳はロバの耳」と言ったら、国中どころか世界中に届きうる(言語の壁はあるにせよ)のが現代のインターネット社会です。鍵垢でも、ネットに書き..「野球選手の嫁を誹謗中傷したネットユーザーが訴訟されたのをみて「匿名の悪口はノ..」
相手が「悪口だ」と訴えても妥当性がなければ桜井誠が有田ヨシフを訴えて全面敗訴したのと同じようになるんで、「何も書けなくなる」って心配は無用ですよ「野球選手の嫁を誹謗中傷したネットユーザーが訴訟されたのをみて「匿名の悪口はノ..」
@Sutekase_King お初にお目にかかります。<訴訟にはお金がかかる>が問題ですね。悪質なネットユーザーは「金や権力のある人にはやめ..「野球選手の嫁を誹謗中傷したネットユーザーが訴訟されたのをみて「匿名の悪口はノ..」
@ontheroadx そうだったな。まぁそこは誤認。「野球選手の嫁を誹謗中傷したネットユーザーが訴訟されたのをみて「匿名の悪口はノ..」
なので誰かを誹謗中傷したけりゃどこか場末の公衆便所にでも忍び込んで大書することですな。たぶん注目もされないけど「野球選手の嫁を誹謗中傷したネットユーザーが訴訟されたのをみて「匿名の悪口はノ..」
メシウマ「野球選手の嫁を誹謗中傷したネットユーザーが訴訟されたのをみて「匿名の悪口はノ..」
情報開示で中傷したユーザーを突き止め、ほぼ裁判で勝てるならこれから質の悪い書き込みは減るかもね。

情報開示のコストと手間で億劫になるけど、こういうニュースが積極的に報道されるようになれば、中傷ユーザーと勝負する人も増えるだろうに
twitterに書き込むってのは面と向かっていうどころの騒動じゃない。東京駅の真ん前で拡声器使って大声張り上げるのと基本的に同じことなんだよ。「野球選手の嫁を誹謗中傷したネットユーザーが訴訟されたのをみて「匿名の悪口はノ..」
これ、いじめ加害者にも使えるよね?(ニヤリ
銀座のアディダスショップの店員が、来店したサッカー選手の妻を絵にかいたようなビッチとTwitterに投稿して炎上したのが何年前だっけ?「野球選手の嫁を誹謗中傷したネットユーザーが訴訟されたのをみて「匿名の悪口はノ..」
おーこれは痛快!さぁ私への誹謗中傷、批判ある人は特定されて正面から議論する気がある人はどうぞ(`・ω・´)b IPアドレスとかから簡単に身元はわれるんですよ〜。
相手を殴ったら殴り返されるくらいは覚悟してしかるべきでございましてな。中傷するのは無自覚に相手を殴ってると気付かずにやってるんだろうけど。「野球選手の嫁を誹謗中傷したネットユーザーが訴訟されたのをみて「匿名の悪口はノ..」
たとえば野球場(サッカー・その他)でのひどい野次なんて、録画して発言者が特定できれば野次られた選手が訴えるなんてことが起きるのかもしれない。「野球選手の嫁を誹謗中傷したネットユーザーが訴訟されたのをみて「匿名の悪口はノ..」
マジか…もうベイスターズT-倉本の悪口を言うのはやめます
そんなの当たり前でしょ!なにを今更…( ´_ゝ`)「野球選手の嫁を誹謗中傷したネットユーザーが訴訟されたのをみて「匿名の悪口はノ..」
気軽に侮辱するなや .@trend_read さんの「野球選手の嫁を誹謗中傷したネットユーザーが訴訟されたのをみて「匿名の悪口はノーリスクではない」風潮が広がりつつある件..」をお気に入りにしました。
まあでも、面と向かって言えないようなことはネットで呟かないほうがいいです。「野球選手の嫁を誹謗中傷したネットユーザーが訴訟されたのをみて「匿名の悪口はノ..」
もっと広まって欲しいよね
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR