TOP > その他のニュース > 最もキツいのは回復期。自覚症状がひどい=“重症”ではない…“三途の川の手前で生還した”医師が戒めるコロナの「勘違い」 【ABEMA TIMES】

最もキツいのは回復期。自覚症状がひどい=“重症”ではない…“三途の川の手前で生還した”医師が戒めるコロナの「勘違い」 【ABEMA TIMES】

73コメント 2021-01-22 14:54  AbemaTIMES

最もキツいのは回復期。自覚症状がひどい=“重症”ではない…“三途の川の手前で生還した”医師が戒めるコロナの「勘違い」。ABEMA TIMES[アベマタイムズ]は「見たい!」がみつかる情報ニュースサイト...

ツイッターのコメント(73)

引用
「ロシアンルーレットのように、誰かのときに突然弾が出てしまう。前日まではそうでもなかったのに、急に悪化する。」
なるほど、、、
例えがわかりやすく、納得できた。
わかるよ😊
これも、この医師が経験した事実
コロナは茶番劇だが、実際に
自分の身に起きたこととしては
体験談を語れるね👍

そして、この記事には持病の話は
書いてなかったが、10kg痩せて
白衣がブカブカになったという
ことは減らせる脂肪があったのかな
早期回復祈る!
とてもわかりやすかった。
“回復”を家が火事で消火だけした状態と、家を建て直して住める状態に例えてるの解りやすい。
「感染症の状態は、いわば火事が起きているということだ。そこに医療が消防隊として駆けつける。そして鎮火すれば消防隊は“消えましたね。良かったですね”と言って帰ってしまう。しかし、そこにあるのは以前のままの家ではなく、焼け跡があるということだ。」
facebookより
>たしかに初期症状は「風邪症候群」と見分けがつかない部分も大きいかと思いますし、医師でも検査をしない限り分類できません。

PCR宣伝塔じゃん。
本当に医者ならもっと多角的に物事を見れるはずだがな。どうして反対側の意見に対しても耳を傾けない。
すごくわかりやすくて怖さが伝わった
↓すごくわかりやすかった
今回のコロナで
在英の友人を何人か失いました
退院した仲間が共通して口にするのが三途の川という言葉
辻先生の体験談のような辛さがあるようです
なんか一番信頼できる内容だった…
「分からない」「勘違い」「消火」等々
やはり恐ろしいウイルスだな。軽症者の方が後遺症で苦しむって言われているが、本当に掛かりたくない(´;Д;`)
分かりやすい記事🤔
そして怖さもよく分かった…
(((´゚ω゚`)))
*自宅療養ってもさ、、部屋少ない
狭い場所で暮らす家族 どーすんの
病院も すぐ入院先決まらない
現状💀💦 危険ですよ‼️
医師のコロナ罹患者の体験談。さすが、専門家だけあって、罹患後どこがどのように苦しいか、具体的に記載してあって参考になる。
読みたいので自分用にブックマーク
これ読むと、
怖すぎて引きこもりたくなる😭
体験しなければわからない事をこうして教えてもらえるのはありがたいと思う。
この怖さが判ってない他人事な人達に教えたい
すごいわかりやすい例えで有り難い。
普段から免疫力高めておくしかないですね🙄
この記事、非常にわかりやすい。コロナは普通の風邪を装うからこそ恐ろしいんだ。しっかりステイホームして感染拡大防止しなきゃ。
やはり怖い。できる限りの感染予防対策をしないと。
皆様おはようございます😃

既にコロナは峠を越すだろうみたいな話しもありますがこの医師の体験をお読みください。
はいはいわかったよ
自宅療養を経て入院、2日で人工呼吸器が必要になるほど急速に重症化した経験を持つ「辻クリニック」院長 辻直樹 医師に話を聞いた

最もキツいのは回復期
自覚症状がひどい=“重症”ではない…
“三途の川の手前で生還した”医師が戒めるコロナの「勘違い」
流石、医師だけに例えが理解しやすい。
コロナはただの風邪じゃないです🙇
緊急事態宣言の間ぐらい家に籠ってご飯作って食べて下さい🙇
しかし、回復期がきつかった。痰を一生懸命出さないといけないが、糊のような状態なので、しょっちゅう詰まって息を吸うことも吐くこともできなくなる。そこで痰を吸い出すための管を肺まで入れて吸うのだが、これがきつい。1日に5回も6回もやるので、体力も相当奪われた
今まであまり読んだことない視点だったのでよろしかったらご一読を→
この記事は有益だなあ。ただでさえ肺炎はしんどいのに。

実際に罹って本当に三途の川の河原まで行って帰ってきた医者の話はリアルだな…
すっごい分かりやすい!!
後遺症の表現がすごく的確!
非常に判りやすい実体験記事。
生命が救われても重篤な後遺症が残って一生苦しむと考えたら感染が如何に恐ろしい事か良く分かる。
今一度コロナに感染する危険性を考え直して拡散して頂きたい。

最もキツいのは回復期。自覚症状がひどい=“重症”ではない…“三途の川の手前で生還した医師。
分かりやすい
やべぇな
絶対かかりたくない
とても読みやすい良記事。
こう言うのが読みたかった。
こういう情報がもっと早くに必要だった。
煽るだけのマスコミや役立たず省庁、入国を止めないバカ議員達。
感染の蔓延は防げたはず。
感染したお医者様が分かりやすくどれだけ大変なのを語っているので時間があれば見てください🥺
世代無関係で、一度感染すると結構大変な人もいるわけですな。。
インフルよりは怖がった方がいいよ。
いくつかでてくる例え方がわかりやすかった💡治るの考え方、たしかに勘違いしてたかも。。
「いわばロシアンルーレットだ」

自宅療養者が容体の急変に気づくためにはどうすればいいのだろうか。辻医師は「“全く分からない”というのが正しいと思う」と話す
わかりやすい
"感染症の状態は、いわば火事が起きているということだ。そこに医療が消防隊として駆けつける。そして鎮火すれば消防隊は"消えましたね。良かったですね"と言って帰ってしまう。しかし、そこにあるのは以前のままの家ではなく、焼け跡があるということだ。"
やはり大変ね。
あまくみてはだめね。
若い人も真剣に考えなければいけない。
なってから後悔しない為にも!
陰性になってから亡くなる人が多いのもそういう事なんだろうな・・・
>
なるほど、分かりやすい説明、やっぱ注意はした方が良いみたいですね。
こういう話は貴重だと思う。
暢気な政治家達は、もっと真剣に対策を考えてほしい!そして我々国民も同様に各々の行動を!
高血圧が心臓のサイレントキラーだとしたら、新型コロナは肺のサイレントキラーかな?
既にコロナを怖れて予防に努めている人は読まないほうが良いかも。逆にそうでない人は、よく読んでほしい。
コロナ感染から回復後まで、とてもわかりやすかった。日頃から呼吸回数は気にしようと思う。
、酸素濃度が下がると体が呼吸の回数を増やし、ごまかそうとする。怪しい⇔、人との接触をとにかく絶った。だから呼吸回数は目安なのかもしれない」。
なるほどねー
この医師の体験談は
役に立ちますねー
インフルエンザや肺炎球菌の場合、数週間から1カ月ほどかけてゆっくりと悪くなっていくが、コロナは本当に1日、2日で急激に悪化する。
「最もキツいのは回復期。自覚症状がひどい=“重症”ではない」「病院の言う“治癒”の状態と、患者さんが考えている“治る”は意味が違う」感染症は火事が起きている状態、医療がするのは鎮火のみ、焼けた家(身体)の再建は患者自身の仕事、再建にかかる時間に個人差もある
とても分かりやすい。
怖いのぅ…。。罹りたくないのぅ……
アレルギー体質なので花粉症が出始めて喉の調子が悪いだけで不安になる今日この頃。
なるほど、コロナで重症化するということは自身の体が「大災害」を受けているのと一緒。ウイルス(災害)が去っても「復興」までには時間がかかる訳だ。
「普通のインフルエンザや肺炎球菌の場合、数週間から1カ月ほどかけてゆっくりと悪くなっていくが、コロナは本当に1日、2日で急激に悪化する。このスピードに医療体制が追いつかない」

「自宅療養者が容体の急変に気づくためにはどうすればいいか?」→「全く分からない」
コロナは本当に1日、2日で急激に悪化する…今のところは敵である新型コロナウイルスそのものを殺す薬がないので、いわば自衛隊にあたる自分の免疫がウイルスを殺してくれるのを待つしかない。しかしウイルスが免疫に波状攻撃をかけてくるので、戦場にあたる肺がどんどんダメに
ほんと怖い病気だな…
こういう情報はありがたい!→
まぁこれ見ると怖いよなとは思う、急性的な肺炎を誘発する風邪みたいなもんやしな
ロシアンルーレットとはよく言ったものやな
一通り全ての病のデータを出し、そのデータと比較してどうなのかを検証するべきです。一つの病を掘り下げていっても病は病なので。
急激に悪化するスピードに医療がついて行けないコロナの怖さ!
重症でもなかなか陽性出ないなら肺炎で死んでるたくさんの人からも陽性出ないわなぁ。
コロナ以外の肺炎の死者が多いのってそうゆうことなんじゃないの?

“三途の川の手前で生還した”医師が戒めるコロナの「勘違い」
非常に為になる記事を読んでいただきたいです
>コロナは本当に1日、2日で急激に悪化する。このスピードに医療体制が追いつかないというのが、このウイルスの怖いところ
自身のFacebookに「三途の川の手前で生還した」と記した辻医師/ 「普通のインフルエンザや肺炎球菌の場合、数週間から1カ月ほどかけてゆっくりと悪くなっていくが、コロナは本当に1日、2日で急激に悪化する。このスピードに医療体制が追いつかない
「感染症はいわば火事が起きているということ。医療が駆けつけ鎮火すれば帰ってしまう。しかし、そこにあるのは焼け跡。家を建て直せるかは患者自身の再生能力次第。1年、2年とかかる人もいる。その状態が後遺症」

"三途の川の手前で生還した"医師が戒めるコロナの「勘違い」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR