TOP > その他のニュース > 毎朝自分の名前を確認、初対面状態の母親に挨拶 “41年”を失った当事者に聞く「記憶喪失」 | ABEMA TIMES

毎朝自分の名前を確認、初対面状態の母親に挨拶 “41年”を失った当事者に聞く「記憶喪失」 | ABEMA TIMES

19コメント 2020-08-10 20:23 | AbemaTIMESキャッシュ

ある日を境に記憶を失った1人の男性がいる。沖縄県在住の大庭英俊さん、55歳。大庭さんは2006年、それまでの記憶を失った状態で病院のベッドで目を覚ました。 【映像】当事者に聞く「記憶喪失」 「『名前何だっけ…俺』と思ったのが初め。この手の持ち主が誰なのかわからないから、パニックに陥っている状態だっ…...

ツイッターのコメント(19)

この音楽家のはなし、興味深く拝見しました。👇
急に41年分の記憶を失った男性 起床時にはまず自分の名前を確認 【自分メモ】陳述記憶と非陳述記憶
50回目のファーストキスという映画でこんな症状あるのかなーっと思ってたんですが、実際あるんですね。

毎朝目が覚めると家族のことを忘れているとか…想像できない😢
音楽ってすごい。
「記憶には、陳述記憶と非陳述記憶という2種類がある...非陳述記憶は言葉に置き換えることができない記憶で...一度脳の中で成立すると消えにくい。いつまで経っても保持できているという性質を持っている」
アニメの中だけの話かと思いきやリアルRe0から始まる・・・
「感情が全部揃っていない。悲しいとか寂しいとか、人を好きになったり嫌いになったりする感情が全くない」
急に41年分の記憶を失った男性 起床時にはまず自分の名前を確認
«「なぜか音楽の知識に関する記憶だけは扉が開いた」と大庭さん。子どもの頃から続けていた音楽。41歳で記憶を失うまで、音楽講師として活動していた。»

| ABEMA TIMES
こういうの読んでると健康志向は忘れてはいかんなと思いつつ、無茶をしたり怠惰を貪るんだからダメだなぁ……
漫画の喧嘩稼業でそんな格闘士がいたが、実際にいるんだなこういう人
✍記憶とは…
「いざ自分の手からこぼれた時は、それがすごく貴重なものだったんだなと実感するのが記憶喪失。」
すごい!
そこまでではなかったけど、でも記憶が無くなる経験はあるので…厳しいよね。
高次脳機能障害の症状のひとつですね。楽器やスポーツなど身体は覚えているという話も聞いたことがあります。そばで支えてくれる人がいると回復も随分違うようです。
ストレスで働いてる場所が分からなかったりいつも行ってる病院が分からなくて迷ったりした時凄く焦った事があったんだけど、そりゃ名前忘れたら相当焦ると思うわ…。
同じことがあったら、わたしには何が残るんだろうなぁ…
「おそらく記憶というのは、皆さん空気や水みたいに何もない時は感じないと思うが、いざ自分の手からこぼれた時は、」→続く
記憶が戻ってくるときの感じとか、とても興味深い…
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR