TOP > その他のニュース > 「三途の河の手前で生還」 コロナ感染の医師が語る壮絶闘病「ドクターが『ここでだめだったら死ぬ』と」 【ABEMA TIMES】

「三途の河の手前で生還」 コロナ感染の医師が語る壮絶闘病「ドクターが『ここでだめだったら死ぬ』と」 【ABEMA TIMES】

16コメント 2021-01-19 12:31  AbemaTIMES

「三途の河の手前で生還しました」 Facebookで壮絶な入院生活を振り返ったのは、医療法人社団 医献会 辻クリニックの理事長を務める辻直樹医師。年末に倦怠感を感じてから、あっという間にICUまで症状...

ツイッターのコメント(16)

感染した人間はコロナウィルスの培養基になっているということを専門家たちももっと声を大にして訴えて欲しい! それだけ変異ウイルスが増える確率がどんどん高まるわけだから君たちウィルスの手先になっているんだよと幼稚園児に教えるように教える必要がある
コロナが長くなればなるほど、少しでも光明を見出したいという気持ちがあって、そこに楽観的な情報は入り込んでくる。
そこに違和感を感じる人も増えてくるか "臨床医に、必ずしも専門ではない公衆衛生やコロナに関連した政策についてコメントを求めている番組も多くある。" >
医療崩壊だのzeroコロナだのより、このabemaを見ていたほうがまだまし
貴重な体験談をありがとうございます。
メディアはこういう生の情報をもっと伝えてほしい。
(続く)
肺に損傷だからただの風邪では無いし
なん10年後に確実に細胞の老化と共に出る後遺症怖いよね
20歳なら40歳でどうなるか

ある意味楽観主義が1番危険
確り補償して1ヶ月ロックダウンしないドケチ自公政権が悪い。
医者ごとに見解が違うのは混乱要因以外の何物でもない。
それをマスコミが煽る材料にするから手がつけられない。
専門家は「イチ見解」で済むが、素人が信じれば害悪以外の何物でもない。マスクもトイペも

コロナ感染の医師が語る壮絶闘病
facebook でも何度か流れて来てた 辻直樹医師 の感染の経験談:
ロシアンルーレットだ。無症状、軽症、中等症、重症、どういう人がそうなるのか本当にわからない。
コロナに対する危機感が薄れている人はこれを読んだ方が良い

コロナは明らかに風邪ではない❗
症状はロシアンルーレットなんだよ❗
01/19 13:50 📣YahooNews総合36位にランクイン!



配信元:ABEMA TIMES [01/19 11:42]
家族が持病で緊急入院。無事入院出来たけど、地方と言えども感染者が増えるといつかは近所の病院もコロナ棟になるのかも。それってかなり怖い事だょね…
かからないことを大前提に考えていきたい❗
コロナ感染の医師が語る壮絶闘病
「ロシアンルーレットだ。無症状、軽症、中等症、重症、どういう人がそうなるのか本当にわからない。」
新型コロナの怖さ…
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR