意識を機械にアップロードして“不老不死”を実現!? 東大准教授が提唱する可能性とは | ABEMA TIMES

14コメント 2020-08-19 23:08 AbemaTIMES

人類が抱いてきた夢「不老不死」。漫画やアニメなど、空想の物語では様々な設定で登場してきたものだが、実は将来、「意識そのものを肉体から離して機械の中で生かす」ことで不老不死が実現できると主張しているのが...

ツイッターのコメント(14)

源は不必要と定義したけど、脳内においては渡邉先生が言った「意識」とゆは定義するけれども。クリエイティビティは、そこからやって来るのでは? そして、これからは、そこを軸に展開していく時代ではないのかね。Society 5.0以降。源が寝ぼけている〜しっかり~ʕ•ᴥ•ʔ♪
銃夢で見たな…
確かあれはICチップだったけど
本当に研究が進んでるんだね🤩
感覚的に意識とは個のない宇宙全体なので、コンピューターで意識を作ってもそれはコンピューターが作った電流?だからその時点で全体ではなくなるんじゃね?まだ意識の定義に理解及ばず😶
これ番組見たけど渡辺氏の説明が下手で理解出来なかったが文章で概ね把握。しかし、感覚的に意識は宇宙全体なので、コンピューターが作った時点で全体ではなくなる気がするのだが。
こういうのわくわくすんね😃
脳と同じくらいの処理能力あるデバイス作って一旦記憶領域を拡張して複製。「独立した意識が2つある状態の意識」
からオリジナルマスターを削除。結果意識自体は地続きにある、という事らしい。
外付けの脳に記憶と意識を共有してゆるやかに外付けにドライバ移行する…
わかりやすい
SFだー
フライングサパーのミンナのコンセプトそのものだなあ。
攻殻機動隊の世界に近づきつつあります。果たしてゴーストは宿るのか。
パソコンのシステムやデータのバックアップを時々やっていると、「あ、俺の脳のバックアップもしておかなきゃ…」と素で一瞬かんがえた後、あっそれはまだ技術的に無理だった、とすぐ思い出して大変こわさを感じたりする。早くこの技術が実用化されてほしい。
こういうの大好き('∀`) ついでにこういう話から人間の定義とか心の有無とかの言論の殴り合いに発展するのはもっと大好き('∀`)

|
機械が人を管理する時代
う〜ん、マッド…。
佐々木俊尚さん「肉体的に死んでも意識を持ったコピーが生き続けるとしたら、それは生きているのか死んでいるのか。美空ひばりさんのVRが話題になったが、全く同じように再現して歌わせたら、それは美空さんの歌となるのか。それで美空さん自身は幸せなのか」@sasakitoshinao
以上
 
PR
PR