TOP > その他のニュース > 朋友も感動する“百折不撓”木村一基王位、根性の受け「這いつくばってるんですよ」「この執念でおれは生きてきたって感じ」 | ABEMA TIMES

朋友も感動する“百折不撓”木村一基王位、根性の受け「這いつくばってるんですよ」「この執念でおれは生きてきたって感じ」 | ABEMA TIMES

10コメント 2020-08-06 10:53 | AbemaTIMESキャッシュ

華々しい活躍を見せ続ける天才棋士と盤を挟んだベテランが、その一手に生き様を見せた。8月4、5日に行われた王位戦七番勝負の第3局。最年少タイトルホルダー藤井聡太棋聖(18)が最年少二冠・八段昇段に王手をかける勝利を手にしたが、対局後のインタビューでは「負けにしてしまったかもしれないと思っていました」…...

ツイッターのコメント(10)

リアムタイムで見てたので……泣いたなぁ……。
行方九段の「木村印だ!」は熱かった。木村王位ファン泣いちゃうやつ。次戦の巻き返しに期待。
かっこいい
心に響く見事な解説

>これに行方九段は「うおぉ…」とうなると、「これはすごいな。木村印だ…。これこそですよ。いやー、地べたに這いつくばっているんですよ」と続けた。

「ここに銀は使えない。耐え難きを耐える。そのひとこと。そういう精神があるから木村は強いんです
昨日合間にAbemaでちょうどこの場面見てて、鳥肌立ったんだよね❗
劣勢で苦しそうだったけど、終盤逆転したりもしてて、なんだかとても胸が熱くなった。

木村王位負けてしまったけど、将棋でここまで自分が感動したり涙するとは思わなかった。
木村王位の生き様を感じた。
この6二銀には心底感動した
いい記事だったな。木村王位ファンはもとより、そうでなくてもみんな共感するでしょう。
朋友 行方尚史九段も感動する“百折不撓”木村一基王位、根性の受け「這いつくばってるんですよ」「この執念でおれは生きてきたって感じ」 | ABEMA TIMES
木村王位はもう後はないけど、思う存分指してほしいです。
おじさん(王位の愛称)の執念は見るだけで価値あり。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR