TOP > ネタ・話題・トピック > Togetter > フィンランドの図...

フィンランドの図書館では本を借りると作家に印税が入るし作家活動には補助金も出る! - Togetter

76コメント 登録日時:2016-09-23 21:23 | Togetterキャッシュ

すごい。...

Twitterのコメント(76)

いい仕組みですねぇ。日本でも取り入れられればいいのに。
日本語の本もこうやって保護していかないと維持できなくなる日も来るのかもねえ。若年人口は減る一方だし、本を読む人も減る一方。 / - Togett…”
一番理想なのは、この芬蘭方式かな。

絶対に「無駄金」呼ばわりする輩が出るだろうけど(苦笑)

俺はハードカバー買わない文庫落ち待つ派だったけど、図書館予約で数百人待ちはしたくない。
してるうちに早い場合は文庫落ちするし(笑)
補助金はどうかと思うけど『図書館で本を借りると作家に印税が入る』のは素敵だ。 .@enusakucm さんの「フィンランドの図書館では本を借りると作家に印税が入るし作家活動には補助金も出る!」をお気に入りにしました。
公貸権ってのは、別に食えない人が食えるようになるわけじゃなくて、食えてる人の収入が若干増える程度の制度だと思っている。前者を期待してる人にとってのソリューションにはなりえない。
まとめ

他国の悪いとこばかり真似しないでこういうのも取り入れてみたら?経済回らないよ。
素晴らしい制度!→
いい案だと思うけど、Kindleの読み放題とかは、すでに同じことをしてるのではとも思う。図書館もそのうち電子書籍化されると思うし、そういう流れになるでは?これまでは出版社がお金を取りすぎだと思うから、作家の印税が増えるのには賛成。
まとめ
財源は用意できても、作家ひとりひとりに入る金額が少ないので、支援目的としては筋悪では。貸出しが多いのは人気作家だろうし。
「この制度は画家などの芸術家にもあり、高い教育文化レベルを維持するため。」>>
国自体がクリエイティビティに対してリスペクトをしている、よい仕組みだと思います。→
こんなシステムが導入されたら、毎日自分の本借りまくるわ。
日本もやってほしい!が、そのシステムに支払う額と同等の管理費がにほんではかかってそうだからやらなくていい /
いいね!日本でもぜひ。

TSUTAYAが侵蝕しきる前に、日本でも早くこの仕組みを!!! .@enusakucm さんの「フィンランドの図書館では本を借りると作家に印税が入るし作家活動には補助金も出る!」をお気に入りにしました。
>国が自国の作家を保護しないと英語文化に圧倒されてしまう ここがネックですよね。一種の自衛政策になるまではありえないでしょうし、何よりお金がね。「フィンランドの図書館では本を借りると作家に印税が入るし作家活動には補助金も出る!」
317: “財源は政府のお金で今年の予算は820万ユーロ。” /
良い仕組み。北欧は進んでる感じがするな。また行きたい
低脳な左巻きが税金投入するなら害書撤廃すべきとか言い始めて焚書しそうだからいらねw「フィンランドの図書館では本を借りると作家に印税が入るし作家活動には補助金も出る!」
日本でもやって欲しいなー。 ◆
「日本の2015年の貸し出し数が約6億9千万冊。 ×15円として103億5千万円/年。」 /
これはよい仕組み。日本での道入もぜひ!
まとめ
ほぅ、良い制度ですね(*ΦωΦ)
日本でコレやるなら著者だけでなく出版業界も何らか保障なりなんなりしないとただでさえ斜陽と言われる今、首吊りが並ぶことになるだろうし一番に反対..「フィンランドの図書館では本を借りると作家に印税が入るし作家活動には補助金も出る!」
すんばらしい!!!→
☆日本はまず本の価値がわかる図書館スタッフ育成からだな…
人口が少ないと、みんなで支え合っていかへん?税金つこてよ、みたいな気持ちになるんかな(フィンランドの人口は約550万。兵庫県くらい)

/”フィンランドの図書館では本を借りると作家に印税が入るし作家活動には補助金も出る!”
なんで元々こうならないのかな?
EUの公貸権だけで収入を賄っている作家はいません。ドイツは半額を作家の社会保障に充当しているし、多くの国は国が出版振興意図で負担していますが..「フィンランドの図書館では本を借りると作家に印税が入るし作家活動には補助金も出る!」
やり方は検討しないと不正の嵐になりかねないけど、これはいい制度かもしれない。

【 - Togetterまとめ】
最近北欧の行政の良さに対して頭から否定で入る人増えたけど発端は何なんだろう。手放しで褒めてた頃と同じぐらい議論が成り立たなくなってきてる。 / …”
@Dongpo_Jushi_x 文科省が特殊法人天下り団体作っていい感じで中抜きするまでが日本のお家芸「フィンランドの図書館では本を借りると作家に印税が入るし作家活動には補助金も出る!」
だから私は本は買う派なんだよなぁ…。日本も無駄な所に無駄なお金を使ってないでこう言う所を真似すればいいのに。 /
GDP500兆超え国家予算100兆前後の日本、貸出総数7億冊*15円が105億なら不可能な数字ではない。とはいえ理解が得られるかって―とお察しの通りでw / “フィンランドの図書館では本を借りると作家に印税が入るし作家活動には補…”
(養って・・・)ちなみに作家におりる補助金で7000ユーロはあくまでも平均金額、この制度は画家などの芸術家にもあり、高い教育文化レベルを維持するため / “フィンランドの図書館では本を借りると作家に印税が入るし作家活動には補助金…”
税金を使うべきことなのかな?図書館に置かれない本の作者には入る可能性ゼロなお金なわけだし。 /
公貸権は実現してほしいと思う。システムとか作るのがいろいろ大変そうだけど…… .@enusakucm さんの「フィンランドの図書館では本を借りると作家に印税が入るし作家活動には補助金も出る!」をお気に入りにしました。
素晴らしい制度だけど、日本の人口じゃあ無理だわなあ。規模がでかくなりすぎる。 /
(2ページ目) - Togetterまとめ 何万人もの人達にお金を払う業務に対した金がかからないですって?
北欧理想論とは別に、「文化的ベーシックインカム」みたいなものは成熟(衰退)期の国家にあっても良いかもな。コンテンツで外貨を稼ぐという名目を付けることもできるし。 / “フィンランドの図書館では本を借りると作家に印税が入るし作家活…”
高い税金とセットらしいけど、いい感じの話しではあるよね。図書館の無料利用やめてこっちにシフトしたら…学生の勉強場所が減るか / - Togett…”
ベストセラーにさらに印税が入るだけじゃね。市場の機能にレバレッジかける効果しかないのでは。ましてや国家査定の補助金ですかあ。 / - Toget…”
年間100億円程度しか金が動かないって、日本の出版市場1兆円オーバーから見たら1パーセントにも満たないわけで。
誰の救いにもならない可能性..「フィンランドの図書館では本を借りると作家に印税が入るし作家活動には補助金も出る!」
実現にあたって工夫が必要だとは思うけれど、推したいアイデア。 / 【Togetter】
ああ!なるほど。『北欧賛美だけじゃなくて、地方自治を使った経済実験してみたらどうか?』というコメントに納得。確かにそれで救われるかも部分がある地方もあると思うが、日本全国だと困りそう。 / “フィンランドの図書館では本を借りると…”
なるほどその手があったか /
公貸権というのね。財源がねえ。 /
これは良い仕組み
日本では財源がね……。図書館に行かない人や本を読まない人も出てくるだろうから日本では制度としては失敗するかもね
増税の理由の一つにでもこういうの挙げてくる党があったら俺は入れてしまうかもしれない。 /
日本は税が適切に使われている感じがしないんだよなぁ。税金がフィンランド並みになったら怒るよ。」 /
そのために増税しますって言ったらみんな反対しそうな気はする。対価が生じるのは館外への貸出なのかな。「作家は図書館に本を置くことを拒否できない」←拒否できる国ってどこ? / “フィンランドの図書館では本を借りると作家に印税が入るし…”
まとめ
見習いたい仕組みですね。
まとめ
素晴らしい制度だと思う。まぁ高い税金あってこそかもだが
どの本が何冊借りられたか把握し、著者別にまとめる必要があるね。どこかの図書館が新しい本を入れたらその本の登録と著者・著者の銀行口座の登録が必..「フィンランドの図書館では本を借りると作家に印税が入るし作家活動には補助金も出る!」
作家の定義に図書館という公共施設、ひいてはお上が関わる時点でこの国じゃ絶対やっちゃいけないシステム。
消費税24%の国はさすがだね「フィンランドの図書館では本を借りると作家に印税が入るし作家活動には補助金も出る!」
例えば報道機関が誰かのツイートを見つけて「番組で使わせてね」「お断りします」「報道目的なら許可なくともおkなんです」というやりとりが見られる..「フィンランドの図書館では本を借りると作家に印税が入るし作家活動には補助金も出る!」
おもしろいね /
某氏の反論はまだかな。 /
まとめ  これ日本で導入しても良いんじゃないかなぁ・・・。
これ、地方の図書館とかでたまに話題になるような、職員が自分のイデオロギーにあわない書籍を勝手に処分したり、逆の書籍をどんどん入れたりするのが..「フィンランドの図書館では本を借りると作家に印税が入るし作家活動には補助金も出る!」
作家に印税だすだけでしょ?システムやらのイニシャルコストは掛かるだろけど人手はいらんやろ。「フィンランドの図書館では本を借りると作家に印税が入るし作家活動には補助金も出る!」
市長の旧友みたいなコネ芸術家の小遣い稼ぎに利用されるだけだろ。パトロンが支える時代じゃあるまいし、今時税金に頼らなきゃダメってレベルなら実力..「フィンランドの図書館では本を借りると作家に印税が入るし作家活動には補助金も出る!」
消費税21%(食品12%)、所得税は最低でも20%に賛成するならそれもアリ「フィンランドの図書館では本を借りると作家に印税が入るし作家活動には補助金も出る!」
へぇ。/ .@enusakucm さんの「フィンランドの図書館では本を借りると作家に印税が入るし作家活動には補助金も出る!」をお気に入りにしました。
日本の公共図書館貸出点数が七億程(2015年の個人・団体計、JLA調べ)なので必要な予算は約105億…あれ?けっこう何とかなりそう。「フィンランドの図書館では本を借りると作家に印税が入るし作家活動には補助金も出る!」
まとめ 凄いねー。良いと思う。
以上

記事本文: フィンランドの図書館では本を借りると作家に印税が入るし作家活動には補助金も出る! - Togetter

関連記事