TOP > その他のニュース > 子どもが産めず、声の低い身体に…性別を“再変更”した当事者の思い 「性同一性障害特例法」「性自認」をめぐる課題を考える 【ABEMA TIMES】

子どもが産めず、声の低い身体に…性別を“再変更”した当事者の思い 「性同一性障害特例法」「性自認」をめぐる課題を考える 【ABEMA TIMES】

68コメント 2020-10-17 10:28  AbemaTIMES

「身体を変えて、戸籍を変えて、男性として人と関わって、君付けで呼ばれて、男性に男性として関わられるのが、ものすごく違和感だった。それがしたかったはずだけど。本当にお恥ずかしい話だが…」 ・【映像】性別...

ツイッターのコメント(68)

「アメリカでは性別変更をした人のうち、実に8%が再変更している」って、まぁまぁ多いな…
「2、3カ月くらいで、違和感を覚え始めた…職場の会話などでは男性として扱われる。男の人になろうとしていたけれど、性指向は男性のみだったり…女性が好きなフリをしなきゃいけなかった。覚悟はしていたつもりだが…基本的な部分で苦しくなってしまった」
男性になりたいじゃなくて女性として扱われるのが嫌ということだったのかな。
色々勉強になるが、この手の人は性的指向(どの性を好きになるか)と性的嗜好(どの性に性的興奮を覚えるか)の折り合いをどうつけていたのだろう。
やっぱり違ったってなっても取り返しがつかなかったりするから、本当に考えて考えて考えまくってから結論を出さないといかんよね。
大人になって社会経験もしてから、考えた方がいいし、大人の男はめちゃめちゃ大変だと思うんだよね
気軽に「君のその違和感はgender dysphoriaだな!」とかそそのかす人たちのせいで、こういう悲劇が起こるんですよ。 >
個別事例なので様々な見えない事情がおありのことと思います。

移行先の性別による社会生活の中で起こりうることを予め経験する「RLE」がガイドラインに規定されていますが、2年に亘る中でも、わからないことがやはりあったということなのでしょうかね。
男性から女性になったけど女性差別に直面して男性に戻したいとかいう人もいたな……結局トランスジェンダーじゃなかったって事よね。
とても考えさせられる内容。

「普通じゃない」が違和感につながり、その違和感を解消したはずが更に大きな違和感に繋がってしまった。
こういうお話をするのはとても勇気がいることだろう…
これ、マジで色々な問題が複雑に絡み合って起こったものだと思う。母子関係によって培われた女性不信で、女性としての自分を受容できなかったのが始まりで。
戸籍が「性別」となっているから、どちらかの性に違和感を感じるという問題が発生するわけで、「DNA別」とすれば良いのでは?
という極めて単純な考えですが。

>
時間をかけて性別を変えた患者が後から性別を再変更すると、医師の「誤診」になってしまうのか、、、驚。こういった例があると、医師は容易に性同一障害だと診断しづらくなるだろうな。
まずはカウンセリングなどでしっかり違和感の根本を探らないと本人にとっても医療者にとっても危険だ。

海外のニュースの子どもの意見に則って(の体で親の意見なんだろうが)そういった未熟な時期の感性で性転換術受けさせるとか危険すぎる。
MtFの当事者視点で言うと、ホントに謎なんだよね…

何故、体を変えたら自分も(男に)変わると思った?

ジェンダー規範やロールに苦痛を感じるのは十分理解するし私も感じるが、体を変えても自分・自己は変わらない。

自分に合わせて体を変える(整える)のなら解るが。
うちの部署にもつい最近女性から男性になった人がいる
聞いた時は衝撃だったけど本人はスッキリしているよう
気になったのは実業団選手だけど今後は女子チームに参加できないのか

性別を“再変更”した当事者の思い
大変だなぁ。男が好きって確信してたなら子宮卵巣残しときゃよかったのに…
子ども産みたいとは思わんけど、機能は利用しようと思う
CHANGE
手術前の方、よく自分と向き合ってほしい
本当にごく一部だけど、このようの方もいます
手術前に本当に考えてほしい😅
('Д')なってみないと解らんこともあるからなぁ。
性別もいろいろあるよね
性自認、性的指向

メイクやスカートが好きじゃないから男、可愛いものが好きだから女、ってそんな単純な話ではない
思春期にありがちな思考体系にとらわれていたのかなぁ?40年RLEしている身としてはなんともはや〜と思います。一番苦しいのは本人〜多角的に寄り添ってあげれる世の中になってほしいな
まず生物学的な性で性交渉を経験してみてそれで違和感があったら、にした方がいいのではないのかなあ。まあよくわかりませんが。
結構重い話だった。「診断」をする医者にも損害賠償を請求されるリスクがある。
私が性別適合手術について慎重になってる部分の理由が、少しだけやけど似てる。
その時その時の現状が嫌なだけの人かいな。
そんなブレブレのお気持ちを社会的に尊重させられるのってなんか…

性自認の気が変わってもいいように戸籍変更の手術条件なくそうとか絶対にやめてほしい
診断した医師らに責任というのは理屈ではわかるけど、当事者団体の道義的責任は?彼女は顛末を当事者団体と話し合ったのかな?
どうも個人の問題のような気がする...
無限に変更していくんですね。
性別に敏感な社会構造であるうちは、生きにくさが自身の性自認によるものなのか、別の理由によるものなのか、混乱してしまうこともあるでしょうね。
>“男らしさ”とか“女らしさ”にこだわらない、放っておいてくれる社会だったとしたら、そこまで悩まなくても良かったのではないか。
ほんまこれな。
性自認はどこから来るの?という個人的に長年の疑問だったことへの回答の一つとして、とても参考になったケース やっぱり身体的な感覚以外にも、社会的文化的要素が性への違和感へつながるケースもあるよなあ そしてそんな場合は性的合手術が解決策というわけでもない
なるほど。これで医師が誤診扱いで訴訟を起こされるのは堪らんな…。
(2020年10月17日掲載) -
FtMの性指向男性というところでオッとなった 俺じゃん

-
> “女性が嫌だから男性にならなきゃ”という自己暗示にかかっていた
こういう事例はこの先治療を考えている当事者達には知ってもらっておきたい事実だけども、トランスの事をまだよく理解してない人達には誤解を招く可能性がありますな。
「うまくいかない、生きづらい」というのは性にあるのか、という根本を捉える必要がある。
性同一性障害の診断がいかに困難なのかわかる記事。
元MTF「ハラスメントされた」
元FTM「性指向は男性のみなので会話の中で女が好きなフリ、苦しくなってしまった」

流行りに乗って性別変更する人が増えると、こういう例が出てくる。普通の女/男はそれらがあっても受け入れるしかないのに。

LGBT平等法、性別記載変更法が →
「“性別変更を取り消す”という裁判を起こし、2人以上の医師が下した性同一性障害との診断は誤診だったことにする必要あるという。これは医師にとっては損害賠償請求を受けるリスクにも繋がるという。」

マジで損害賠償請求する奴いるなら自己中な患者すぎるやろ…(っ◞‸◟c)
難しいよね。
自分は、あえて、何もしないを選んだ。
男だから、女だから…より
あなただから。
どこかで自分を許してあげてね。
手術に踏み切るまでに、もっと多くの人と会話してたら違ったのかな…気の毒とは思うけど、自分の判断だよな。
馴染めるかどうか、と
性同一性を、きりわけて考えた方がいいよね

あと、自身の性同一性を誤認しているケースも多いと思う
言いたい事が山のようにあるけど、申し訳ないけど本当に迷惑でしかない。せっかく男にしてくれた精神科医に申し訳ない?精神科医の仕事ってなんでしょう?
この方に感謝があるとすれば、1つだけ。こうなる可能性が本当にあるということを見せてくれた事だけ。
整形繰り返すのと同じ感じかな
結局理想と現実のギャップは埋まらんのでしょうねずっと
今更、後には戻れないでしょ
これは私から見たら男らしさ、女らしさとかのせいじゃないのよね。
フェミニズムと同じで安易な答えに飛びついた果ての悲劇。
しかし母親がどー考えても原因よな。
何故そこに着目しないのかな?
そしてどーにも擁護しがち。
道徳的優位性、マジ強すぎる。
FtMの同性愛者(ゲイ)じゃだめなの?
針間に「勘違いじゃないの〜」とか否定されまくったけど、今や感謝感謝の雨嵐なのだ。
とりあえずデカマラ希望なのだ。

-
こういう記事がしっかり広まってほしい。
浅はかだったね。社会のせいにしないでね。
こういう事が起こるから理解していない人から理解を得られない。
制度はオモチャではない!

私は永遠に理解しない。
なんとも言えんね。
ただ、性別変更しても社会に適合できずに再変更するというのはなんとなくわかる。

たとえ性転換したとしても、長年違和感を感じてた性で過ごしていたから、それに努力して一致できる部分も作れていたはず。
性変更したらその部分が合わなくなるよね。
やはり性別変更には丁寧なカウンセリングやアセスメントが必要だと思う。あと男か女かを選ばなくちゃいけない、ってのも窮屈かもね。
(ABEMA TIMES)

先生に申し訳ないとか、考えが浅はかだった…とかこの人はきちんと自分を省みることができる人なんだなーと読んでいたら、最終的には「社会が悪い」。台無しになった。
願望や思い込みによる性癖に社会のシステムはいちいち付き合ってられないんだよ。そんなんだからお前らのような自称ジェンダーなんて大迷惑なんだよ。
再変更って。(笑)
こんなことやってると。
これね。
こんな人も出てくるだろうなと常々思っていたことではある。

ごく若い少年少女が同性に対して淡い恋愛感情を抱くことは、古典文学等でもしばしば取り上げられるテーマであり、多分よくあることだと思う。
同じLGBTとして、私は凄くこういうの違和感を覚えるんだよね、ココロにカラダを合わせる必要はないと思う、それは何をどうしようが本質は全く変わらないわけだから
何をしたいのか全くもって意味不明かな
相談する人とか、いなかったのが可哀想。女性の女性否認なんて思春期に一度は通る道なのに。
いろんな問題があるのですね。
様々な理由から、性別を再び元に戻したいと考えるもいるみたい
アメリカでは性別変更をした人の8%が再変更しているという調査結果もある

一度治療を始めたら、完全に元の姿には戻れない

いろんな人に相談したり、実際に自認する性で生活してみて、納得して治療して欲しい
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR