TOP > マンガ > トーチweb 船場センタービルの漫画

トーチweb 船場センタービルの漫画

69コメント 2020-06-30 16:13 | トーチwebキャッシュ

船場センタービルの漫画の作品詳細ページです。「トーチ」はリイド社が運営するwebサイト上にある辺境の観光地です。「トーチ」のプロジェクトは『オルタナティヴな表現』と『自分たちの老後への道筋』を探し、光をあてる(発信する)ことを目的に始まりました。...

ツイッターのコメント(69)

50周年記念関連の漫画で、導入はうつ病という。どこへ向かうと思いきや。
いや、しかし船場センタービルには、うっすらと乾いた安心感が漂っているので、すごく納得もするという。
おすすめ。幸せになりませうね。
「私は今の出来事を言い表す名前を見つけることができません」が好き過ぎる。アニメーションも素晴らしい。「惑星9の休日」もそうだったけど、町田さんの作品は刺さる一節が唐突に現れて、ずっと抜けない。
たぶん船橋センタービルのどんなCMを見ても行きたくはならないと思うけどこの漫画を読んで行ってみたいと思った。そうしたことすら抜きにしてもなんだか読んでよかった。トン。と置かれた和菓子を食べるようにひとコマひとコマを食べた。 /
美しい漫画。
よく依頼してくれた、会社の人!
なんだこの漫画
盛り上がりなんて一つもないのになんか圧倒されてしまった
なんて素敵な余白がある漫画なの……!ぽつねんとした情景に孤独感もありながら、なんだかそれでも大丈夫そうな力強さと飄々としたユーモアがあって。
高校生の頃から生地や付属を買いに行くようになったのですが、なんだか落ち着くのでどうしようもなくしんどくなった時に散歩しに行ったこともあります 船場センタービルは良いところ
意外な始まりと着地。素晴らしい。
アニメーションの動画もとても良かったので漫画も改めて読み返し、大阪また行きたいな、、ってなった。
町田洋という天才の描いた漫画です
町田洋さんの新作だ!
マンガとアニメーション両方とも見入ってしまった
船場の洋食屋さんにまた行きたいな
良かった・・
舞台がセンタービルとはまたローカルな。 >
ひたすら良かった

読んだ:
トレンドに入っていて読んだけれどとても良いお話。小さな頃から船場センタービルには母と、周辺の問屋街に行く時良く立ち寄ってたので思い入れある。地下の「天友」という居酒屋の豆ご飯の定食がだいすきで、お昼楽しみだったな。女将さん元気かな…
@hiko1985 船場センタービルの漫画、ご覧になりましたか?淡々としていて でもあたたかく好きです。船場センタービルサイトではアニメも見れました〜ご存知でしたらごめんなさい。。
胸がいっぱい。
すごくすごくいい。
(ゆきの)
いい漫画、またトーチだ
「町田洋さんのエッセイマンガ(テーマはうつ病)」「船馬センタービル」「これを原作にしたアニメ公開中(声・歌:コムアイ)」で3回ビックリした
ものすごいマンガだった。船場センタービルに行ってみたくなった。作家の方を存じ上げなかったのだが、他の単行本買いました。
素敵な漫画で心にグッときました😭
この方に依頼した担当の人も素敵すぎる。
トレンドに船場センタービル、見にいったらしみじみする漫画があった。
初の関西に転勤人に最寄りにあって
「日本一長いんやで〜」と先輩に聞いたな😚
数年前に久々に行ったら外観綺麗になってて吃驚したけどなかなかは変わらなかった😊
長年勤めた職場の近所なので見知った地元なのですが、ビルやぐるりの環境ごと想起させられるエッセイで、勝手ながら、町田先生の手で広告された事をとても嬉しく思いました。惚れ惚れいたします。
町田洋さんのこの漫画とてもよかった テーマはうつ病で構わないのでPR漫画描いてください、と発注してきた人すごい あと「電車の忘れ物のお店」気になる
町田洋さんの新作漫画「船場センタービルの漫画」。読み終えたとき、何故だか泣いてしまった
アニメ版、原作共に味わい深い作品でした。
町田洋先生の連載、コミックス出ないなあと思っていたらご病気だったのだなあ。この方の切り取る世界がじわっと染みてとても好きなので、新作を拝読出来て嬉しかった。
ものすごくジィンとした
昨日あたりから
漫画ファン界隈のTLで
静かに流れてる作品
ちょっと簡単には
言葉が出ないけれど
素晴らしいと思います
素敵だ。|町田洋「船場センタービルの漫画」
なぜか号泣したい気分になってしまった……。「みんな幸せになってくれ」
船場センタービル、何かの用事のついでに立ち寄ったことがあるけど、たしかにこういう不思議な気分にさせられる場所なんですよ いつかまた行ってみたい
船場センタービルに対してこんな感情抱いたことなかったわ…。

ここ数年で外観を綺麗にしたな〜とか、でも客は少ねえなとしか…

なんかすごいね
言い表すことばがでてこないけど、読み終わった直後に涙が出た(そんな感想もチープだな)
こちらが原作。漫画ver.もいい。
すばらしいものを読みました。

実在するビルの広告漫画を依頼された漫画家が、自身のうつ病体験をひもときながら記す。そんなエッセイ漫画成立するのか、と思ったら見事に美しく成立していた…!
じんわりいい…素敵な漫画です
すごいな。最後でマジで泣いた
モーニングツーでの連載も一年以上連載止まってたからなぁ。
すごい。感動とは違うんだけど、なんだか溢れてきて泣いてしまう。
船場センタービル、今度関西行ったら寄ってみよう。
グッときた👀
なんだか良いなぁ…。
読んでからしばらく、
「言葉では表せない事を言葉で伝える」
「絵では表せない事を絵で伝える」
という事を考えてた。
真夜中に起きてしまったので読みたかった漫画を読みました。センタービルのごちゃごちゃがすっきりした線で表現されてる。冒頭の漫画を描く理由だけで面白いの決定。
すごかった。思い出した、私にも、なんにもできない時期と、働けない時期と、分かったと思った途端忘れた朝があった。働くためにそれらを必死で忘れてきたことに久しぶりに気づいた。-
きれいなところだ
このひとの漫画の空気感が好き
町田洋さん…だいすき…
町田洋の漫画だ!好き。
今朝から町田洋さんの新作が読めることを楽しみに過ごし、読み終えて、心が海の水で満たされたように感情が膨れて泣いてしまった。自分でも忘れてる小さな隙間を埋めてくれる。存在するかわからないあの日に会いたくなる。そんな気持ちになりました。
大阪の とても良い みんなに見ていただきたい感 アニメもあるよ
大阪の とっても良いからみんな見て ちいさなアニメもあって最高だよ
センタービルはチャリで日本橋行く時に前通るくらいだった
あの頃は802とかでオサレな場所扱いされてたので、俺みたいな日陰者は立ち寄る事すらできなかった
とりあえず、読んでちゃんと大阪のイントネーションが聞こえてくるのはいい漫画
本町はダンジョンなので、ピンポイントでしか行ってなかったけれど、「HOPKEN」が堺筋本町にあった頃は、船場センタービルをよくうろうろしてました。いつもとちがうとこから辿り着いて、位置方角を見失ったことも二度三度。
町田洋「船場センタービルの漫画」
とりあえず今のところ、2020年に読んだ中で1番いい漫画。
センタービル懐かしい
町田洋先生のエッセイ :
すごくいい。この感性が好き。
アニメの原作にもなった町田洋さんの描かれた「船場センタービルの漫画」胸にドストライクすぎて……素晴らしいです。
本にならないかな、いつでも手元に置いておいて読み直したいです。
まんがもいいな。この人の本を買おう
「ビルというか 町です」という作中の言葉に船場センタービルと町田 洋の作品に共通するすべてが詰まっている。僕は『夜とコンクリート』を思い返した。
不思議な幸福感。。。
またぶらっとセンタービル行きたくなった
激しく行きたくなった。
素晴らしい漫画を読んでふわふわしている
人類.
すごくよかった
世界の真実が わかる
私もたまにあります。そんな簡単に僕は俺には騙されませんが。
以上
 

いま話題の記事

PR