TOP > その他のニュース > “握手会ビジネス”が成り立たず、オンライン化で困窮するアイドル界…過渡期のライブ配信の可能性は | ABEMA TIMES

“握手会ビジネス”が成り立たず、オンライン化で困窮するアイドル界…過渡期のライブ配信の可能性は | ABEMA TIMES

19コメント 2020-08-13 22:11  AbemaTIMES

今週、EXシアター六本木(東京・港区)で開催された『六本木アイドルフェスティバル』。ソーシャルディスタンスを確保した座席に座った来場者はマスク着用が必須で、歓声は禁止。それでも「これぞライブの魅力」「...

ツイッターのコメント(19)

コロナwithの時代
握手会をメイン収益軸にしているアイドルコンテンツこそ
ガチ恋距離や撫でてもらうこともできるバーチャル空間(VRChatやcluster)にシフトすることで

みかん畑から推し握手会にログインして直ぐのような

地方東京の距離を超えたリーチを生み出す可能です
コロナ禍で、ファンサがオンラインサイン会等にシフトした事で物足りなさを感じて活動にピリオドを打った女性アイドルの話。いろんな価値観ありきの人気商売。
握手やツーショット写真などはできず、アーティストパワーやコンテンツパワーが全てのオンラインでの活動がメインとなったことで、アイドルに求められるスキルも変化

“握手会ビジネス”が成り立たない、コロナ禍のアイドル界…過渡期のライブ配信の可能性は
アイドル業界に限らず航空業界含めあらゆる業界が今迄の戦略では成り立たない。
コロナ禍で新たな仕組みが必要な気がする。。。
アイドルもだけど、やっぱ舞台でメインじゃなくて後ろで盛り上げてくれるアンサンブルの方々の方が心配なんだよな~😞
この記事読んで初めて知った。TIFって、フジテレビ社員がプロデューサーなんだ。通りでお台場が会場なわけだ。納得
ちょっと興味深い話ですね。
なんとなく思っていたことが文章化されていると分かり易いですね。本当に踏ん張りどころです…。
culture(文化)は国民的、一般大衆、一時期一過性に分かれると思いますが、liveに直接行き観聴する事が国民的文化とすれば、オンライン視聴は新しい文化となり得るでしょうか?
こんな番組やってたのか。
ライブの良さはみんな知っているし、早く現場に行きたいと思っている。
だからオンラインが今後ずっと主流になるということはない。
ワクチンが行き渡るまで生き残れるか。
そこがすべてだと思う。
"歌やダンスのスキルではないところが評価されつつあるので、今までのやり方で戦っているアイドルは、投げ銭文化の中では厳しいと思う。配信ではリアリティが出すぎてしまう"

握手会ビジネス”が成り立たず、オンライン化で困窮するアイドル界…
いやはや難しい問題ですね…💧

オタク的にはやっぱりリアルで会いたいですわ😭
配信で見たくないもん見せられると萎えるしなあ。プライベートの切り売りみたいなことやってると飽きられるのも早いだろうね。この状況では仕方ないんだろうけど。
>“握手会ビジネス”が成り立たず、
>オンライン化で困窮するアイドル界…
過渡期のライブ配信の可能性は

・・・
時間潰して週刊誌を複数パラパラしたですけど、
「ウィズコロナの楽しみ方」で、
機材の充実を勧めてたりな記事があったですが。。
オタクもあるよなあ〜
>私も"アイドルとは何だっけ"ということを、この自粛期間中に考えた。家から配信をしながら、"私の仕事って何だっけ"と不安になった」。

| ABEMA TIMES
詐欺師ばっかり出てくるやん
リミスタみたいにネットサイン会を売り物にしていけるコンテンツ配信プラットフォームが出来上がればリアルライブ、イベントができるようになるまでの繋ぎとして成立するね
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR